2016年3月17日 更新

家族に大好評!雑貨で車のインテリアをオシャレにチェンジ

長い時間を共にする愛車だからこそ、素敵な車内にしたいですね。しかし、車内のインテリアってどうやって変えれば良いのか判らないという方もいると思います。そこで今回は、車内をオシャレに飾れるインテリア雑貨をご紹介しましょう。

5,149 views

シートカバー

シートカバー

via ja.wikipedia.org
シートカバー
車の中を覗いた時、視界の大部分を占めるのがシートです。シートが高級感のある革張りであれば、車内が一気にリッチに見えます。それと同じように、シートカバーのデザイン一つで車内の雰囲気がガラっと変わるのです。カラフルにすればポップな感じになりますし、アニメのキャラクター等が刺繍されたカバーなら子供は大喜びでしょう。常に視界に入るシートだからこそ、車内インテリアを考える上で重要な要素となります。どんな色を基調にするか、他のインテリアの色合いを考えながら決めましょう。

シートクッション

シートクッションとは、シートの下に敷く座布団のようなものです。長時間座りっぱなしの車内では、シートクッションは外せません。シートクッションを決める上では、低反発タイプなど機能面を重視することが多いと思いますが、クッションカバーを取り付ければ機能はそのままでオシャレに飾ることができます。お尻の下に敷いていれば見えませんが、車の中が常に満員とは限りません。後部座席の上に置いても違和感がないように、シートカバーとの相性を考えてデザインを決めましょう。

カーテン

車内で着替えたりすることがある場合に便利なのが車内カーテンです。外から見えないように隠すだけでなく、日光が強い時の日除けにもなります。黒などの単色であるイメージが強いカーテンですが、実はインテリアとしてとても重要。何故なら窓というのは、シートと並び視界の大部分を占めるからです。カーテンもインテリア全体のバランスを考えた上でデザインやカラーを決めましょう。

ハンドルカバー

ハンドルカバー

via ja.wikipedia.org
ハンドルカバー
ハンドルというのは、小さいながらも車の舵を担う重要な場所です。運転する人はハンドルを常に握っており、視界にも入っているわけですから、オシャレにすれば運転が楽しくなります。また後部座席から前を見るとハンドルは視界に入りますから、子供の目線からもハンドルの雰囲気を感じ取ってくれるでしょう。

フロアマット

フロアマット

via ja.wikipedia.org
フロアマット
案外盲点となるインテリアがフロアマットです。フロアマットは足を置く位置に敷くマットなのでそこまで視界に入るわけではありませんが、フロアマットまでオシャレにしていればインテリアへのこだわりが感じられます。ただし汚れやすいマットでもあるため、汚れても目立たない色や材質を選ぶのがコツです。
車の中というのは、部屋と同じでプライベート空間です。車のデザインや機能にこだわるなら、インテリアにもこだわりたいところ。これらの雑貨で内装をオシャレにチェンジすればきっと家族も喜び、運転が楽しくなるでしょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク