2016年5月28日 更新

トヨタのSUV全車種紹介

トヨタの人気車種はと聞かれると、みなさんはアルファード、ノア、ヴォクシー、プリウスなどを思い浮かべるのではないでしょうか。その一方、日本ではミニバンやハイブリッドほど売れてなくても、壊れない、どんな荒れ地でも走れる、メンテナンスがしやすいという理由で、世界中で絶大な人気を誇るSUV車がトヨタにはあります。今回は、トヨタの魅力が詰まったオンロード向け、オフロード向けSUV車を一挙に紹介します。

3,325 views

北米からやってきた本格SUV FJクルーザー

日本で人気のSUVは、モノコックボディに都会的で洗練されたデザインを採用した車が多いです。たまにしか走らない、もしくは一切走ることのないオフロード性能などは、ある意味ほとんど重要視していません。ハイウェイのクルーズ性能を重視したオンロード性能、積載性の良さにこだわったSUVが大人気です。それに対して、北米トヨタから逆輸入されたFJクルーザーは、質実剛健なラダーフレームをあえて採用しています。ラダーフレームはハシゴ型のフレーム構造で、頑丈なフレームの上にボディやエンジン、サスペンションが固定されます。例えば密林の中の悪路を走っていて車が横転し、ボディがグシャグシャに潰れても、フレームさえ問題なければ車を走らせることができ、生きて帰ってこれます。これがモノコックボディの場合、フレームとボディが一体化しているため、横転してボディが潰れてしまうと走行不能になります。つまりFJクルーザーは岩場や泥濘地、砂漠をいかにスタックせずに走り抜けるかにこだわった本物のオフロードSUVといえるでしょう。そう考えると、オンロードでの快適性よりも、見た目も性能も「これぞオフロード!」という車に乗りたい人に、FJクルーザーは魅力的な1台ではないでしょうか。
FJクルーザー ブラックカラーパッケージ(トヨタ)2011年12月モデルのカタログ[10073100] | goo自動車&バイク (31759)

トヨタのフラッグシップSUV ランドクルーザー

都市化が進み、都心部から地方まで、ほとんどの道がアスファルトで舗装された日本の道路には、ランドクルーザーの大きさと性能は完全に持て余してしまうでしょう。それに対して、世界にはアスファルトの道路などまったくないような場所がたくさんあります。砂漠や密林のジャングル、氷河に覆われた大地などでは、ランドクルーザーの質実剛健な耐久性と、圧倒的なオフロード性能が必須です。そう考えると、日本のメーカーであるトヨタが作っているけど、日本よりも世界市場をターゲットにした車がランドクルーザーであると言えるかもしれません。圧倒的なサイズ感からくる威厳とたたずまいは独特です。日本向けではないと書きましたが、この威圧感とステータス性に惚れこんで、ランクル以外には乗る気はないという熱狂的ファン(信者)が日本にも結構たくさんいたりします。この人を引きつけてやまない魅力が、トヨタのフラグシップSUVの凄さですね。
ランドクルーザー ZX(トヨタ)2015年8月モデルのカタログ[10099032] | goo自動車&バイク (31756)

ランドクルーザーの弟分 ランドクルーザー プラド

ランドクルーザーは、日本市場よりも世界市場を意識した大型の本格オフロードSUVです。特に大きさは完全に日本の道路事情では持て余し気味です。また重すぎる車重はいちじるしく燃費を悪化させます。これだけの重量級ボディをストレスなく動かすために積まれたエンジンは、4.7L のV8仕様。エコ性能重視という、今の日本におけるマーケットのトレンドとは、完全に逆行するかのようなスペックです。それに対して、ランドクルーザープラドは、ランドクルーザーの本格オフロード性能はそのままに少し車体をコンパクトにした、日本市場ために作られたSUVです。重量級のボディであることには変わりないのですが、日本の道路事情でも何とか取り回しできるサイズ感に留められています。そしてこの重量級ボディをストレスなく、かつ、エコで低燃費な動力性能を確保するために秘密兵器が投入されました。マツダ車の復活・成功の起爆剤にもなったクリーンディーゼルエンジンが、トヨタでも新開発されてランドクルーザープラドに導入されるようになったのです。実際、ランドクルーザーよりは小型でありながら、十分な迫力のサイズを持ち合わせているプラドは、販売台数のしっかり稼げる大人気SUVといえるでしょう。
ランドクルーザープラド TZ-G(トヨタ)2015年6月モデルのカタログ[10098009] | goo自動車&バイク (31753)

高級SUVの代表格 ハリアー

従来の四駆・SUVは、どこか土や泥がよく似合う、高級ホテルやレストランに乗入れるのはちょっとためらうような雰囲気がありました。走りにおいてもそれは顕著です。オフロード性能を重視した足回りは、荒れたでこぼこ道を走るのには高い性能を発揮します。ですが、アスファルトで舗装されたオンロードをハイペースで走ると、道路の突き上げをよく拾い、バタバタした印象を与えることが多いです。山道、峠道などのカーブが連続した区間を走ると、重心の高さゆえに大きく左右に振られます。それに対してトヨタのハリアーは、洗練された都会派SUVとしての高級路線イメージを確立した高いデザイン性を身にまとい、高級ホテルのエントランスやレストランの駐車場に乗り入れても違和感のない雰囲気を持ち合わせています。また、はじめから、普段走ることのないオフロード性能は割り切って捨てられています。日本の道路事情にマッチした、オンロードを快適に走るための性能を重視した車作りが最初からされているのです。山道や峠道などを走っても、より低重心のセダンと遜色のないコーナリング性能を持っていたりします。そう考えると、従来の四駆・SUVよりもハリアーのほうが、現在の日本の環境によりマッチしていて、人気があるのもうなずけるでしょう。
ハリアー プレミアム アドバンスドパッケージ(トヨタ)2015年6月モデルのカタログ[10097693] | goo自動車&バイク (31750)

街乗りも気軽にこなせる RAV4

さきほど紹介したハリアーは、高級車路線のSUVのため、価格もなかなか高額で、収入がそれなりにある人が購買ターゲット層の車です。また、週末のレジャーやアウトドアで気軽に使って汚したりするのには、ちょっと気が引けてしまうような車です。それに対してRAV4は、もう少しカジュアルテイストなSUVのため、価格もハリアーに比べて安く、まだ収入の少ない、もしくは余裕のない若者やファミリー層まで幅広い購買層をターゲットにしたトヨタのSUVです。そう考えると、流行りの高級SUVや、レジャーに使える本格オフローダーよりも、週末のレジャーやアウトドアに気兼ねなく使えて、街中でも快適に乗りこなせるRAV4は魅力的に映るかもしれませんね。
RAV4 スタイル(トヨタ)2015年5月モデルのカタログ[10098063] | goo自動車&バイク (31747)

燃費はプリウスなどの、電気モーターが積極的に走行アシストをするストロングハイブリッド車には敵わないし、広さや使い勝手はミニバンに及ばないのがSUVです。それに対して、ミニバンほどではないにしろ、セダンに比べて圧倒的に広い荷室の積載性や、重量級のボディを高燃費で引張るためのクリーンディーゼルやプリウス譲りのストロングハイブリッド車など、良いとこ取りが魅力なのもSUVです。そう考えると、ミニバンではドライバビリティに満足できない、セダンやハイブリッドでは狭過ぎるという方には、トヨタのSUVのラインナップの中からお気に入りの一台が見つかるかもしれませんね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人気SUVを「150万円以下」で安く買う!おすすめ中古車種5選

人気SUVを「150万円以下」で安く買う!おすすめ中古車種5選

アウトドアの人気によってSUVの人気も高まっています。悪路やアクティブな場所、スポーツにも重宝するSUVは若年者からご年配の方まで幅広いユーザーからの支持を得ています。しかし走行性能、社内空間、見た目のカッコよさと3拍子そろっているSUVですが新車価格はそれなりです。価格でお悩みの方へおすすめなのが中古車です。今回は150万円以下で購入できるおすすめのSUV中古車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 6,596 views
新型車C-HRが日本発売!価格・性能まとめ

新型車C-HRが日本発売!価格・性能まとめ

トヨタは新型車「C-HR」の発売を2016年12月14日から発売しました。C-HRはSUVですが、セダンの新型プリウスをベースにしています。この記事ではトヨタC-HRの特徴と魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 8,947 views
200~300万で買えるコンパクトSUV一覧

200~300万で買えるコンパクトSUV一覧

いまやSUVは百花繚乱。軽自動車からベントレーまでSUVを作っています。そのなかでも200~300万円という縛りでコンパクトSUVを選んでみたいと思います。コンパクトの定義が難しいですが、Cセグメント程度の4600㎜前後の全長と2L以下の排気量としたいと思います。
goo自動車&バイク | 10,917 views
モテる車ランキングTOP5

モテる車ランキングTOP5

高級スポーツカーがモテるバブリーな時代は終わりました。イマドキ女子はもっと現実的に男性を見ています。そこで今回は、モテる車ランキングTOP5をご紹介します!
goo自動車&バイク | 12,578 views
三菱パジェロVSトヨタランドクルーザープラド[SUV比較]

三菱パジェロVSトヨタランドクルーザープラド[SUV比較]

長年のライバル関係を築いてきた両車は、常にハイレベルでの開発競争を繰り広げてきました。どちらも気軽には手の出せない高額車ではありますが、内に秘められた実力からするとむしろコストパフォーマンスに優れているとも言えるのです。
goo自動車&バイク | 3,932 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク