2016年6月9日 更新

ロボットタクシーってなに?新技術に注目が集まる!

2016年、ついに試験運転が開始される予定の「ロボットタクシー」。自動運転のクルマに世界中の注目が集まる今日この頃ですが、「タクシー」という公共性があるものから始めようとするのが日本らしいですよね。未来の日本社会の助けになるのか、そもそも実現可能なのか?さっそく見ていきましょう。

978 views

ロボットタクシーとは

自動運転タクシーの実現を目指す株式会社ロボットタクシーは、DeNAとZMP(ロボットメーカー)の合弁会社。2016年には、神奈川県藤沢市で50名のモニターによる試験運転を開始し、住宅地とショッピングセンターを結ぶ約3kmの往復を予定しています。

ロボットタクシーとして使われる自動車は、トヨタのエスティマハイブリッドを新車購入後、自動運転用にしたものです。環境に優しいこのロボットタクシーには、周辺確認をするカメラや各種センサー、そしてGPS等が搭載されています。

後にご説明しますが、法律の関係で「完全なる無人自動車」は現在不可能です。したがって、モニターだけではなく、ロボットタクシーの社員が同乗することになります。同じような自動運転試験は、名古屋市や仙台市でも予定されています。
 (1907)

なぜロボットタクシーが良いのか

ロボットタクシーの目標は、地方創生や地方都市の競争力をつけること。路面電車やバスの路線が廃止されてしまった地域で活躍する予定です。また、地方の町では高齢化が進む一方です。ロボットタクシーは介護施設や病院を巡回するタクシーとしても利用価値が高いです。もちろん障害者対応で配慮が行き届いています。さらに、多言語対応にすることで海外からの観光客にも対応し、日本の最新技術を世界にアピールするそうです。これは経済効果がありそうですね。絶好の機会は2020年の東京オリンピック。株式会社ロボットタクシーは、それまでに3000台のロボットタクシーを普及させることを目標としています。ちなみにロボットタクシーは新車状態から10年は利用可能と見積もられています。
gettyimages (1913)

ロボットタクシーはどのレベルまで実現可能か

現在日本では、自動車には運転者(人間)がいる必要があります。これは、1949年の国際連合ジュネーブ交通条約に日本が加盟しているため。政府は、自動運転自動車の実現を目指すため、この条約の改正に「貢献してゆく」と発表しています。しかし条約改正には時間がかかるものです。完全なる「無人のロボットタクシー」を実現するのは2025年以降と見られています。「2020年の東京オリンピックではどうするの?」と思われるかもしれません。この時点では、「ロボットタクシーが自動運転を解除した際には人間の運転手が責任を負う」レベルで実現することが目標です。しかし、自動運転と手動運転の切り替えが必要な自動車よりも、実際は完全な「無人ロボットタクシー」の方がシンプルな機能で済むとのことです。条約改正が早く実現すると良いですね。
thinkstock (1903)
ロボットタクシーは高齢化の進む日本社会に適したサービスと言えるでしょう。また、いち早くロボットタクシーを取り入れた自治体は「住みやすいまち」として確かに活性化するかもしれませんが、それにはタクシー料金の引き下げが必須です。コストの低い完全無人のロボットタクシーが早く実現することを願います。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

シンガポールで自動運転タクシーの試験サービスが開始

シンガポールで自動運転タクシーの試験サービスが開始

米国のヌートノミー(Nutonomy)は、シンガポール政府の認可を得て、世界で初めての一般向け自動運転タクシーの試験サービスをシンガポールで開始しました。ここではその概要をご紹介します。
goo自動車&バイク | 503 views
グーグル、フォード、Uberら5社が自動運転の連合結成!

グーグル、フォード、Uberら5社が自動運転の連合結成!

近年、自動運転に注目が集まっています。運転せずに仕事場まで行くことができたら、あなたは車の中で何をしますか?朝食を取る?化粧をする?ヒゲを剃る?はたまた、どこかの映画で見たようにワイパーの水を使って歯磨きなんて…。色々想像が沸きますね。そんな話題の自動運転ですが、グーグル、フォード、ウーバーなど5社が自動運転の連合を結成したことはご存じでしょうか?その連合について詳しく見てみましょう。
goo自動車&バイク | 679 views
日産の自動運転技術は本当に安全? 事故の可能性は?

日産の自動運転技術は本当に安全? 事故の可能性は?

日産の最先端の自動運転技術をご紹介します。高性能センサーを搭載した自動運転システムのすごさが発揮される日産の最新技術とは?セレナだけでなく、エクストレイルや来年には新型リーフにも搭載予定の「プロパイロット」についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 6,395 views
自動運転機能のついたクルマを「利用したい」人は7割

自動運転機能のついたクルマを「利用したい」人は7割

パーク24は、毎月9日に、クルマ生活に関するアンケートの調査結果を発表しています。今月の「自動運転車」についてのアンケート結果詳細は以下の通りです。
goo自動車&バイク編集部 | 3,526 views
自動運転の世界をにぎわす「ZMP」ってどんな会社?

自動運転の世界をにぎわす「ZMP」ってどんな会社?

自動車のさらなる段階へ。近年自動車業界において開発が急がれているのが、自動運転です。日本では東京オリンピックに向けてその開発が推し進められています。そんな中知っておきたいのが「ZMP」。ZMPはそもそもどんな会社なのか、どのような技術が注目を集めるのかご紹介します。
goo自動車&バイク | 774 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク