2019年8月21日 更新

【軽自動車でも中は広々】編集部セレクト6選

軽自動車は狭いと思われがちですが、近年のモデルは車内が広く開放感のあるモデルが多数ラインナップされています。軽自動車の中でも車内スペースが広いモデルはどのような車種なのか、空間が広く、販売台数も多い人気モデルをまとめてご紹介します。モデルごとのおすすめ理由も徹底解説しましょう。

16,776 views

軽自動車は徐々に広くなっている!?

【軽自動車でも中は広々】軽自動車空間ランキング2019年
年々車内スペースの広いモデルに人気が集まっています。収納などの使いやすさが向上し、乗り心地や燃費もよいのですから、普段使いにぴったりです。

そこで今回は、軽自動車でも空間が広いモデルの6車種をご紹介します。どのモデルも、使い勝手が良くなっているので、普段の買い物に、レジャーにと活躍できる車種です。

【空間が広い軽自動車】編集部セレクト6選

軽自動車の中から、室内の空間に重きを置いて6台ご紹介します。どのような特徴があり、どのように使えるのか見ていきましょう。

ホンダ N-BOX

【軽自動車でも中は広々】軽自動車空間ランキング2019年
ホンダの室内が広い軽といえば、人気モデルのN-BOXです。燃料タンクが後席の下に位置しているので、広い車内を実現しています。販売以来使い勝手や走りの良さから、販売台数でトップを誇っているモデルです。

多彩なシートアレンジができるのも人気の理由です。後席のスペースは、シートアレンジによっては普通乗用車よりも広く使えます。室内長は2240mmあり長尺のものを積載するのも問題ありません。室内高は1400mmあり、子供が着替えるのも苦にならないほどの室内の高さ。
2017年にフルモデルチェンジを行い、魅力をさらに高めています。
N-BOXの魅力の一つには、衝突安全性の高さもあるでしょう。ハイト系の軽自動車では、衝突時の安全性が気になりますが、ホンダはカーテンエアバッグも装備できるなど、万が一にも備えています。多彩なシートアレンジと衝突安全性の高さが、魅力の1台です。

新車価格は138万円から

ダイハツ ウェイク

【軽自動車でも中は広々】軽自動車空間ランキング2019年
ダイハツのウェイクはタントよりもさらに90mm高い車内で、さらに車内空間を広げています。室内高は1455mmもあり、乗り降りもしやすいです。全高も1835mmと、他のモデルよりも高くなっています。運転席回りのインテリアも優れており、若い世代を中心にして人気を集めています。荷室も十分に広く、競技用の自転車であれば、2台も積み込みすることも可能です。

シートをフルフラットにすることも簡単で、アウトドアに活用しやすいモデルです。アウトドアに出かける機会が多い方であれば、多彩なシートアレンジや撥水加工されているシートの恩恵にあずかる機会が多いでしょう。実燃費ではそれほど数値が伸びませんが、優れた車内の広さが特徴です。

新車価格は135万円から

スズキ スペーシア

【軽自動車でも中は広々】軽自動車空間ランキング2019年
スペーシアは、スズキから発売されているハイトワゴンです。軽自動車とは思えない車内の広さを実現しているだけでなく、スズキ自慢の技術であるハイブリッドシステムS-エネチャージを搭載しています。室内長は2155mm、室内高は1410mmとライバル車種には劣りますが、前後のシート間隔も十分にあるので、リラックスして乗車できるスペースがあります。

燃費の面では実燃費でも19km/Lを記録するなど、燃費のよさも際立っているモデルです。販売台数でもワゴンRをリードするなどもしており、ハイトワゴンの人気の高さが分かります。

現行モデルはスーツケースがコンセプトになっているスペーシア。ハイトワゴンの中でも、ポップなデザインですので、かわいい車が欲しい方におすすめです。

スペーシアの新車価格は127万円から

ダイハツ タント

【軽自動車でも中は広々】軽自動車空間ランキング2019年
軽自動車の中では、N-BOXやスペーシアと人気を争っているモデルです。室内長では2180mm、室内高も1370mmと、ライバル車種に広さでは劣っています。しかしシートアレンジが豊富なだけでなく、ピラーレスにすることでドアの開口部が広く乗り降りが非常にしやすくなっています。子連れの方が子供の乗降時や、買った荷物を積み込みしやすいので、主婦層に人気です。

実燃費の面では、それほどよいとは言えないのですが、使い勝手の良さをが人気の理由でしょう。

タントの新車価格は122万円から

スズキ エブリィワゴン

 (78838)
商用のバンであるエブリィを快適に過ごせるシートにしたのが、エブリィワゴンです。元々は室内に荷物をたくさん積むことが目的のモデルですので、ワゴンタイプでもそのコンセプトは変わりません。

後席を倒すことで、フルフラットにすることができ、室内長は2240mmと大きな荷物もスムーズに積載できます。標準ルーフとハイルーフの設定があり、目的に合わせて車内の高さを選択できるのが特徴です。

車中泊を楽しむ方が増えていますが、エブリィなら圧倒的な車内の広さを実現できるでしょう。

荷物をたくさん積み込む機会が多い方には、4人乗っても十分な積載スペースを確保できるエブリィがおすすめです。

新車価格は142万円から

ダイハツ アトレーワゴン

【軽自動車でも中は広々】軽自動車空間ランキング2019年
2017年にマイナーチェンジを行った、ダイハツのワゴンタイプの軽自動車。広い車内となっており、快適に過ごすことができます。室内長は2020mmあり、フルフラットにすると、たくさんの荷物を積載可能です。

ワゴンタイプの軽自動車ですが、インテリアの作りも上質なものとなっており、広さだけでなく、快適席も犠牲にしていません。ダイハツの安全運転支援システムであるスマートアシストを搭載しています。万が一の時に衝突被害を軽減してくれます。また、車内の様々な場所に、収納スペースが設定されているのもよいポイント。

後席を倒してしまうことで、長尺のものもすんなりと積載可能です。仕事にプライベートと、大活躍してくれること間違いない車種です。こちらのモデルも、荷物をたくさん積む方におすすめ。上質な内装ですので、ワンボックスタイプに高級感を求める方にぴったりのモデルです。

アトレーの新車価格は153万円から

軽自動車でも十分な広さ!

【軽自動車でも中は広々】軽自動車空間ランキング2019年
軽自動車の人気モデルは、どれも多彩なシートアレンジが可能で、室内の広さが魅力です。

軽自動車でも販売台数が伸びているモデルは、使いやすさだけでなく、いかに中が広いかをアピールしているものばかりです。

実際に試乗などをしてみると、意外な広さに驚かされることでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

買ってよかった!おすすめ軽自動車まとめ【2019年版】

買ってよかった!おすすめ軽自動車まとめ【2019年版】

軽自動車は維持費の安さから人気を集めています。年々新しいモデルが発売されたり、モデルチェンジがありますが、その中でもおすすめの軽自動車はどれでしょうか?2019年におすすめの軽自動車を、モデル別の特徴と合わせてご紹介します。車選びに参考にしたい情報が満載です!
goo自動車&バイク | 28,808 views
マツダの軽クロスオーバー|年式毎の特徴 燃費 中古価格は?

マツダの軽クロスオーバー|年式毎の特徴 燃費 中古価格は?

マツダの軽クロスオーバーは、スズキ・ハスラーのOEM車です。軽自動車のSUVモデルとして、街乗りからアウトドアにも活躍するモデル。この記事では、マツダの「フレアクロスオーバー」のポイントや燃費、さらには中古車の価格相場についても解説します!
goo自動車&バイク | 5,722 views
軽自動車と言えばスズキ|おすすめランキングまとめました!

軽自動車と言えばスズキ|おすすめランキングまとめました!

軽自動車の主なメーカーと言えばスズキです。魅力の多いモデルをこれまでも生み出してきたスズキの中から、オススメの軽自動車からコンパクトカーまでご紹介します。これを読めばスズキの自動車がなぜ人気なのか、理由がすぐに分かります。数あるモデルから一挙5モデルを解説!
goo自動車&バイク | 16,366 views
スバルの軽自動車「R2」|年式毎の特徴 燃費 中古価格は?

スバルの軽自動車「R2」|年式毎の特徴 燃費 中古価格は?

現在は生産終了となってしまったスバルの軽自動車「R2」の中古価格の相場や特徴・燃費をまとめてみました。 これからR2の購入を検討している方は是非参考にしていただきたいです。
goo自動車&バイク | 4,877 views
スズキの人気軽自動車「ハスラー」|年式毎・特別仕様車の特徴 価格相場は?

スズキの人気軽自動車「ハスラー」|年式毎・特別仕様車の特徴 価格相場は?

スズキの遊べる軽!で有名な「ハスラー」の中古価格の相場や各世代ごとの特徴や燃費をまとめてみました。 これからハスラーの購入を検討している方は是非参考にしていただきたいです。
goo自動車&バイク | 4,237 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク