2016年11月4日 更新

新型「NOTE e-POWER」はハイブリッドとどう違う? 柳沢慎吾「やっちゃったね日産!」

日産自動車株式会社は新パワートレイン「e-POWER」を搭載した『新型NISSAN「NOTE e-POWER」発表披露会』を、11月2日(水)に開催しました。低燃費技術を結集した新型ノートはどのような車なのでしょうか。発表披露会に登場したゲスト柳沢慎吾さんのコメントと一緒に、気になる価格や燃費、今回開発された新しいパワートレイン「e-POWER」が従来の電気自動車(EV)やハイブリッド車とどう違うのか詳しく解説していきます。

7,527 views

柳沢慎吾も新型「NOTE e-POWER」の“ひと踏み惚れ”にベタ惚れ

2016年11月2日に行われた新型NISSAN「NOTE e-POWER」発表披露会には、タレントの柳沢慎吾さんが登壇。「NOTE e-POWER」に乗った試乗映像がスクリーンに映されると、「瞬発力いいでしょ。ベタ惚れだね。時代は動いているね。変わっているんだよ、やっぱり」と、いつものお茶目な雰囲気ではなく、クールにコメントする様子が映しだされました。
 (56868)

新型「NOTE e-POWER」は加速がすごい?

「まず、オレンジ色すごい良いじゃないですか!加速感すごいです!なんともたまらない!」とNOTE e-POWERに乗ってみた感想を興奮気味に語った柳沢さん。今まで10台以上クルマを乗り換えてきたという柳沢さんも「足回りも加速感もいい、加速と言うのは大事なんです。後ろから車が来るってときにパッと(アクセルを)踏んだときにスゥーッと行く、いいですよね!」と、NOTE e-POWERの加速にびっくりしていました。また、減速についても聞いてみると「びっくりしました。アクセルをはずすと減速するんですよ!エンジンブレーキがかかって、止まっちゃうんですよ。」とシームレスにクルマが反応してくれる感覚に驚いたようです。
 (56860)

「NOTE e-POWER」の加速にびっくりしたという柳沢慎吾

「やっちゃえ日産」ではなく「やっちゃったね日産って感じ!」

更に、「乗っていても疲れないっていうのがいい。女性にもいいんじゃないですか!」と女性に向けてオススメしていました。MCから、「電気自動車を購入するとしたら、気になる点はありますか?」という質問に対しては、「距離!どれぐらい走れるのか不安だし、あと金額も気になる」と答えました。しかし、一回の満タン給油で片道1,000キロ前後は走行でき、青森ぐらいまでは行くことができる、また金額も最量販となるe-POWER Xグレードは、税込で200万を切っていると聞き、「時代は変わった。時代は少しずつ動いている。やっちゃったね日産って感じ!」と明るくコメントしました。
 (56869)

「NOTE e-POWER」で街を走って…いい夢見ろよ!

柳沢さんは「びっくりするようなこの加速感、パワー!この”ひと踏み惚れ”、いい言葉ですよね。どんどん”ひと踏み惚れ”が広がって欲しいですね。そして、実際に購入して、街を走って…いい夢見ろよ!!」とお決まりの台詞で、最後は記者席に投げキッスをし、『新型NISSAN「NOTE e-POWER」発表披露会』は終了しました。
 (56870)

新型「NOTE e-POWER」ってどんな車?

「e-POWER」はEVともハイブリッドとも違う新パワートレイン

今回発表された新パワートレイン「e-POWER」は、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレインです。搭載しているエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行します。これにより、さまざまなシーンや走行環境において、モータードライブならではの力強くレスポンスの良い加速と、優れた静粛性を実現しました。
 (56866)

「e-POWER」の仕組みは? EVやハイブリッドとの違いは?

「e-POWER」は、ガソリンエンジン、発電機、インバーター、モーターから成るコンパクトな一体型パワートレインと高電圧バッテリーから構成されています。現在広く普及している従来型のパラレルハイブリッドでは、駆動にエンジンと小型モーターを併用していますが、「e-POWER」では、エンジンはタイヤには直接つながっておらず、モーターのみで100%駆動することが最大の特徴です。また、「日産リーフ」のような100%電気自動車と異なるのは、バッテリーに蓄えた電力に加え、ガソリンエンジンで発電した電力を使う点です。「日産リーフ」のエネルギー源はバッテリーのみで、外部から充電器を通じて充電します。
 (56885)

「e-POWER」は、「日産リーフ」のシステムや長年の研究開発をベースとしたモーター制御技術、パワートレインの一体化、小型・軽量化、そして如何にエネルギーを効率的に作り出し使用するかというエネルギーマネジメント技術が融合することで実現しました。こうした日産の技術力が集結した「NOTE e-POWER」では、コンパクトカーの枠をこえた元気のよい走りの性能が高い次元で実現されています。
 (56889)

「e-POWER」は静か!夜間でも気にならないエンジン音

通常の発進や走行時には、エンジンが停止したまま高電圧バッテリーからの電力だけで静かに力強く発進するため、夜間や早朝の住宅街でもエンジン音を気にすることなく走行が可能です。バッテリーの残量や車速に応じてエンジンを始動、エンジン音が気にならない回転数に制御しながら充電を行ないます。
 (56883)

「e-POWER」は坂道や急発進でもへたれない力強い走り

急加速や登坂時などには、バッテリーからの電力に加え、エンジンで発電した電力も直接駆動モーターに供給、力強い走りを実現します。さらに、減速時にはエンジンを停止し、回生発電した電力を高電圧バッテリーに充電、停車寸前まで回生が行なわれるため減速エネルギーを無駄にしません。外部電力からの充電は不要で、通常のガソリンエンジン車やハイブリッド車と同様、ガソリンの給油のみで走行することが可能です。
 (56884)

ワンペダルで加速・減速する体験はクセになる!

さらに、アクセルペダルだけで加速・減速が行える新感覚の走行モード「e-POWER Drive」では、ワンペダル感覚の運転を楽しむことが可能です。
 (56902)

「e-POWER」は、走り出しから最大トルクを発揮するモーター駆動ならではのメリットがあります。レスポンスの良さ、なめらかな加速、走行時の高い静粛性など、100%電気自動車同様の走りの楽しさを実感することができます。

充電を気にすることなく走れる燃費

「e-POWER」に搭載されるエンジンは発電専用であり、発電のために高効率な作動領域を保つように自動制御されているため、アクセル開度による影響を受けにくく、優れた燃費を実現しています。
構造上、エンジンとタイヤが直接つながっていないため、最も効率の良いエンジンの回転数で発電が可能となり、クルマが使われる頻度が高い市街地走行時において従来型ハイブリッドに対し、競争力のある燃費を実現しています。充電を気にせず、なおかつ「日産リーフ」の走りの特長と高い経済性を享受できることが、「e-POWER」の最大のベネフィットです。
 (56903)

「NOTE e-POWER」の気になる価格は?EV(電気自動車)やハイブリッドよりも安いの?

日産のチーフマーケティングマネジャーの南 智佳雄氏は、今回のこの発明をコミニュケ―ションに落とし込む際に、「電気自動車のまったく新しいカタチ」と定義したことが、日産としてのチャレンジであると語りました。お客さまは充電を気にすることなく電気自動車の特徴的な走りと高い経済性を享受できる点、更に、e-POWER Xグレードは、200万円を下回る価格で、多くの方々の手に届きやすい設定である、ということから、今までどおりの給油するクルマの使い方で、「電気自動車のまったく新しいカタチ」を体感いただけると説明。

「e-POWER」開発の経緯

「インテリジェント パワー」の考え方を具現化した新たな電動パワートレイン

日産では、自動車の普及により生じた環境問題・社会問題(エネルギー、温暖化、交通渋滞、交通事故)への取り組みとして、車両の電動化と知能化を推し進めています。更なる運転の楽しさを追求すると同時に、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走るのか、そして社会とどのようにつながっていくのかという3つの領域についての考え方を明確化した「ニッサン インテリジェント モビリティ」に基づく商品開発を行っており、「e-POWER」はその中の「インテリジェント パワー」の考え方を具現化した、まったく新たな電動パワートレインです。

モーター駆動が持つ走りの楽しさを多くの人に伝えたい

車両の電動化にいち早く着目し取り組んできた日産では、モーター駆動が持つ走りの楽しさを多くの人に伝えたいという思いから、1990年代から基礎研究を続けてきました。今回実用化した「e-POWER」の構想は、2006年頃、「日産リーフ」の開発と並行して議論が始まりました。
ここでキーになったのが、日産のエネルギーマネジメント技術です。バッテリーの量を競合他社のハイブリッドと同等程度に少なくしても、EVらしさ、すなわちモーター駆動のもつ走りの良さや静粛性を失わず、かつ、エンジンの作動を乗員が気づかないレベルとし、いかにエネルギーを効率的に使うかをポイントに研究を重ねてきました。これに加え、コンパクトカーに搭載できるように発電エンジンと駆動モーターの一体化を図るとともに、パワートレインとしての剛性の強化、エンジン単品の音振特性の向上、そしてモーター制御技術などといった日産の技術力の積算と「日産リーフ」の実用化がブレークスルーとなり、今回の「e-POWER」誕生およびコンパクトセグメントへの搭載に繋がりました。
 (56906)

日産では、車両の電動化をすすめるにあたり、様々なマーケットのニーズに応えるため、多様な燃料に対応する電動パワートレインの開発を行っています。今回の「e-POWER」は、日産の電動パワートレインのラインアップを補完・強化するものです。日産ではこのほか、SOFC(Solid Oxide Fuel Cell, 固体酸化物型燃料電池)や水素燃料電池車の研究開発も行っており、今後も様々なエリア、ニーズをカバーするEVを投入し、EVの普及拡大を進めていくとしています。

日産のおえらいさんも太鼓判!技術の日産の面目躍如

日産ならではの新たな電動化技術

日産自動車の共同最高経営責任者の西川廣人氏は、「我々、技術の日産が自信をもって皆様に「NOTE e-POWER」をご提案します。これまで培ってきた電気自動車の技術を駆使した、日産ならではの新たな電動化技術のご提案です。昨今、技術革新のニュースが流れていますが、自動車屋としては、お客さまにお求めしていただきやすい金額でご提供することが使命ですので、プロパイロットに続く「NOTE e-POWER」を是非お楽しみいただきたいと思います。これを契機に日本マーケットでの日産の存在感を徐々に上げて参ります。下期の日産にご期待いただければと思います」と語りました。
 (56905)

「NOTE e-POWER」は電気自動車の新しいカタチ

日産自動車の専務執行役員 星野朝子氏は「日産自動車は10年かけてこの新しい新世代パワートレインを開発してきました。このパワートレインは発明であり、業界におけるエポックなのだと思っています。本日満を持して、皆様にお披露目できることを、大変嬉しく思います」と喜びのコメントをしました。そして「NOTE e-POWER」を「電気自動車の新しいカタチ」であると力強く話し、「アクセルペダルをひと踏みするだけで、お客様はその魅力にとりこになることでしょう」と語りました。また、「NOTEがe-POWERを搭載する最初の車種となったのは、少しでも多くのお客様にこの最先端の技術を見て、乗って、感じていただきたいから」とその想いを語りました。最後に「コンパクトカーの概念をこの新型パワートレインが覆すと確信しております。百聞は一見にしかずですので、ぜひこの走りを体験していただきたい」と呼びかけました。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日産リーフとBMW i3ならどっちが買い?EVの人気車を比較

日産リーフとBMW i3ならどっちが買い?EVの人気車を比較

世界にEV車を普及させる一役を担った日産 リーフとリーフ1強のEV市場に一石を投じたBMWのi3。それぞれの持つ特徴を比較しながら、どんなユーザーにオススメできるのかを解説いたします。
goo自動車&バイク | 4,006 views
エコカー対決!ハイブリッドカーVS電気自動車比較まとめ

エコカー対決!ハイブリッドカーVS電気自動車比較まとめ

一昔前まではエコカーといえばとても先進的なイメージで敷居も若干高く感じたものでした。しかしながら最近ではエコカーの存在が加速的に大きくなり、ノーマルガソリン車の存在を脅かすところまで来ています。今回はハイブリッドカーと電気自動車の現状について比較してみたいと思います。
goo自動車&バイク | 2,701 views
燃費が良い車は?人気コンパクトカーの燃費を調査

燃費が良い車は?人気コンパクトカーの燃費を調査

車両価格が安価で、取り回しが良いことから軽自動車に次いで人気の高いコンパクトカー。ユーザーの使用用途と好みに応えるべくバリエーションが豊富なことも特徴ですが、カタログ燃費と実燃費の差が少ないことも注目すべきポイントです。今回は、省燃費性能に優れるモデルをピックアップしていきます!
goo自動車&バイク | 5,102 views
ホンダフィット VS 日産ノート 子育て世代向けコンパクトカー比較!

ホンダフィット VS 日産ノート 子育て世代向けコンパクトカー比較!

かたやハイブリッド、かたやダウンサイジング+過給と同じコンパクトカーでも燃費低減に異なるアプローチをしている両車。夏にもノートにはハイブリッドが加わるという噂もありますが、現状での比較をしてみます。
goo自動車&バイク | 4,993 views
日産で新車を買うなら!おすすめの最新モデル一覧

日産で新車を買うなら!おすすめの最新モデル一覧

日産好きもそうでない人も必見!今買いたいおすすめの最新モデルを3車種ご紹介します。いま旬の車をチョイスしました。あなたはどの車種がお気に入りですか?
goo自動車&バイク | 1,964 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク編集部 goo自動車&バイク編集部