2016年9月2日 更新

東京ワンピースタワーもランクイン!人気テーマパークランキング2016

子供から大人までみんなで楽しめるようなテーマパークは、誰もが行ってみたいものですね。そこで、「トリップアドバイザー株式会社」が発表した「トラベラーズチョイス™ 世界の人気観光スポット2016~テーマパーク編~」の結果から、10位までをまとめてみました!

1,412 views

第10位「メガウェブ」(東京都江東区)

東京都江東区青海のパレットタウン内にあるMEGAWEB (メガウェブ) は、トヨタ自動車の展示ショールームです。テーマごとの3つの施設があります。トヨタシティショウケースでは、トヨタの現行モデルの車約80台を展示。ライドスタジオでは、見るだけでなく、実際に車に乗ることができ、3歳以上なら子供だって運転が体験できちゃうんです。また、ヒストリーガレージでは、歴代の名車が展示されているので、車好きにはたまらないスポットとなっています。
MEGAWEB - Wikipedia (51457)

■MEGAWEBメガウェブ トヨタシティショウケース
・住所:〒135-0064 東京都江東区青海1丁目3-12
・URL:http://www.megaweb.gr.jp/

第9位「ふなばしアンデルセン公園」(千葉県船橋市)

大勢の人が押し寄せ人気となった、ふなばしアンデルセン公園。あまりの混雑に、困惑する人もいたようですが、公園という名とは打って変わって、動物広場や童話館などがあり、小さい子供がいる家族には一日中楽しめるスポットです。デンマークの街並みを再現した異国情緒漂う建物は、子供だけでなく大人も楽しませてくれます。散策を楽しめるコースはもちろん、雨の日でも楽しめるコースがあるなど工夫もされています。
ふなばしアンデルセン公園 - Wikipedia (51453)

■ふなばしアンデルセン公園
・住所:〒274-0054 千葉県船橋市金堀町525番
・URL:http://www.park-funabashi.or.jp/and/

第8位「江戸ワンダーランド 日光江戸村」(栃木県日光市)

江戸時代の情緒漂う、江戸ワンダーランド。ちょんまげ姿の侍や、忍者に出会えるのも魅力の一つです。実際に江戸時代の衣装を借りて変身したり、職業を体験することだってできます。また、季節限定の変身メニューもあります。江戸の職業体験は子供限定ですが、大人は侍、弓道などを無料で体験することができます。そのほかにも、忍者怪怪亭という忍者の修行場や、忍者からくり格言迷路、少しホラーな地獄寺などさまざまな体験処が人気です。手裏剣や弓矢もできるところもあるので楽しみ満載ですよ。
■江戸ワンダーランド 日光江戸村
・住所:〒321-2524 栃木県日光市柄倉470‐2
・URL:http://edowonderland.net/

第7位「東京ワンピースタワー」(東京都港区)

東京ワンピースタワーは、東京タワーフットタウン内にある、ワンピースの世界観がリアルに再現されたワンピース好きにはたまらないスポット。実写版のワンピースのメインキャラクターが勢揃いしたライブアトラクションや、トリックアート、キャラクター達にちなんだアトラクションがあり、じわじわ人気を集めています。土産物売り場には、ワンピースグッズがたくさん。ファンにはもちろん、あまり知らない方にも楽しめるおすすめスポットです。
■東京ワンピースタワー
・住所:〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目2-8
・URL:http://onepiecetower.tokyo/

第6位「ナガシマスパーランド」(三重県桑名市)

三重県桑名市にあるナガシマスパーランドは、遊園地や天然温泉露天風呂、アウトレットが揃う大型リゾートです。入浴施設やプールのほかにも宿泊施設があるなど、長い時間満喫できるのも魅力の一つ。なばなの里では、年中咲き誇るベゴニアやさまざまな植物に癒されます。約240店舗が揃うアウトレットでは、ゆっくりショッピングを楽しむことができるほか、レストランでのお食事も楽しめます。遊園地のアトラクションは約50種類。子供から大人まで楽しめるおすすめスポットです。
ナガシマスパーランド - Wikipedia (51454)

■ナガシマスパーランド
・住所:〒511-1192 三重県桑名市長島町浦安333
・URL:http://www.nagashima-onsen.co.jp/index.html/

第5位「ルスツリゾート」(北海道留寿都村)

北海道でも人気の遊園地ルスツリゾート。アトラクションは、60種類以上もあります。雨でもホテル内で楽しめるメリーゴーランドやプールなど、さまざまなアトラクションがあるので、いつ来ても飽きない工夫がされています。また、クラフト工房では、手作りアイスクリーム、マイ箸作り、そば打ち体験などが楽しめます。レストランでは、北海道ならではの旬の食材を使った料理をいただくことができるのも魅力の一つ。自然を満喫できる魅力が多いスポットです。
■ルスツリゾート
・住所:〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村泉川13番地
・URL:http://rusutsu.co.jp/amusement

第4位「富士急ハイランド」(山梨県富士吉田市)

富士急ハイランドは、富士山を眺めならアトラクションを楽しめる、絶好のロケーションの遊園地。ええじゃないか、FUJIYAMA、ドドンパなど、絶叫系のアトラクションが豊富で、スリルを味わいたい方にはおすすめのスポットです。絶叫系だけでなく、小さな子供も楽しめるアトラクションもあります。そのほか、さまざまなイベントも目白押し。トーマスステーションや、ガンダムマニアなどのキャラクターショップも充実していますよ。
富士急ハイランド - Wikipedia (51450)

■富士急ハイランド
・住所:〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5丁目6-1
・URL:http://www.fujiq.jp/

第3位「東京ディズニーランド」(千葉県浦安市)

不動の人気を誇る夢の国ディズニーランド。魔法にかかったような気持にさせてくれるワンダーランドな世界観で、パレードはもちろん、季節ごとのイベントは見物です。シンデレラ城では、期間限定でプロジェクトマッピングが楽しめるなど、いつ来ても飽きない演出が子供も大人も楽しませてくれます。ディズニーランドでしか味わえないメニューや、キャラクター達も必見です。
■東京ディズニーランド
・住所:〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-1
・URL:http://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/index.html

第2位「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪府大阪市)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、子供はもちろん、大人が楽しめるテーマパークとして人気を集めています。ハリーポッターやスパイダーマン、ジュラシックパークなどの映画の世界観を実際に体験できるところもユニバーサル・スタジオ・ジャパンの醍醐味。さまざまなエンターテインメントショーやキャラクター、恐竜にも触れあえるなど、遊ぶところ満載のテーマパークです。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン - Wikipedia (51460)

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
・住所:〒554-0031 大阪府大阪市此花区桜島2丁目1-33
・URL:http://www.usj.co.jp/

第1位「東京ディズニーシー」(千葉県浦安市)

東京ディズニーランドを抑え第1位に輝いたのは、東京ディズニーシー。ランドの世界観とは違う落ち着いた雰囲気を楽しめ、世界旅行に来たような気分を味わえます。海の風景を堪能できるほか、大人も思いっきり楽しめるという点でも人気のようです。アトラクションも子供から大人まで幅広く楽しめます。乗り物は苦手という方でも、異国の街並みを楽しみながらディズニーシー内を歩いたり、ショッピングを楽しんだりして雰囲気に酔いしれるのもいいですね。ここでしか会えないキャラクターがいるのも人気の秘密かもしれません。
■東京ディズニーシー
・住所:〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-13
・URL:http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html
いかがでしたか?人気テーマパークランキング2016をご紹介いたしました。やはり、「ディズニーリゾート」は人気のようですね。非日常的な場所が注目を集めています。7位にランクインした「ワンピースタワー」も、人気が高まっているようなので、一度訪れてみては?ぜひ、参考にしてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ママが選んだ西日本のテーマパーク人気ランキングTOP3

ママが選んだ西日本のテーマパーク人気ランキングTOP3

家族でどこへ行こうか悩みますよね!せっかく行くのなら、子どもが喜ぶような場所へ行きたいものです。西日本にもテーマパークはいろいろありますが、今回はベビカム株式会社が発表した「西日本のテーマパーク」についてのアンケート結果から、プレママ・ママが選んだ人気テーマパークランキングをご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,823 views
絶対行きたいおすすめテーマパーク3選

絶対行きたいおすすめテーマパーク3選

家族でも友達でも恋人でも楽しめる場所、それがテーマパークです。でも楽しいテーマパークではしゃいだあとに、満員電車に揺られるのは少し憂鬱。そんなときにはドライブがてら遊びに行くのがオススメです!今回は車でアクセスしやすいおすすめのテーマパークを紹介します。
goo自動車&バイク | 817 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク