2017年3月5日 更新

中古車の支払総額とは?本体価格に追加で◯◯万円が一般的!

良い車を見つけて販売店に見積を依頼したら予算をオーバーしていた……なんてことにならないよう、本体価格だけではなく事前に支払総額を想定しておきましょう。今回は支払総額の内訳と、予算内であなたにとって最高の中古車を手に入れる方法をお伝えします。

4,376 views
予算以内でちょうどいい車を見つけ、ラッキー!と思いながら見積もりをお願いすると予算オーバーしていた、なんてことありますよね。一度舞い上がってしまう分、落ち込みもきっと激しいはず。そうならないためには、車両価格と支払総額の関係をきちんと理解しておくことが必要です。ここをおさえておけば、支払総額の書かれていない車であっても、本体価格からおおよその想像ができます。この記事では支払総額の内訳と、予算内で最高の中古車を手に入れる方法をお伝えします。

支払金額の内訳まとめ

支払総額の内訳は【本体価格】+【法定費用】+【代行費用】の合算です。【法定費用】は「自動車税」などの税金や「自賠責保険料」などなので、どこで買っても変わらないのに対して、販売店によって差が出てくるのが【代行費用】です。ここには「車庫証明」や「納車」を代理でやってもらう際の代行費用等が含まれています。少しだけ予算オーバーだけどどうしてもその車が欲しいという場合には、車庫証明を自分で取得したり、ディーラーまで車を受け取りに行ったりすることで数万円の値引きが望めますので、試してみるのも手です。
車庫証明取得申請書

via www.keishicho.metro.tokyo.jp
車庫証明取得申請書

販売店によって違う本体価格

法定整備にも違いがあります。中古車情報を見ていると「整備無」「整備込」「整備別」の記載がありますね。「整備無」は納車の際に整備が施されていません。表示価格上は安く見えるものの、中古車販売店以外で整備を施さなければなりません。となると、支払総額は整備費用が含まれている「整備込」とあまり変わらなくなってしまう場合がほとんどです。
販売店によって、【本体価格】と【代行費用】の関係も変わってきます。保証付きのディーラー車や認定中古車の場合、車両状態が良好というメリットもありますが、アフターサービスが充実しているため、支払総額は割高になります。しかし、故障や思わぬトラブルなどの時にはしっかりとした対応を行ってくれるので安心です。中には新車に見劣りしない保証内容で、保証範囲内の不具合に対しては部品代や工賃を全額負担してくれるものもあります。
法定整備にも違いがあります。中古車情報を見ていると「整備無」「整備込」「整備別」の記載がありますね。「整備無」は納車の際に整備が施されていません。表示価格上は安く見えるものの、中古車販売店以外で整備を施さなければなりません。となると、支払総額は整備費用が含まれている「整備込」とあまり変わらなくなってしまう場合がほとんどです。
「整備別」は中古車販売店で法定整備を行いますが、費用は表示価格には含まれていません、という意味です。こう見ると、「整備別」と「整備込」も最終的な支払総額はあまり変わらない、ということになります。
もちろん、法定整備を安くやってくれる工場なり知人なりを知っているのなら、「整備無」の車を購入するのが一番お安くすみます。もちろんこうした整備費用だけではなく、その他代行費用や車両状態、オプション装備などによっても本体価格と諸費用の関係は変わってきます。
中古車を調べていて一番目を惹くのが表示価格。なのでそこに惑わされがちですが、見積もりを取ってみたら候補の中で一番安いと思っていた車が一番高かったなんてことも。予算から中古車を検索する時には、こういった諸要素を考慮して、予算の金額に20万程度の幅を持たせて探すと良いでしょう。

馬鹿にできないローンの利率

istockphoto (61615)
ここまで見積書に記載される費用を見てきましたが、じつは見積書に記載されない費用があります。それはローンの利子。自動車は高額なので分割で購入する方も多いと思いますが、高額だからこそ、その分利子も大きくなります。見積書に入らないから意識しない人も多いかと思いますが、見積りには書かれずとも大事なお金です。支払総額以外の費用と言ってもいいでしょう。この利子分を押さえるのも、車を安く賢く購入するには必要な事。販売店から提案されたローンでは利率がちょっと…なんて場合には違う信販会社がないか相談してみましょう。もちろん分割回数を減らせばその分だけ安くなります。
こういったこちらからの相談に対し、相手が極端な不快感を示すような態度をとってきたら、少し警戒した方がいいかもしれません。というのも、もともとのローンに販売店独自で上乗せした利率を購入者に提示して、その差額を販売店が受け取る店が非常に稀ではありますが、存在するからです。
ローンの利率に限らず、購入に際して少しでも疑問、不安に思ったことがあれば、ためらわずに聞いてみることをお勧めします。

まとめ

今まで見てきたように、本体価格と支払総額、表示価格の関係性は流動的で、時に大きな開きが出ます。そこでオススメなのが表示価格を見ないで、本体価格と支払総額に注目して車を探すこと。支払総額が記載されているならそれを見て、それがない場合には本体価格を参考にしましょう。おおよその支払総額を出すことが出来ます。目安ですが、予算200万円で車を探そうとする場合なら本体価格160~180万円で探すといいでしょう。
また本体価格だけではなくオプションにも注意が必要です。カーナビやETCなど、無いと困るオプション装備は、後付けしようとすると数万円かかります。予算ギリギリでオプション無しの車両を購入した場合、後付けオプションを考えたら予算オーバーしてた、なんてことも起こり得るので気を付けてくださいね!
(佐藤沙雪)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

中古車の諸費用の相場は?中古車購入に必要な諸費用の内訳

中古車の諸費用の相場は?中古車購入に必要な諸費用の内訳

中古車をいざ購入しようとすると、本体価格より20万円ほど高くなっていることがあります。それは諸費用が上乗せされているから。中古車を探すときは諸費用があることを想定して、本体価格の予算を決めましょう。悪質な販売店では不要な諸費用を取られることもあるので、諸費用の相場を知っておくことも大切です。この記事では中古車購入の前に知っておきたい諸費用について詳しく解説していきます。
goo自動車&バイク | 1,279 views
広い軽を探すならダイハツ タントがおすすめ! 初代~現行モデルの中古車価格は?

広い軽を探すならダイハツ タントがおすすめ! 初代~現行モデルの中古車価格は?

軽トールワゴンの金字塔とも言えるダイハツ「タント」。女性からの支持も強いタントは現行モデルが3代目となっています。本記事では、初代モデルから現行モデルまでを振返り、各それぞれのおすすめグレード、中古車情報についてや選ぶ際の注意点等をまとめて紹介していきます。
goo自動車&バイク | 119 views
スズキ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

スズキ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

スズキのバイクは、バンク角の確保やコーナー中の安定性に定評があり、レース用マシンの開発に力を入れてきたことから「コーナリングのスズキ」と言われています。街乗りバイクにも応用され取り回しのしやすい125cc超から250ccのバイクをご紹介します。
goo自動車&バイク | 584 views
トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタのヴェルファイアはアルファードと並んで同社が提供するミニバンの最上級ランクに位置づけられている名車です。兄弟者として位置づけられているアルファードとはまた違ったデザインに魅力を覚えているユーザーも多いのではないでしょうか。ヴェルファイアはかっこいいだけではなく性能もしっかりしているため、極上のカーライフを演出してくれるでしょう。今回はヴェルファイアの中古車価格の特徴についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 915 views
ストリートバイクのおすすめ中古車3選

ストリートバイクのおすすめ中古車3選

軽くて取り回しやすいストリートバイクはいかがでしょうか。ストリートバイクとは街中で乗ることを目的として作られたバイクで、小型で軽量のものも少なくないため、毎日の通勤や通学はもちろんオシャレ目的で買っても楽しめるバイクです。今回紹介するのは、そんなストリートバイクでも人気のバイクです。コンパクトなサイズから大型までそれぞれ街中で気軽に乗れるものばかりです。シティライドを楽しみたい方もそうでない方もぜひご一読ください。
goo自動車&バイク | 1,551 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク