2017年9月28日 更新

海にも山にも、ドライブにも! アウトドア向けで人気の車厳選5車種

アウトドアに適した車はどんな車?探している方必見!アウトドア向けの人気車種を紹介します。アウトドア車選びのコツも伝授します!

5,866 views

あなたは海派?山派?何をして楽しむ?

一口にアウトドアシーンといってもその内容はさまざま。海で楽しむならサーフィン、ボートなどのマリンスポーツから、お気に入りのタックルを積んでの本格的な沖釣りも人気です。山の大自然を満喫したいのならキャンプや渓流での川遊びなどがメジャーですね。変わったところだと岩場や山道などの悪路を車で走破していくクロスカントリーを楽しむ方もいるかもしれません。
アウトドアシーンに最適な車を選ぶ上で難しいのが、海と山を両方楽しみたい人が居るということ。「今月は海に釣りに行って、来月はキャンプ、そして平日の仕事前にはサーフィンを楽しむ」というアクティブな人のニーズにも応えられる車は、果たして……?
ということで実際のおすすめ車種を紹介していく前に、まずはアウトドア向けの車を選ぶ際の基準となるポイントをお伝えしようと思います。このポイントさえ押さえておけば、海でも山でも楽しめる一台に出会えるはずです。

荷物がどれだけ積み込めるか

thinkstock (66130)
海にせよ山にせよ、アウトドアを楽しむためにはさまざまな道具を積める車が必要になってきます。キャンプ道具や自転車、釣り用のタックルなどを積み込まなければならないものがたくさんです。つまり、アウトドアに最適な車を選ぶ際、一番重要なのは荷物をどれだけ乗せられるのかということ。とはいえ家族や友達など、大人数での移動が長時間に及ぶことも多い車でのアウトドアでは、居住性もきちんと確保しておきたいですよね。荷物にスペースをとられてしまって目的地につく頃には疲れてフラフラ、なんてことになれば元も子もありません。このことを考えると、とにかく荷物がつめればOKというような車選びはナンセンスといえます。見た目の大きさだけに惹かれて車を選んでしまうと後悔する可能性が高いです。

街乗りでも快適に過ごせるかどうか

とはいっても、複数台所持しない限り、一台の車を完全にアウトドア専用にするのは難しいものです。そして車の使用頻度を考えると、大抵アウトドアよりも日常の買い物や通勤などに使う事のほうが多くなるもの。そのときに大切なのが、やはり日常使いでも満足できるかということ。

こう考えると商用バンや本格的なオフロード車は候補から外れてきます。大型の商用バンだと後部座席のすわり心地はとても良いとはいえませんし、運転席もタイヤの真上に位置しているためストレスがかなり掛かります。そもそも車体が大きすぎて近所のスーパーに買い物に行く時はもちろん、ともするとキャンプ場に向かう細い道路が通れない、なんてことも。

またオフロード車ですが、最近のオフロード車は悪路走破性だけではなく乗り心地も考えられていることが多いです。しかし堅牢なボディを纏う分車重が重くなり、燃費は一般的な車に比べると格段に落ちてしまうので、維持費が高くついてしまうことから、こちらもやはり普段使いには耐えられなさそうです。

先進技術が搭載されているか

これは現状ではおまけ程度の機能かもしれませんが、これからは車を選ぶ際の大きな基準になっていくこと間違いなしです。というのも交通事故の原因のほとんどが不注意によるものですが、アウトドアで疲れた中での運転は特に注意力が散漫になりがちで、ひどい場合には居眠り運転に直結する場合だってありえます。近年の技術の進歩は目覚しく、前の車に自動で追従する技術や走行している車線をキープしてくれる機能などの運転支援技術が搭載された車も多く発売されているので、これらの力を借りて安全かつスムーズにアウトドアを楽しむことが可能です。
以上がアウトドアに大活躍できる車を探すときにチェックするべきコツになります。

海にも、山にも、遠出のドライブにも、楽しめる5車種は?

エクストレイル(日産)

日産が生産するSUV。この車は町乗りでの快適性が重視されているので普段使いでもストレスフリーに乗りこなせますよ。この車格のSUVには珍しいハイブリッドモデルは、20km/Lなので燃費が気になる方でも安心。プロパイロットやインテリジェントドライブシステムが搭載されているので遊びつかれた帰り道の運転も楽になりますよ。
 (66109)

ランドクルーザープラド(トヨタ)

世界に名だたるSUVブランドであるランドクルーザーの弟分がこのプラド。そのオフロード性能や乗り心地はランドクルーザーそのままなので、サイズや価格面で通常のランドクルーザーはちょっと手が出ない、という方にお勧めです。シートの3列目を倒せば荷物の積載量も文句なしで、どんな悪路でも安全快適に乗員を運ぶことができます。
 (66113)

ヴェゼル(ホンダ)

コンパクトSUVという車格の大ヒット作。ミニバンのような居住性、SUVのような走破性、クーペのような流麗さを兼ね備えたそのボディは、用途を選ばずにユーティリティに活躍します。取り回しや運転のしやすさも抜群なので、毎日の通勤に使うヘビーユーザーはもちろん、週末の家族でのドライブでしか使わない、というようなご家庭にもぴったりの一台です。
 (66117)

ウェイク(ダイハツ)

インパクト大のCMでもおなじみの軽自動車です。その魅力はなんといってもその積載性。自転車やサーフボードなども楽に積み込むことができるので、アウトドアにはもってこいと言えます。シートをフルフラットにすれば車中泊も可能なので、遊びの幅が一気に広がりますよ。
 (66121)

フリード(ホンダ)

「ちょうどいい。」がコンセプトのミニバン。コンパクトなボディながらも撤退的に無駄を省いた部品の配置によってミニバンの積載性をきちんと確保した納得の一台。アウトドアに出かける回数が多いなら「フリード+」おすすめ。3列目のシートの代わりにラゲッジスペースを設けたこのモデルなら荷物の積載量も一段とアップしているので不足ないはずです。
 (66125)

まとめ

今回は種類を絞ることなくアウトドア全般に役立つ車選びのコツと、実際のおすすめ車種を紹介してきました。この記事で出てきた車なら、街乗りはもちろんどんなアウトドアレジャーでも大活躍してくれること間違いなしです。
(まゆきち)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初めてでも失敗しない!賢い中古の軽自動車の選び方

初めてでも失敗しない!賢い中古の軽自動車の選び方

中古の軽自動車を購入する場合、何を基準に検討していますか?走行距離や年式で選ぶ?それとも生活スタイルに合わせて選ぶ?そこで今回は、初めて購入しようとしている人でも失敗しない、賢い中古の軽自動車の選び方のポイントやコツを伝授します!
goo自動車&バイク | 402 views
車を擦ったらどう修理する?気になる修理代はいくら?

車を擦ったらどう修理する?気になる修理代はいくら?

運転していてうっかり車を擦ってしまったとき、どう修理したらよいのでしょうか。ちゃんと直るだろうか、修理代はどれくらいかかるのかも気になります。そこで気になる修理代を調査してみました。また自分で修理する方法、バンパーやドアの修理費用、保険の使い方など対処法も併せてご紹介します!
goo自動車&バイク | 889 views
2017年上期に最も売れた車は?運転に自信のない人が買うべき&乗るべき売れ筋10選

2017年上期に最も売れた車は?運転に自信のない人が買うべき&乗るべき売れ筋10選

2017年上半期に最も売れた車は何だと思いますか?そして、ランクインした中で初心者でも安心して乗れる車って?自動運転や衝突防止機能で人気の車は?運転に自信がない人に注目してほしい車、買うべき車を厳選してご紹介します!
goo自動車&バイク | 3,615 views
車のヘッドライトが切れてしまったら…どこで交換したらいいの?自分でもできるの?

車のヘッドライトが切れてしまったら…どこで交換したらいいの?自分でもできるの?

車のヘッドライトが切れてしまった!そんな時、どこで交換したらいいのかわからない人必見!ガソリンスタンドやカーショップ、自分で交換などの方法から交換費用まで調査しました。
goo自動車&バイク | 4,089 views
車のエアコン、つけると臭い!原因は?掃除方法は?メンテナンス術を伝授します

車のエアコン、つけると臭い!原因は?掃除方法は?メンテナンス術を伝授します

車のエアコンをつけた時の不快な臭い!何とも言えないその匂いの原因、なんだと思いますか?そして、どうやったら消せるのでしょうか。タバコや汗の臭いも車内掃除や洗浄等、メンテナンスでスッキリ消臭できるんです!
goo自動車&バイク | 3,484 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク