2016年8月25日 更新

トヨタ、86をマイナーチェンジ 鍛え直した「走りの味」

2012年にデビューをしたトヨタ86。兄弟車スバルBRZとともにマイナーチェンジを加えました。2年前、2014年にも小変更を加えており、その際、フロントのショックとショックタワーの結合ボルトの形状見直しをするという細かな走りの質の向上を行いましたが、今回はボディ形状も変わります。

3,036 views

エンジンはパワーアップ

スバル製の水平対向4気筒2リッターエンジンは、吸排気の改良を加え、従来200PSが207PSと7PSアップ、トルクは、21.6kgf/mと20.7kgf/mへアップしています(マニュアルのみ)。また最大トルクの発生回転域が、6,400~6,800となっており、従来の6,400~6,600回転から200回転高められています。最大トルクの発生域と最高出力の発生回転が近いので、より高回転で谷のない加速が味わえそうです。最大トルク発生までの過渡域である中速域もトルクを増強しており、加速する際、ドライバーの意志に合うように自然な加速ができるようになりました。それとともにファイナルギアも変更し、スポーツカーらしい加速を手に入れています。
 (52065)

足回りの見直し

足回りは、前回のマイナーチェンジ時にボディとフロントショック結合部のボルトを見直すという、非常に細かい見直しを行い、走りの質感を高めてきました。フロントは幅の広い水平対向エンジンを搭載するために、ショックとスプリングが同一線上に近い状態になってしまいます。このウィークポイントが、コーナーリング時にGがかかった状態のサスペンションの動きの悪さに繋がったり、ストラット自体がインプレッサからの流用ということでフロントにドライブシャフトが通るスペースがあり、FR車としてはストロークが少なかったりという、ネガにつながっていました。これはもちろん限界領域での話ですが…。構造上、その根本的なネガをッ完全に消すことはできませんが、可能な限りフリクションの低減に努め、リアスタビライザーを強化し、自然なフィーリングを手に入れるために進化しました。また、オプションでザックス製のダンパーを選択できるようになりました。
 (52068)

ボディデザイン、構造を見直し

サスペンションの見直しと併せて、ボディも強化されています。ドア回りの開口部にスポット溶接の打点を追加、リアラゲッジ上面パネルの板厚を増し、ボディ剛性を強化しています。外観でもフロントバンパー開口部は下方へ伸び、開口部も大きくなりました。また左右の開口部はカナード状のフィンが配され、より空力を意識したデザインになりました。同時に前後灯火類は、LED化され、より先進性を感じさせるものになっています。リア回りは、バンパーにディフューザーと連なるようなキャラクターラインが追加され、低重心を視覚的にアピール、GT“Limited”には、翼端板のあるウィングタイプのリアスポイラーを装備します。
 (52071)

電子デヴァイスも進化

スピンなど大きな挙動変化を回避するためにドライバーをアシストするVSC(ヴィークル・スタビリティ・コントロール)も、86に合わせて進化。サーキットなどでドライバーがコントロールできる領域を増したモードの設定変更と、さらに上のTRACKモードを追加しました。「TRACKモード」では、限界領域でも電子デヴァイスは極力介入せず、スピンなどを察知した場合のみその挙動を緩和させます。またMT車に限り、ブレーキLSD機能も切れる完全なOFFモードを追加しています。
 (52073)

インテリアは質感アップ

インテリアでは、従来もトヨタ車最小径だったハンドル径を365mmから362mmへと、さらに小径化し、微小舵角でのコントロール性を増すとともに、真円ステアリングとして自然な操作感を得ています。最高出力発生回転の7000回転を真上にしたタコメーターを中央に配した3眼メーターなど、スポーツカーらしいインパネに、4.2インチTFT液晶を組み合わせています。GT"Limited"はインパネやドアトリムに人工スエードとなるグランリュクス地、シート表皮にはアルカンターラを採用し、質感を高めています。
 (52077)

走りの質感だけでなく、内装のクオリティも高めた86。マツダロードスターと並んで、日本の入門スポーツカーとして長く続いてほしい車です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタのヴェルファイアはアルファードと並んで同社が提供するミニバンの最上級ランクに位置づけられている名車です。兄弟者として位置づけられているアルファードとはまた違ったデザインに魅力を覚えているユーザーも多いのではないでしょうか。ヴェルファイアはかっこいいだけではなく性能もしっかりしているため、極上のカーライフを演出してくれるでしょう。今回はヴェルファイアの中古車価格の特徴についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 249 views
高級ミニバンの雄!中古で買うアルファードの中古価格とおすすめモデル

高級ミニバンの雄!中古で買うアルファードの中古価格とおすすめモデル

トヨタのミニバンの中でも最上ランクに位置する車両が2002年から販売されているアルファードです。アルファードは走行性能と静音性、独特の高級感が特徴です。加えて、定員が多いことからファミリーカーとしても人気が高く、万人に愛される親しみやすさも持っています。今日ではアルファードの人気は不動のものとなっており、憧れを抱いているユーザーの方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回は2代目および3代目のアルファードの魅力と中古価格について解説します。
goo自動車&バイク | 868 views
根強い人気のトヨタ ハイエース。中古車価格と選び方は?

根強い人気のトヨタ ハイエース。中古車価格と選び方は?

トヨタ ハイエースは積載能力の高さと使いやすさで大人気で、とにかく実用的な車が欲しい方におすすめです。さらに、ハイエースは耐久性が高く、数万kmでは全く走りに影響が出ません。今回はハイエースの魅力と性能、そして中古車市場での選び方などを紹介します。
goo自動車&バイク | 1,478 views
トヨタの人気「高級ミニバン」おすすめ中古車種4選

トヨタの人気「高級ミニバン」おすすめ中古車種4選

大人数が乗れる車を買いたいとお考えの方には、高級ミニバンはいかがでしょうか?高級ミニバンなら8人乗れる車もありますし、日常の中で使える走行性能を備えています。何より高級と名前がついている通り、普通のミニバンとはラグジュアリー感が違います。今回は高級ミニバンの中から人気の高い4車種を選んで紹介します。どの車も高い人気に見合うだけの性能を持っているため、おすすめですよ。
goo自動車&バイク | 3,510 views
人気SUVを「150万円以下」で安く買う!おすすめ中古車種5選

人気SUVを「150万円以下」で安く買う!おすすめ中古車種5選

アウトドアの人気によってSUVの人気も高まっています。悪路やアクティブな場所、スポーツにも重宝するSUVは若年者からご年配の方まで幅広いユーザーからの支持を得ています。しかし走行性能、社内空間、見た目のカッコよさと3拍子そろっているSUVですが新車価格はそれなりです。価格でお悩みの方へおすすめなのが中古車です。今回は150万円以下で購入できるおすすめのSUV中古車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 4,533 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク