2019年9月4日 更新

【誰もが羨望するクルマ】MAZDA3

マツダの新世代商品として発売されたMAZDA3。そろそろ街中でも見掛けるその姿に魅了されている方も少なくないのでは。新開発されたモデルMAZDA3の魅力や特徴を見ていきましょう。気になる詳細なポイントを徹底的に解説します。

13,124 views

MAZDA3の概要は?

【誰もが羨望するクルマ】MAZDA3が国内販売開始
2019年5月にMAZDA3が国内販売を開始しました。テーマとなっているのは、「誰もが羨望するクルマ」。これまでのアクセラがフルモデルチェンジされ、そして車名を変更して販売されることとなりました。

車体構造を一新することで、新しい走りを実現している注目のモデルで、間もなく(2019年12月中旬)には次世代エンジンスカイアクティブ-Xを搭載したモデルも投入されます。
MAZDA3の主な特徴を見ていきましょう。

ボディタイプはファストバックとセダン

テレビCMで流れるような美しいエクステリアに魅了された方も多いのではないでしょうか。ボディは5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類が設定されています。構成は先代であるアクセラと同じ構成です。

新開発のシャシー

マツダは、人間中心の発想を持っており、車に乗っている人の状態を主に考えています。
人のバランス保持能力を発揮できる状態になるように、シャシーやシートを最適化しているのです。

これはSKYACTIV-Vehicle Architectureという思想に基づくもので、人馬一体になり走ることで歓びを感じられるようにするというマツダの願いです。

シートはバケットシート並みのホールド感があり、運転中も自然な姿勢で運転することを可能にしています。

2019年12月中旬スカイアクティブ-Xを販売開始予定

現在販売中のモデルに搭載されているのは、直列4気筒の1.5Lエンジンと2Lエンジン、さらに1.8Lクリーンディーゼルターボエンジンのモデルです。

これらのモデルに続き2019年12月にスカイアクティブ-Xの投入が予定されています。このエンジンはこれまでのガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を活かしマツダ独自の燃焼方式で優れた燃費性能とレスポンスの良さを実現しているとのこと。前評判の高いこの新エンジンを待たれている方も多いのではないでしょうか。
販売開始から半年というスパンを持って投入が予定される新エンジンの仕上がりが気になるところです。

G-Vectoring Controlで安定の走り

ブレーキによる安定化制御を追加したG-Vectoring Controlが搭載されます。
ハンドルの切り始め、ハンドルを保持している時、さらにハンドルを切り戻している時に、それぞれに最適なトルク配分を行うのです。

危険回避を行う時や、高速走行時の安定した走行に寄与する装備です。
誰でも安全に車を運転させるために、最新の装備もされているのがMAZDA3の特徴となります。

安全装備も充実!

MAZDA3には、最新の安全装備もたくさん装備されており、ドライバーが安全に運転するのをサポートします。
ドライバー・モニタリングでは、センターディスプレイ内にある赤外線カメラでドライバーの状態を検知します。
居眠りやわき見を検知すると警告してくれるのです。

高速道路での渋滞時には、アクセルやブレーキ、ステアリング操作までもアシストしてくれる機能も。
追従運転をするサポートができます。他の装備には、ヘッドライトのパターンがあるので、状況に合わせてヘッドライトを調整できるのです。

MAZDA3の内装

【誰もが羨望するクルマ】MAZDA3が国内販売開始
MAZDA3の内装は、誰もが使いやすいと感じてもらうことがポイントとなっています。
ドライビングポジションやメーターの表示などが最新のデザインです。
自然に運転できることは、安心して運転できることにつながると考え、ドライバーが運転に集中しやすいデザインなのです。

インパネにはパッドが採用されており、高級感を感じさせます。
また長距離でも疲れにくいシートは、スポーティに走行する時でも体がずれにくくなっています。
リアシートはスペースが少なめですが、質の良いシートなので、後席でも快適に過ごせるでしょう。

MAZDA3の外装

【誰もが羨望するクルマ】MAZDA3が国内販売開始
魂動デザインと同じスタイルになっていますが、アクセラとは異なります。
躍動感あるボディ造形によって、外見も美しいスタイルです。
最小限のプレスラインとなっているボンネットは、MAZDA3の魅力を高めてくれているパーツです。

ハッチバックの独特のリアスタイルも、美しさと共に積載性の両立にふさわしいもの。
これまでよりも魅力のあるリアスタイルです。

先代アクセラとの比較

【誰もが羨望するクルマ】MAZDA3が国内販売開始
先代と比較をすると、全高は30mm低くなっており、ホイールベースも25mm延長されています。
幅が広く、さらに低くなっているので、走行性能が非常に高くなることでしょう。

先代アクセラでは、7インチだったインフォテインメントシステムが、8.8インチの画面へとインチアップします。
「Android Auto」と「Apple CarPlay」にも対応することになり、高級感も増しています。

名前が変わるだけでなく、走行性能や内装などにも数々の変更が加えられているのです。

ここでアクセラの中古車についても気になるところです。中古車情報を見てみると、低走行距離の程度良好の車種から買いやすい値段の車種まで幅広い在庫から探すことができます。
セダンについてはMAZDA3では1.5Lモデルが廃止となっており、セダンで1.5Lクラスを探している場合はアクセラの中古を探してみてもよいかもしれません。
■アクセラの中古車平均価格:123.1万円
■アクセラスポーツの中古車平均価格:127.3万円

上質な走りが期待できるMAZDA3

【誰もが羨望するクルマ】MAZDA3が国内販売開始
これまでのアクセラよりも、大きな変化を遂げており、上質な走りに評判は上々です。

ドライバーのことをよく考えているマツダが出したニューモデルのMAZDA3。
質の良い走りで多くのユーザーを魅了することでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一度は乗ってみたい外車 乗れるならどの車?【編集部セレクト6選】

一度は乗ってみたい外車 乗れるならどの車?【編集部セレクト6選】

国産車も魅力がたくさんありますが、外車には国産車にはない魅力が。外車の中でも、高級なモデルは一度でも乗ってみたいと思わせるモデルがたくさんあります。2019年のモデルの中から、編集部員セレクトで紹介します。高嶺の花と思っている自動車に少し視線を向けてみましょう。
goo自動車&バイク | 298 views
【極上の空間】ベンツBクラス新型紹介【中古価格も紹介】

【極上の空間】ベンツBクラス新型紹介【中古価格も紹介】

メルセデス・ベンツが2019年6月に日本発売を開始した新型Bクラス。コンパクトサイズなだけでなく、積載性にも優れている従来のメリットはそのままに、魅力をさらに高めているモデルです。どのようなモデルチェンジの内容だったのか、また充実の装備についても解説します。
goo自動車&バイク | 3,029 views
新型ジャガーXJはEV化!?【中古価格・スペックも紹介】

新型ジャガーXJはEV化!?【中古価格・スペックも紹介】

ジャガーの歴史あるモデルXJが販売を終了し、EV化される可能性が報じられています。50年もの歴史があるモデルが、電動自動車になるのは大きな変化です。どのようなモデルになるのか、また現行モデルのスペックや中古価格と合わせて説明しましょう。
goo自動車&バイク | 693 views
秋はオフロードバイクでツーリングに出かけよう!

秋はオフロードバイクでツーリングに出かけよう!

1年の間でツーリングに適しているシーズンと言えば秋でしょう。暑い夏が過ぎれば、バイクで遠出をしておいしいものを探すツーリングに出かけたくなります。ツーリングにおすすめしたいのが、本記事で紹介するオフロードバイク。林道などのオフロードでも気にせず走行できる性能が魅力です。おすすめの現行モデルから販売終了モデルまでご紹介します。
goo自動車&バイク | 968 views
【2019】BMWの全シリーズ紹介!特徴や中古車価格は?

【2019】BMWの全シリーズ紹介!特徴や中古車価格は?

日本でも人気のBMWは、BMWらしいスポーティーな走りを楽しめるのが魅力です。コンパクトカーから高級セダンまでラインアップしていますが、どのモデルでも走りの良さは変わりません。この記事では、BMWの全シリーズを紹介するだけでなく、特徴や中古車価格も紹介します。
goo自動車&バイク | 7,608 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク