2016年8月3日 更新

車のエアコンが効かない!原因・対処法まとめ

夏にカーエアコンが効かなくなるのはきついですね。エアコンが効かなくなる主な原因とそれぞれの対処法についてご説明します。

4,138 views
これからどんどん暑くなり、ドライブ中もエアコンの使用が必須となってくる季節ですね。こんなときに肝心のエアコンが壊れたり、効きにくくなったりするとショックですね…。窓を開けるだけでは耐えられなかったり、窓を開けようと思っても開けられない空気の悪い場所もあります。ではエアコンが効かなくなる原因4つと対処法についてご説明致します。

エアコンガスが原因の場合

原因の1つは「エアコンガスの不足や漏れ」です。エアコンガスというのはエアコン本体を冷却するための燃料のことで、ボンネットを開けて、エアコンのコンプレッサーにあるガスの通り道にガラスののぞき窓を付けたサイトグラスで確認することができます。コンプレッサーが動いているときに、液体の流れや気泡が見えるかどうかを確認します。泡が白く濁っているならガス不足で、透明で大きな泡が浮いてくるならガスが詰まっているという可能性があります。修理は、ガスの補充だけなら数千円、ガスのつまりや漏れの修理の場合は2万円~です。
thinkstock (50190)

エアコンオイルが原因の場合

別の原因として考えられるのが、エアコンオイルの不足です。上記のようにカーエアコンの内部にはガスが充満していて、ガスが減るとエアコンが効かなくなってしまいます。しかしそれとは別に、エアコンオイルというものもあり、それが不足してもエアコンが効かなくなってしまいます。エアコンオイルは、エアコン内の潤滑油の役割を果たしています。オイルがなくなるとパッキンなどが劣化(油分の少ない肌がかさつくのと同じですね)し、ガスも抜けてしまいます。また、金属類がさびてしまうこともあり、オイルなしでエアコンを回すと金属が摩耗を起こしてしまうので、エアコンオイルが減っていないかの確認が必要となります。そして、全くエアコンを使わないとオイルが下に溜まってしまい、部品を劣化させてしまうので、冬場であってもたまにはエアコンを回すとよいとされています。
istockphoto (50196)

コンプレッサーの故障の場合

次にエアコンそのもの、コンプレッサーが壊れているという場合です。これは修理にも費用が一番かかるケースです。確認方法としては、エンジンを始動したときにコンプレッサーの位置が正しければカチッという音がするので、それが聞こえるか確かめてみるという手段があげられます。正常に動かない場合でも位置がずれているだけの場合もありますので、念の為確かめてみましょう。それでも直らない場合は修理が必要となってしまいます。まず、整備工場で診断してもらうのに、10,000円前後です。そして、ガスの調整の場合は50,000円~80,000円と考えましょう。コンプレッサーのペアリング不良、内部の破損などの修理の場合は80,000円以内です。お店によっては故障の原因が特定できないので、劣化していると思われる部品を全て交換ということで見積もりが18万~21万円になったりもします。それで納得できるのならいいですが、原因を特定してもらってその部分だけの修理なら6万円で直ったというケースもありますので、お店や修理工場の言うことをそのまま鵜呑みにせず、説明を求めて自分が納得できる決定をしてくださいね。
thinkstock (50201)

もともとエアコンの弱い車種も

ここまででカーエアコンの不具合について触れてきましたが、実は元々効きの悪いエアコンがあるのも事実です。その1つが、軽自動車です。エアコン内のコンデンサという熱交換器の大きさが普通車の3/2くらいしかないため、冷房能力は普通車の約3/2くらいとなります。また、軽自動車のエンジンは最大出力が64馬力で、速度40km/hで走行抵抗が3~4馬力、冷房時の最大コンプレッサ不可は2~3馬力です。このように馬力が少ないためエアコンの効きも小さいと言えます。また、最近の軽自動車は車高が高くなった影響で車内が広くなったためエアコンの効きが悪くなり、窓が大きくなったため太陽の熱も余分に入ってきて車の温度が上がりやすくなってしまいました。そして、軽自動車のほとんどは、エンジンルーム下のアンダ―カバーがありません。そのため車が吐き出した暑い空気が車両前方に流れ、再び車が吸い込んでしまうという状態になってしまうことが多いようです。加えて、輸入車に多いようですが、普通車でも設計の悪さで圧力が高くなることによる元々効きの悪い純正エアコンがあります。ガスの量を減らすことで少し対処はできるようですが、フォルクスワーゲンなどのようにアップデートのエアコンを出している場合はエアコンを変えてしまうのも1つの手でしょう。
thinkstock (50224)

エアコンフィルターも定期的に交換を

最後に、エアコンの効きとは関係がありませんが、エアコンフィルターについてです。家のエアコンのフィルターを交換するのと同じで、車のエアコンのフィルターを交換することも必要です。1年に1回が勧められていますが、裏技として、1年目は掃除をし、2年目に交換をするという方法があります。一応エアコンフィルターを購入しておくと、取り外し方が説明書に書いてあるので掃除するのにも便利です。掃除の仕方は、トレイにお湯をはりワイドマジックリンなどの洗剤を入れて30分から1時間付け置き洗いです。その後、優しく水ですすぎ洗いをしてください。不織布製ですので、こすったりしないようにしましょう。そして生乾きだと臭いエアコンになってしまいますので、しっかりと乾燥させましょう。そして掃除しても汚れがあまり落ちないようなら交換してしまいましょう。
thinkstock (50227)
エアコンが必須となってくるこの季節、壊れてからだともう遅いなんてこともありえるので、遠出をする前にぜひ一度チェックしてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

車のエアコンが効かない!故障原因・修理費用の相場は?

車のエアコンが効かない!故障原因・修理費用の相場は?

車のエアコンが効かなくなったらどうする?故障の原因と修理費用の相場をまとめました。車内が冷えない!暖房が効かない!こんな時の対処法をご案内します。
goo自動車&バイク | 4,089 views
自動車電装屋ってどんなところ?修理依頼時の費用は

自動車電装屋ってどんなところ?修理依頼時の費用は

車の修理業者のひとつに、自動車電装屋という業者があります。あまり聞き慣れない方もいるかもしれませんが、電装関連の修理をしてくれる業者です。もしもの際には利用すると便利なので、覚えておくことをお勧めします。快適なカーライフのためには万が一の準備をしておくことも大切です。
goo自動車&バイク | 4,985 views
エアコンガスは大丈夫?車エアコンの故障と原因

エアコンガスは大丈夫?車エアコンの故障と原因

夏場・冬場の運転に欠かせないものといえば車内を快適に保つ車エアコン。これがなければ運転できない!なんて方も多いと思いますが、ある日突然エアコンの効きが悪くなった……というトラブルに陥る可能性は少なからずあります。ここでは、車エアコンが故障してしまう主な原因についてまとめました。
goo自動車&バイク | 980 views
車のエアコンが臭い…いやなニオイの原因と対処法

車のエアコンが臭い…いやなニオイの原因と対処法

車のエアコンをつけた際、ツーンといやな臭いを経験したことはありませんか?そのまま放置しておくと、走行中に気分が悪くなってしまうこともあります。今回は、そんなエアコンのいやな臭いの原因と対処法についてまとめました。
goo自動車&バイク | 684 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク