2016年9月9日 更新

お年寄りにも使いやすい!乗り降りがしやすい車まとめ

年齢と共に、足腰が弱り、車の乗り降りもきつくなる方も少なくありません。今回は、そんなお年寄りと車に乗ることが多い方やお年寄りの方におすすめの乗り降りが楽な車をご紹介します。

10,200 views
gettyimages (53469)

トヨタ シエンタ

シエンタは高さ330mmの低床車。複数個所に乗り込みの際のグリップが設置されており、乗り降りがしやすい設計になっています。さらにスライドドアはワンボタン式。力を加えなくても簡単にドアを開けることができるので、乗り込みの際も安心です。コンパクトなのに広めのデザインもお年寄りには嬉しいですね。
シエンタ X 車いす仕様車(タイプI)助手席側セカンドシート付(トヨタ)2015年7月モデルのスペック・カタログ[10102935] | goo自動車&バイク (52841)

トヨタ ポルテ

乗り込み床は300mmと低めの設計に、助手席側のスライドドアは1020mmという広めの開口幅。後ろに乗り込むときだけでなく、助手席に乗る際も優しい設計となっています。さらに、自由自在なリクライニングで広めのスペースを確保することも可能。乗り降りが難しい方にぴったりのコンパクトカーです。
ポルテ G(トヨタ)2016年6月モデルのスペック・カタログ[10104680] | goo自動車&バイク (52894)

トヨタ エスクァイア

開口幅805mmに、室内の高さ1400mmと圧倒的なスペースが魅力の車です。乗り降りの際に横幅や縦幅にあまり気を遣うことなく、楽な姿勢で乗車できます。床も360~390mmとやや低めの設計に、チャイルド用と大型の両方のグリップつき。乗り降りのアシストに役立ちます。さらにシートが車外にスライドダウンするサイドリフトアップシート装着車という点も見逃せないでしょう。運転することはあまりないものの、後方の席に乗って出かけることが多く、上下の動きがつらい方にぴったりです。
エスクァイア Gi(トヨタ)2016年1月モデルのスペック・カタログ[10101757] | goo自動車&バイク (52903)

日産 ラフェスタ

スライドドア開口幅686mmとやや広めの設計で、ステップを採用することによって地面との落差を少なくした車です。電動スライドドアにはさみ込み防止の機能も付いており、安全にコミットした車だと言えます。ミニバンとコンパクトカーの中間あたりの大きさの車にしたい家庭にぴったりですね。
ラフェスタ ハイウェイスター(日産)2016年7月モデルのスペック・カタログ[10104892] | goo自動車&バイク (52928)

ホンダ オデッセイ

乗り降りのしやすさを意識して、300mm程度と低床な設計に加え、床をフラットにすることで躓きなどを抑えた設計の車です。さらに嬉しいのはパワースライドドア。スライドドアを力を入れずに楽に開閉できるので、足腰だけでなく、腕や手の力にも自信がないお年寄りにおすすめの車です。
オデッセイ G(ホンダ)2016年2月モデルのスペック・カタログ[10102285] | goo自動車&バイク (52939)

ホンダ フリード

390mmの低床設計に、大型のアシストグリップ付き。さらにスライドドアの開口幅も600mmとやや広めの設計になっており、こちらも乗り降りがしやすい車です。さらに、助手席や運転席には、上の方を広めにとることで小さな角度でも乗り降りがしやすい設計の前傾ヒンジフロントドアを採用。後方座席だけでなく、前座席に関してもお年寄りに優しい車です。
フリード G(ホンダ)2014年4月モデルのスペック・カタログ[10087884] | goo自動車&バイク (52943)

マツダ プレマシー

コンパクトながらもラグジュアリなー雰囲気が魅力的なプレマシー。スライドドアの開口幅は686mmとワイドで、電動のスライドドア採用の安全面にも考慮されている点がポイントです。さらに、プレマシーでは助手席のリフトアップシートを設置した福祉型もラインナップ。乗り降りのしやすさにあわせて選ぶことができます。
プレマシー 20C(マツダ)2016年7月モデルのスペック・カタログ[10105138] | goo自動車&バイク (52949)

マツダ ビアンテ

床の高さは413mmに、開口幅は780mm。乗り降りの際のステップ幅は180mmと十分なスペースを確保しています。さらにセンターピラーには乗り降り用のグリップも付いており、乗り降りの際に支えが必要な方にも嬉しい設計です。そして、室内空間も、室内高1350mmに室内長2990mmと広め。乗り降りだけでなく、ドライブ中も安心してゆったり座れる設計になっています。
ビアンテ 20C(マツダ)2016年7月モデルのスペック・カタログ[10105141] | goo自動車&バイク (52955)

スズキ ソリオ

コンパクトカーですが、開口高は1230mmとミニバン並み。さらに、開口幅640mmに車床との高さ360mmとお年寄りの乗り降りにも優しい設計です。そして、特徴としてワンアクションパワースライドドアを採用しており、ボタン一つで自動的にドアが開く仕組みを採用しています。一時停止機能も搭載で、好きな位置でドアを固定できるのも魅力ですね。
ソリオ G(スズキ)2015年8月モデルのスペック・カタログ[10099202] | goo自動車&バイク (52967)

お年寄りにも嬉しい乗り降りのしやすさで選ぶのであれば、スライドドアであること、車体が低く乗り降りしやすいということ、ドア開閉時の幅や高さがしっかりあるということがポイントです。後は人数やデザインなどを比較して、生活スタイルに合ったものを選びましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク