2017年7月21日 更新

ホンダの自動ブレーキ搭載車3選 ホンダセンシングの安全度評価は?

カーナビゲーションシステムをいち早く導入し、ロボット関連や福祉関連の事業にも参入するなど、自社の技術を世の中に還元することを強く意識しているホンダ。ホンダの自動ブレーキシステムやブレーキアシスト機能について、おすすめのホンダ車種と併せてご紹介します。

7,523 views

ホンダの安全運転システム「Honda SENSING」

「車とは人が運転するものであり、技術介入は最小限に留めるべき」…これがホンダの創業者、本田宗一郎の考え方でした。よってホンダが始めから、ドライバーの意思に関係なく車を完全停止させるような自動ブレーキへの参入に積極的だった訳ではないと言われています。その結果、2014年に公表された各社の安全装備試験では他社に遅れをとる結果となってしまいました。しかし同時に、無事故社会へのこだわりを強く持っていたのもまた、ホンダでした。そこでドライバーの意思を尊重しつつ、事故のない社会を目指すためにホンダが開発したのがHonda SENSINGです。Honda SENSINGには8つの機能があるのですが、今回は「衝突軽減ブレーキ」「歩行者事故低減ステアリング」の2つを解説していきます。

衝突軽減ブレーキ

これはいわゆる自動ブレーキのこと。まずミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせて前方の状況をキャッチします。その時、衝突する危険性のある車両や歩行者を検知すると、ディスプレイ表示や踏んでいるアクセルを軽く振動させることでドライバーに注意を促します。それでも回避行動がとられない場合には軽いブレーキングなどでドライバーに警告を発します。それでもドライバーが反応せず、このままでは衝突が避けられないと判断すると強いブレーキをかけて車両を停止、衝突の回避あるいは衝突時の被害の軽減を図ります。また自車が対向車線にはみ出しているにも関わらず、ドライバーが元の車線に戻るような操作をせず、対向車が向かってきて衝突の可能性があると判断された場合、ステアリングとアクセルの振動による警告が発せられます。それでも車線に戻らないようならば、ブレーキをかけ停止させます。この衝突軽減ブレーキは、対象速度域は5km/h~で、対象との速度差が5km/hある場合に作動します。対向車の場合には自車が80km/h以下での走行時に作動します。

歩行者事故低減ステアリング

これは走行中に車線からはずれ、歩道に突っ込んで歩行者と衝突する可能性があると判断された場合に作動します。その危険性があると判断すると、音による警告と自動のステアリング補正によってドライバーに注意を促します。ただこのステアリングはあくまでも補助機能であり、ドライバー自身の回避行動をアシストするだけです。また、自車が40km/h以下で走行している時に作動します。

Honda SENSING | Honda

Honda SENSING | Honda

人気のアシスト搭載車 ホンダ車3選

ではHonda SENSINGが搭載された車にはどんなものがあるのでしょうか?お勧めを3台紹介します。

ヴェゼル

SUVのような力強さとクーペのようなボディライン、ミニバンのような居住性と、現在人気の車型のいいところばかりを詰め込んだのがこの車。その人気の高さは、販売台数SUVトップを取っていることからも分かります。もちろん安全性能だってばっちり。自動車事故対策機構による試験では、対車両での被害軽減ブレーキでは満点に0.1点及ばなかったものの、堂々の最高評価を獲得。その実力は折り紙つきです。SUVに分類されるにも関わらず、取り回しがよく運転しやすいので、今後も人気が衰えることはなさそうです。
 (64186)

フリード

「広さ、ミニバン。サイズ、コンパクト。」という謳い文句からもわかるように、3列シートのミニバンとは思えないほどのコンパクトデザインで幅広い世代に人気の一台です。対車両の自動ブレーキはヴェゼルと同点、他の車線はみ出し警告や後方視界などの試験種目とあわせた合計得点はヴェゼル以上で、こちらも安全性能には文句なしです。超低床構造と自由自在のシートアレンジによって、普段使いはもちろんレジャーなどにも大活躍間違いなし。まさに「ちょうどいい」車です。
 (64188)

アコード

最後はアコード。そもそもセダンというのは居室がエンジンルームとトランクから独立しているおかげで、万が一衝突してもそれぞれがクッションになり居室への被害を最小限に食い止められることから、一番安全な車の形とだと言われています。それに最高ランクを獲得した予防安全装備が加わることで、安全性でいえばまさに鬼に金棒状態。全グレードがハイブリッド仕様なので30km/lを超える燃費はもちろん、モーターアシストによる力強い加速も魅力的です。セダンなので走行安定性も抜群。安全性、燃費、走りといろいろな場面で満足できる車に仕上がっています。
 (64190)

まとめ

Honda SENSINGの特徴は、なんと言っても【ドライバー本位】のところにあります。ですので、他社の予防安全装備に比べるとアシストが若干弱め。あくまでもドライバーが運転の、そして危機回避の主役という思想が感じられます。また予防安全ではないのですが、Honda SENSINGには走行中、前方の標識を認識してそれをドライバーに教えてくれる機能もあります。標識ばかりに気をとられているとつい目の前の状況をおろそかにしがち。こういう面からドライバーの安全をアシストしようというのはとてもユニークだと思います。
先進技術だけあって、オプションで付けようとするとそれなりの金額になります。しかしもし予算的に可能なのであれば、ぜひ付けることをお勧めします。というのもこういった安全装備は「安全を買う」といった一面が強いので、事故を起こしてからやっぱりつけておけばよかった、と思ってもすでに遅いからです。ぜひ検討してみてください。
(まゆきち)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トヨタの自動ブレーキ搭載車3選 安全度評価は?

トヨタの自動ブレーキ搭載車3選 安全度評価は?

事故を未然に防いでくれる自動ブレーキ・ブレーキアシスト機能。いまや各メーカーの新型車に搭載されるのが当たり前になりつつあります。今回はトヨタの自動ブレーキシステムと、おすすめ車種について解説します。
goo自動車&バイク | 6,782 views
ホンダN-ONE(エヌワン)の実燃費は? ターボの加速性能や評価まとめ

ホンダN-ONE(エヌワン)の実燃費は? ターボの加速性能や評価まとめ

特徴的なデザインで人気のホンダのN-ONE(エヌワン)を実際にライターが試乗して、グレードごとの走りの違いを比較。気になるN-ONE(エヌワン)ターボの実燃費も調査しました。
goo自動車&バイク | 27,360 views
ぶつからない・事故を起こさない車7選 各社性能を比較

ぶつからない・事故を起こさない車7選 各社性能を比較

ぶつからない車や事故を起こさない車は、果たして存在するのでしょうか。最近話題の自動ブレーキやアシスト機能について、人気のトヨタ車からスバル車まで、メーカーごとにイチ押しの車種をご紹介します。
goo自動車&バイク | 31,524 views
日産の自動ブレーキ搭載車3選 エマージェンシーブレーキの安全性は?

日産の自動ブレーキ搭載車3選 エマージェンシーブレーキの安全性は?

あらゆる方向からぶつからない車を目指した日産の「エマージェンシーブレーキ」とはどんな機能? 今回は日産の自動ブレーキシステムとおすすめ車種について解説します。
goo自動車&バイク | 3,406 views
NSXは何位?ホンダの高級車ランキング[セダン・ミニバン]

NSXは何位?ホンダの高級車ランキング[セダン・ミニバン]

ホンダの高級車をセダンからミニバンまで一挙にご紹介します。ホンダが誇る超高級車の新型NSXは何位?
goo自動車&バイク | 10,528 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク