2018年10月11日 更新

初心者向け、軽量・足つきの良い400ccアメリカン6選

初めて買うバイクで、400ccバイクの購入を考えているならアメリカンを検討してみてはいかがでしょうか。初心者には扱いが難しい?と不安な方もいるかもしれません。しかし、アメリカンにしかない初心者向きの魅力というのもあります。今回は、そうした400ccアメリカンの中でも特におすすめの6車種の魅力をお伝えしようと思います。きっと一度は乗りたくなるでしょう。

1,909 views

初心者におすすめのバイクの条件

バイク初心者は、どんなタイプであっても、とにかくたくさん乗り続けて慣れることが上達への近道です。
ただ、最初からアメリカンタイプを乗りこなすには少しハードルが高いと感じる方も多いと思います。

しかし、初心者だからこそアメリカンが良いと言える部分もたくさんあると思います。ではアメリカンの初心者だからこそお勧めするポイントにはどんことがあるのでしょうか。
 (72110)

中古バイク

免許を取得して初めて乗るバイクでアメリカンタイプを乗るのであれば、中古車がおすすめです。

なぜなら、アメリカンバイクは教習所で使用するバイクとは運転の感覚が若干異なります。初めて運転される方は少々運転に戸惑うかもしれません。取り回し時に倒してしまうこともあるかもしれません。万一、車体に傷を付けてしまった場合も、新車購入時ほどの気持ちの面でのダメージは抑えられる(各人の思いにもよりますが)かもしれません。

中古車のもうひとつのお勧めとしては、アメリカンはカスタムを楽しんでいるオーナーも多くみられます。中古車であれば、前オーナーにカスタムがされた、お気に入りのタイプに出会えるかもしれません。中古車でカスタムのされていない、オリジナルモデルを安く購入し、その差額で自分色に染めていくということも可能です。

まずは運転に慣れることが最重要ですが…。

軽量なバイク

日頃の運転する環境や体格、体力によりますが、初心者の方はできるだけ軽量の車種を選ぶことがお勧めです。アメリカンと聞くと、どうしても映画に出てくるハーレーダビッドソンのような大型のタイプを想像されると思いますが、小型から大型の重量級までさまざな車種がありますので、自らの体格や体力に合わせて、できだけ軽量な車種を選ぶことをお勧めします。

前項で「カスタマイズも楽しみの一つ」と書きましたが、運転になれるまでは装飾品などは付けず、なるべく最低限の装備でいることをお勧めします。

足つきの良いバイク

バイクを選ぶ基準に「足つきの良し悪し」があります。

足つき良いとは地面にしっかりと足がつくことで、逆につまさき立ちのようになってしまうことを「足つきが悪い」といいます。

初心者はまだバイクの扱いに慣れていないので、信号待ちや渋滞で上手く運転できないことがあります。

アメリカンの場合、車体が低く低重心で足つきの良い車種が多いのが魅力です。初心者にとって足つきが良いことはとても重要なことです。

初心者にアメリカンがおすすめの理由

アメリカンは基本的に車体が低く、教習所で使用するバイクと目線の高さがだいぶ違います。ただその分重心が低いので安定感があるのと、足つきが良いので、転倒防止などの安全面、安心感につながります。

そのため、小柄な女性や身長の低い方でも安心して乗ることができます。
ただし、ハンドルが個性的なのもあったり、着座位置が教習所で乗るタイプのバイクとは感覚が異なることも多く、交差点での小回りや取り回しに慣れるのに若干時間が掛かるかもしれません。

ホンダ シャドウ

 (72104)

最初に紹介させて頂くのはホンダ「シャドウ」です。

1997年に新登場し2008年のスペシャルエディションを最後にシャドウクラシックとして一新されました。また、2000年からパフォーマンススタイルのシャドウスラッシャーが発売されているが、こちらも同時期にシャドウカスタムへと生まれ変わっております。

シート高は1997~2004年の仕様変更されるまでは695mmで、仕様変更後から2008年の販売終了までは675mm、重量は248kgでネイキッドタイプなどに比べるとかなり重量がありますが、重心が低いため倒れた場合でも比較的簡単に起き上がらせることができます。
車両サイズは全長2,450mm、全高1,085mm、全幅925mmとなっています。

初期モデルから仕様変更されるくらいまでは平均的に10万~20万円台です。
新しくなるにつれて約30万円~高いもので50万円台がほとんどです。

ヤマハ ドラッグスター400

 (72105)

ヤマハドラッグスターは1997年に新登場し、2016年を最後に販売が終了しました。
また、1998年にドラッグスタークラシック400が追加されました。その名の通りアメリカの古き良き時代を引き継いだデザインとなっております。

シート高は1997の販売からほとんど変わらず、660mm前後で、足つきの良さから女性ライダーにも人気があります。

車両重量は247kgで、アメリカンタイプとしては平均的な重量です。車両サイズは全長2,450mm、全高1110mm、全幅960mmで、小回りは効きにくいです。

どの年代も平均して30万円台です。状態にもよりますが、低価格なので10万円台のもあります。

ホンダ スティード

 (72106)

続いてのおすすめはホンダ スティードです。

1988年に新登場し、2001年を最後に販売が終了しました。
15年の間で様々なモデルチェンジを行い多彩なバリエーション

シート高は発売当初から1997年まではの販売からほとんど変わらず、680mm前後でしたが、1998年から650mm~670mmと多少ですが、シート高が低い仕様になっており、とても足つきの良いバイクです。

重量は約215kgで、アメリカンタイプとしてはやや軽めです。
大きさは全長2,310mm、全高1,115mm、全幅890mmと、幅が他の400ccアメリカンに比べると狭いので、小回りが利きます。

どの年代も平均して20万円台で検討可能です。年代が新しいもので50万円台のもありますが、自分でカスタムを楽しみたいのであれば低価格のものでも十分楽しめそうです。

スズキ デスペラード

 (72107)

続いては、スズキ デスペラード400です。

1996年に登場し、翌年の1997年に販売が終了しました。
街でもあまり見ないレアな車種として扱われることもしばしばあります。

シート高は700mmで、他の400アメリカンに比べると若干高いかもしれませんが、足つきはさほど悪くないです。

重量は約214kgで、見た目の割にはやや軽めで、車両サイズは全長2,360mm、全高1,115mm、全幅750mmと、小回りが利くので街乗りに最適です。

販売されていた期間が短いですが、平均的に25万円台で購入することができます。

スズキ イントルーダー400

 (72108)

次にオススメするのがスズキのイントルーダー400です。

1994年に初期モデルが発売され、前年に登場したイントルーダー800の400版とういう位置づけで販売されました。

排気量は399ccの2気筒エンジンで、ハンドル形状はプルバックタイプのアップハンドルと、フラットバーハンドルの2タイプが用意されていましたが、80年代から90年代は、ビラーゴ(ヤマハ)やレブル(ホンダ)などにも同様の仕様があり、当時あまり珍しいものという扱いはうけませんでした。1996年にフロントホイールが19インチになるなどの仕様変更し、90年代後半まで販売されましたが、2001年にクラシカルな外装のイントルーダークラシックが登場することになってます。

シート高は685mm、車両重量216kg、サイズは全長2,245mm×全高1,205mm×全幅765mmとなっています。

中古車価格は、平均価格33万と既に販売が終了している他の車種に比べると若干高めです。

カワサキ バルカン400

 (72109)

最後にご紹介するのが、カワサキ バルカン400です。

1990年に登場したバルカン400は、800ccのモデルをベースに作られ、大きい見た目がとても印象的なアメリカンらしいデザインです。

初期モデル販売から5年後、バルカン(VN400A)が登場し90年モデルとは全く違う仕様が設定されました。

90年モデルが398ccの並列2気筒エンジンだったのに対して95年モデルは挟角55°の399ccV型2気筒エンジンを搭載し、ハードウェア的な共通点は存在しないモデルでした。
また、同時期にバーハンドル仕様のバルカン-Ⅱが設定されるのと、クラシック(96年)とドリフター(99年)の2タイプも追加され、4機種入れ替わりながら展開されてました。

豪華なダブルシートや細身の12インチタイヤなど、カスタムしたくなるようなデザインなのも特徴的です。

シート高は710mm、車両重量227kg、サイズは全長2,360mm×全高1,175mm×全幅835mmとなっており、他の車種に比べると少々大き目のため、足つきの良いものの小回りなどがうまく利かないかもしれません。

中古車価格は、平均価格30万ですが、年式の古いモデルは10万円台から買えるのと、状態によりますが、年式が新しいものでも20万円台で購入することもできます。

まとめ

今回は今もなお根強い人気を誇っているおすすめの400ccアメリカンをご紹介させて頂きました。

最初の一台の購入を検討されている方も、そうでない方も参考にしていただけると幸いです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者向け、軽量・足つきの良い400ccスポーツバイク5選

初心者向け、軽量・足つきの良い400ccスポーツバイク5選

普通自動二輪免許取得後、人気のスポーツタイプのバイクに乗りたいと思っている人は多いと思います。バイクで一番かっこいいシーンと言えばレースですから、レーサーレプリカに乗ってさっそうと走りたい!と思うのは当然です。では、スポーツタイプのバイクで最初に買うバイクは、どんなものがいいのでしょう。どのバイクを買うか悩んでいる方へ、初心者にもおすすめできるスポーツバイクをご紹介します。
goo自動車&バイク | 3,214 views
初心者向け、軽量・足つきの良い250ccスクーター中古バイク8選

初心者向け、軽量・足つきの良い250ccスクーター中古バイク8選

中型二輪免許を取得後、スクータータイプのバイクに乗りたいと思っている人は多いと思います。一番の理由は、オートマチックで楽に運転できることではないでしょうか。最近はホンダのPCX150やヤマハのマジェスティSなど150ccクラスのスクーターが人気で、法律上はこれらのスクーターでも高速道路を走ることが可能です。しかし長距離を走るとなると、やはりパワー不足です。その点も250ccバイクなら比較的楽に高速道路を走ることができます。 こちらの記事ではどのビックスクーターを購入するか悩んでいる方へ、おすすめのバイクをご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 3,533 views
初心者向け、軽量・足つきの良い250ccスポーツバイク5選

初心者向け、軽量・足つきの良い250ccスポーツバイク5選

ほとんどの方はあこがれのバイクがあって、それに乗りたいと思って免許を取りに行ったはずですよね。ですが、教習所に通いながらお目当てのバイクの中古車を探しに行くと、思っていたより重かったり足が届かなかったりクラッチが遠かったり、乗りこなせる気がしなくなってしまうこともよくあります。どうしたらいいかわからないと思ってしまったあなたに、軽量で足つきの良いスポーツバイクをご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,048 views
400cc アメリカン(クルーザー)の人気、おすすめのバイク5選!

400cc アメリカン(クルーザー)の人気、おすすめのバイク5選!

ツーリングバイクとして400ccのアメリカンモデルはいかがでしょうか。最近では400ccのアメリカンモデルは見られなくなりましたが、その他の排気量にはない魅力を備えているのは確かです。250ccモデルよりも大きなパワーで爽快に進む感覚は多くの人がやみつきになっていることでしょう。車もバイクも何かと小さくまとまりがちな昨今だからこそ、あえて古きをたずねてみるのはいかがでしょうか。きっとあなたの知らない楽しさが待っていることでしょう。今回は400ccのアメリカンモデルを5種類、厳選して紹介していきます。
goo自動車&バイク | 4,753 views
スズキ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

スズキ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

スズキのバイクは、バンク角の確保やコーナー中の安定性に定評があり、レース用マシンの開発に力を入れてきたことから「コーナリングのスズキ」と言われています。街乗りバイクにも応用され取り回しのしやすい125cc超から250ccのバイクをご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,433 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク