2018年3月13日 更新

車のステアリングを交換するメリットとは?自分で行う場合の外し方のコツ

車のステアリングを交換しようと考えている人必見!ステアリング交換のメリット、自分で交換するときの外し方のコツや方法を詳しく解説。また業者さんに依頼するときの気になる費用などもお伝えします。

5,550 views

ステアリングの交換のメリットとデメリット

ドレスアップやチューニングを目的に、ステアリングの交換を考えたことがある人は多いのではないでしょうか。実際に交換する前に、知っておいたほうがよいメリットとデメリットをお伝えします。
thinkstock (68031)

〈ステアリング交換のメリット〉

・操作性がアップする
純正ステアリングは外径や太さが決まっていますが、手の大きさや腕の長さなどには個人差があります。そこで交換することによって自分に合ったステアリングが選べるので、より運転しやすくなります。
・レスポンスがよくなる
外径が小さくなることで、素早く応答性のよい操作ができるようになります。一回りの距離が短くなるため、素早く方向を変えることができるということです。
・グリップ力がアップする
ステアリングの表皮素材を変えることで、よりしっかりと握れるようになります。樹脂製のものから本革に換える人も多く、滑りにくく、安全な運転が可能になります。
・見た目がよくなる
純正にはないカッコよさ、個性が発揮できます。素材やデザインにこだわったものを選んで、自分らしいドレスアップを楽しめます。

〈ステアリング交換のデメリット〉

・操作が重くなる
外径が小さくなることでステアリングの操作は重くなり、小さすぎるステアリングは操作がしにくくなることがあります。また、スポーティなタイプのステアリングは、純正品に比べて太くなることが多いので、手の小さい人には向かない可能性も。ステアリングを握った感触を事前に確認しておけば安心です。
・ドライビングポジションが変わる
操作性がよくなる反面、ドライバーの腕や脚の長さなどの体型や、シートの形状との距離が変わることがあります。結果的に運転しにくい状態になる場合があるので注意が必要です。

ステアリング選びとおすすめブランド

istockphoto (68029)
ステアリングは安全性につながる大切なパーツです。また、手になじまない、取り回ししにくいステアリングは疲労を招きやすいので、長時間の運転はつらくなってしまいます。

そこで、いざ交換しようとなった時に注意してほしいのが、ステアリング選び。激安品も見受けますが、中には日焼けで色落ちがするもの、簡単に亀裂が入ってしまうもの、さらにはスポークが抜けるといった事例もあり、かなり危険です。結局安物買いの銭失いになりかねません。多少高くても、しっかりとしたメーカー品を選ぶようにしましょう。ステアリング交換でどんな効果を期待しているかによって、条件に合うメーカーのものを選ぶとよいと思います。
人気のメーカーと特徴をご紹介しますので参考にしてみてください。
thinkstock (68033)

ルナインターナショナル

光沢を重視した室内空間を演出したい人、元々ついていたエアバッグやスイッチなどを活かしたい人、握りやすさを重視したい人におすすめです。

DAMD

とくに太く握りやすいステアリングがほしい人、スポーツ走行を重視したい人におすすめ。

KENSTYLE

ステアリングやエアロパーツが得意なブランド。本革素材を使ったステアリングがほしい人におすすめです。デザイン性の面でアクセントがほしい人にも。

REIZ

上質素材を使うことで人気のブランドです。レザーでもさらに上質なナッパレザーを好む人におすすめ。

MOONEYES

アメリカンな雰囲気が人気。細身でクラシカルな雰囲気のステアリングがほしい人、白など明るい色が好みという人にもおすすめです。

交換作業、初心者はここに気をつけて!

thinkstock (68032)
最後に、ステアリングの交換手順を簡単にご紹介します。
1、工具(十字レンチ、10mmソケットレンチ、3mm六角レンチ)を用意する
2、作業前に前車輪の角度とステアリングの位置を確認する
3、エアバッグ本体を取り外す
4、ステアリングを外す
5、ボスにステアリングを取り付け、外したときと逆の要領でセンターナットをしっかり締め付け、ホーンボタンを取り付ける。
自分で交換する方もいるようですが、初心者の方は特に、業者さんに任せることをおすすめします。ステアリングカバーに比べて作業の難易度が高いことや、エアバッグ誤作動による事故の危険もあるためです。

また、エアバッグ誤作動事故を防ぐため、バッテリー端子を外すのですが、この作業が思わぬトラブル(カーナビの盗難防止機能による問題)を招くことも。やはり、交換後に不具合が発生するリスクなども考え、よほど腕に自信のある人以外は、プロにお願いしたほうがよいでしょう。
ディーラー、修理工場などに依頼した場合、費用の目安は3000円~1万円程度です。社外品で5000円前後が相場のようですが、作業時間はそれほどかかりません。1時間程度と考えてよいと思います。

まとめ

ステアリング交換にはメリットがたくさんあります。しかし、デメリットも当然ありますから、よく考え、検討することが大切です。また、車検に通るかどうかも気になると思いますが、ステアリングの交換自体は違法ではありません。ただし、小径のステアリングに交換した場合、メーター類が見えづらくなり危険と判断されると車検に通らないケースもありますので注意してください。

「交換してみよう!」と思い立ったら、まずはショップやネットで気に入ったものがあるかどうかチェックしてみましょう。車内の雰囲気もガラリと変わって、車への愛着もより強くなりそうですね。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

車のヘッドライトが切れてしまったら…どこで交換したらいいの?自分でもできるの?

車のヘッドライトが切れてしまったら…どこで交換したらいいの?自分でもできるの?

車のヘッドライトが切れてしまった!そんな時、どこで交換したらいいのかわからない人必見!ガソリンスタンドやカーショップ、自分で交換などの方法から交換費用まで調査しました。
goo自動車&バイク | 14,646 views
ワイパー交換の時期はいつ?雨の視界をクリアにするためのワイパーメンテナンス方法を紹介!

ワイパー交換の時期はいつ?雨の視界をクリアにするためのワイパーメンテナンス方法を紹介!

地味だけど、車には欠かせないワイパー。そんなワイパーの交換タイミングはいつ?ゴム部分の寿命、取り替える目安、値段は?おすすめのメーカーもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
goo自動車&バイク | 10,611 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク