2016年6月27日 更新

Z4とボクスターを比較 ドイツ製オープン2シーター

ポルシェのミッドシップ・オープンスポーツ「ボクスター」がビッグマイナーチェンジされ、新たに「718ボクスター」のネーミングが与えられることになりました。エンジンをこれまでの水平対向6気筒から、水平対向4気筒へと変更したことで、BMWの「Z4」が直接のライバルになり、ドイツを代表する2大メーカーのオープン2シーターは、色々な面から比較すると、興味深いことが分かってきます。あなたはどちらを選びますか?

1,462 views

フラット4ターボで衝撃のデビュー ポルシェ ボクスター

ポルシェ718ボクスターS

via autos.goo.ne.jp
ポルシェ718ボクスターS
世界中の自動車メーカーにとって最優先すべき課題となっている動力性能と環境性能の両立は、ポルシェとしてもその例外ではなく、 エンジンをこれまでの水平対向6気筒から、水平対向4気筒へと変更し、排気量は従来のモデルから縮小されています。しかし、それによるパワーの不足分をターボによって補われ、自然吸以上の高性能を得ているのです。そのパフォーマンスはというと、最もベーシックな2.0L仕様の「718ボクスター」で最高出力は300ps、2.5L仕様の「718ボクスターS」では最高出力が350psにまでなります。

モデル末期で成熟進む BMW Z4

BMW Z4

via autos.goo.ne.jp
BMW Z4
2008年に発売された「BMW Z4」は、8年目を迎えモデル末期となっていますが、その熟成度によりモデルの魅力はさらに増しています。ロードスターとクーペを融合させたクーぺガブリオレ方式のリトラクタブルルーフを採用する2シータースポーツで、3.0L直6ターボエンジンを搭載、最高出力は340PSを発揮します。
直列6気筒エンジン・ツインターボの「sDrive35i」 と、306psの「35is」、184ps の4気筒2.0Lエンジンの「sDrive20i」 というラインナップになっています。「sDrive35i」 の3.0L直6ターボエンジンは、4LのV型8気筒エンジンを搭載する「BMW M3」の400Nm(40.8kgm)を超えるという代物です。しかし「Z4」の主力モデルは「sDrive20i」で、最高出力は184psとかなり控えめですが、日本の公道を走るのであれば力強さの不満を感じることはないでしょう。

2台の価格帯

ポルシェ718ボクスターS

via autos.goo.ne.jp
ポルシェ718ボクスターS
「ポルシェ718ボクスター」の仕様は2タイプで、718ボクスターは,580,000円、718ボクスターSは8,520,000円となっています。数あるポルシェのラインナップの中からあえてボクスターを選ぶのですから、最も安価な「718ボクスター」がベストチョイスではないでしょうか?
「BMW Z4」は2.0Lが5,180,000円~、3.0Lが7,260,000円~。4気筒にするか、6気筒にするかで、エンジンパフォーマンスに大きな違いがあり、「718ボクスター」と同じく約200万円の差ですが、「Z4」の場合は6気筒モデルの3.0Lを選ぶのが理想。約120psのパワーの差は割安でさえあるのです。

MRとFR エンジン搭載位置の違い

BMW Z4

via autos.goo.ne.jp
BMW Z4
「ポルシェ718ボクスター」と「BMW Z4」は、卓越した走行性能を持つライトウェイト・スポーツカーであるとともにオープンエアをも楽しめるオープン2シーターでもあり、価格帯も、性能も非常によく似たモデルです。しかしながら、求める車の姿は同じでも、そこに至るアプローチに決定的な違いがあります。それが車の性格を決定付けるエンジンの搭載位置と駆動方式、つまり、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)とFR(フロントエンジン・リアドライブ)です。
ポルシェ718ボクスター

via autos.goo.ne.jp
ポルシェ718ボクスター
これはどちらが良いとかという問題ではなく、メーカーの歴史にまでさかのぼる血筋の問題で、古臭いと言われながらも自動車の王道であるFRを突き詰めたBMWと、クセがあるのはわかっていながらも、MRを追及するポルシェというメーカーの思想のどちらを支持するかという問題なのです。

ソフトトップとハードトップ

ポルシェ718ボクスター

via autos.goo.ne.jp
ポルシェ718ボクスター
ソフトトップ はビニールやクロス等の布製の屋根で、ハードトップ は金属やFRP等の硬い材質の屋根となります。今回の場合、同じオープンカーでもルーフの材質がソフトかハードかという違いがあり、「ポルシェ718ボクスター」が採用するのが軽量なソフトトップ、「BMW Z4」は耐久性があり電動タイプのハードトップということになります。一昔前のソフトトップは耐久性に問題があり、しかもルーフを占めた時のシルエットもスポーツカーらしからぬ残念なシルエットでしたが、現在では材質や構造が進化しハードトップに負けない耐久性とシルエットを実現しました。また、手動による開閉作業も一度操作を覚えれば一連の作業は1分ほどで完了するはずです。
BMW Z4

via autos.goo.ne.jp
BMW Z4
もちろん「BMW Z4」が採用するハードトップは、美しいデザインのシルエットが特徴。ただし構造上トランクスペースが狭くなり、実用性のある容量を確保できないという問題があります。「Z4」も電動ルーフゆえに、トランクスペースは完全にルーフの格納庫になっています。
この2台の関係は、なにか日本の「ホンダS660」と「ダイハツコペン」の、どちらを選ぶかということに似ていると思いませんか?スポーツカーとしては最良のエンジン配置であるミッドシップレイアウトと、軽量なソフトトップの「ホンダS660」に対して、既存のFFレイアウトを利用し、利便性を重視した電動ルーフを採用した「ダイハツコペン」の違いは、今回ご紹介した「ポルシェ718ボクスター」と「BMW Z4」ととても良く似ています。もちろん価格は比べ物になりませんが、選ぶ人の考えは同じなのかも知れません。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一度は運転してみたい!高級車が借りられるレンタカー屋5選

一度は運転してみたい!高級車が借りられるレンタカー屋5選

自動車を運転するのならば、一度は乗ってみたいのが高級車!ただ、高級車は買うのにも、車種によっては維持するだけでも、かなりの出費となるのでなかなか手が出せません。そこで、ご紹介するのが高級車を借りることができるレンタカー屋。ここでは、高級車を扱うおすすめのレンタカー屋をまとめました。
goo自動車&バイク | 13,706 views
女性が選ぶ助手席に乗りたい車ランキング

女性が選ぶ助手席に乗りたい車ランキング

やはり男性側から見た車のかっこよさと女性側から見た車の良さというのは変わってきます。どちらかというと、女性は車のステータスで評価する部分もあるからです。今回は、女性側から見た、助手席に乗りたい車をランキング形式でご紹介します。
goo自動車&バイク | 16,964 views
ハイブリッドSUV車のおすすめ8選

ハイブリッドSUV車のおすすめ8選

SUVの中でも燃費性能の良いハイブリッドSUVをピックアップしてみます。SUVの定義として、必須項目ではないのですが、今回は4WD車に限定して選んでおります。
goo自動車&バイク | 3,522 views
ポルシェ カイエン VS BMW X3[外車SUV比較]

ポルシェ カイエン VS BMW X3[外車SUV比較]

SUV人気の昨今、その中でも人気の高い2メーカー。ポルシェとBMW。もともとスポーツカーメーカだけに、背の高いSUVが軽く動くのに感動を覚えます。クラスは違いますが、ポルシェカイエンとBMW X3を比較します。
goo自動車&バイク | 2,945 views
モテ車クーペを比較 ポルシェケイマン、日産GT-R 、BMW M4

モテ車クーペを比較 ポルシェケイマン、日産GT-R 、BMW M4

スポーツカーマニアでなくても一度は乗ってみたいポルシェケイマン、日産GT-R、BMWM4。しかし中々お目にかかることもなく、乗ってみることも難しそうな車です。迫力あるエンジン音やスポーツカー独特なボディラインなどが特徴的です。日本、ドイツの国を代表する車はどんな仕様かなど考えたり比較したりしてみました。
goo自動車&バイク | 3,013 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク