2017年10月3日 更新

日本で進化を遂げた!?おすすめの7人乗りスライドドア中古車厳選5車種

日本で人気の7人乗りスライドドア。その中でも手の届きやすい中古車を厳選して5車種紹介します。実はこの車、日本で進化を遂げたという説も……。

2,060 views

日本で進化を遂げた7人乗りのスライドドア車の魅力とは?

thinkstock (66282)
子どもが生まれたり、パパやママの両親と同居することになったり。家族が増えるタイミングで、車の乗り替えを検討する人も多いですね。3世代家族ともなると、ある程度大きな車が必要になってきます。そんな中で注目を集めているのが、7人乗りでスライドドア付のミニバンです。小さい子どもやお年寄りが楽に安全に乗り降りでき、たっぷりとした荷室や収納スペースが確保され、デイリーユースからレジャーまで多彩なシーンで活躍できる、三拍子がそろったミニバンはファミリーカーの定番になっています。そんな大人気のミニバンなので自動車各社はこぞってラインナップを展開。そこでうまれた贅沢な悩みが、どれを買おうか迷うという悩みです。あまりにさまざまな車種が出ているので、どれがよいのか迷ってしまっている方必見、おすすめの7人乗りのスライドドアの車をご紹介します。

本当におすすめの7人乗りスライドドア中古車5選

今回は、中古車市場で人気のある、7人乗りスライドドア車をご紹介します。家族の車選びの参考にしてください。

シエンタ(トヨタ)

コンパクトな5ナンバーサイズで7人乗り、スライドドアを持つミニバンです。ドア部分を含めて床面が低く設計されているので、子どももお年寄りも乗り降りがしやすくなっています。従来の四角い箱型というミニバンの概念を打ち破るスポーティなデザインと、機能性・質感を両立させたインテリアが特徴です。競合車種と比べるとかなりコンパクトですが、薄型の燃料タンク設計により、荷室の床が低く3列目でもゆとりがあります。シート幅がある上にアレンジも自由自在なので、家族で乗るにはぴったり。5人乗りで使う時は、後部に荷物をたくさん載せられます。
 (66272)

ノア(トヨタ)

ファミリー向けミニバンとして、幅広い世代から人気のあるノア。シンプルで飾らないかっこよさは、女性からの支持も多い車です。3列シート7人/8人乗りの5ナンバーサイズが基本。家族がゆったり過ごせるよう確保された広々とした空間と、見晴らしのよいキャビンの圧倒的な開放感は、ノアならではの魅力です。ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー付)を装備し、乗り降りもラクラク。走行燃費は、JC08モード16.0km/L(アイドリングストップ機能付2WD車)を達成しており、ミニバンとしてはよい数値と言ってよいでしょう。
 (66274)

セレナ(日産)

5ナンバーサイズのミディアムクラスのミニバンです。2016年のフルモデルチェンジで、前モデルより室内長が180mm広くなり、車に触れずに開閉が可能な「ハンズフリースライドドア」や、2通りの開き方ができる「デュアルバックドア」が装備されています。また、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用。高速道路などの自動車専用道路で、ドライバーが設定した車速(約30〜100km/h)を上限に、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御したり、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援したりなど、ドライバーの運転をサポートする機能が搭載されています。車内では、2列目シートの中央座席を前席の間までスライドさせて収納スペースを作れるなど、多彩なシートアレンジを活用できるので、子育て世代に最適です。
 (66276)

オデッセイ(ホンダ)

3列すべてが広く快適。上質な室内空間と高い走行性能を備えた、上級ミニバンです。四角いフォルムにせず、流麗で力強いラインを追求している個性的なデザイン。リアにスライドドアを採用し、天井高を上げるだけではなく、床面高を下げる超底床プラットフォームを構築しています。2列目シートには、シートバックを倒すと連動してシートクッションが最適な角度に持ち上がる新機構を持ち、3列目シートは3分割リクライニングが可能なので、肩を触れ合うことなく3名がゆったりと座れるようになっています。大人数での乗車時の居住性、快適性をとことん追求した車なので、大家族で長距離を移動するのにもぴったりです。
 (66278)

ビアンテ(マツダ)

中型トールタイプのミニバン、ビアンテは、全高1835mm(FF車)に開口部の広い両側スライドドアを採用しています。室内空間は、クラス最長の室内長及び室内幅を確保。スライドドアから車内中央に荷物を積むことができるなど、独自の使い勝手のよさを追求しています。大きな荷物を楽に積み下ろしできるので、女性は重宝するでしょう。また、2列目シートはアレンジも自由自在。フル乗車する時には、広く使えるので便利です。
 (66280)

まとめ

子どものいるファミリーは、何かと出費がかさむもの。車は必要だけど、あまりお金をかけられないという事情もあるでしょう。そこで、安く買えて、しかも家族が安全に乗れる中古車を検討することになりますが、7人乗りスライドドア車でも、50〜100万円で問題なく乗れるミニバンやSUVが手に入ります。7人乗りのミニバンは新車価格も高い傾向にあるので、中古車もある程度の価格はするのだろうと諦めている人には朗報ですね。ぜひ、諦めずにじっくり探してみてください。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハイブリッド車の乗り心地比較ランキング TOP6

ハイブリッド車の乗り心地比較ランキング TOP6

乗り心地の良いハイブリッド車はどれ? 長時間のドライブでも疲れないハイブリッド車を、ライターが独自の視点でピックアップ。中でも乗り心地にこだわった6台を、ランキング形式でご紹介します。
goo自動車&バイク | 32,790 views
たくさん乗れれば楽しみ倍増!おすすめ8人乗り中古車5選

たくさん乗れれば楽しみ倍増!おすすめ8人乗り中古車5選

みんなでワイワイ8人乗り!大人数で乗れる中古車をリサーチしました。ファミリーカーにもぴったりなハイブリッド仕様車をはじめ、おすすめの8人乗り中古車を厳選してご紹介します。
goo自動車&バイク | 3,271 views
車の乗り換え・買い替え時期はいつ頃が得?

車の乗り換え・買い替え時期はいつ頃が得?

中古車を乗り換えるとしたら何年で買い替えるのがお得なのでしょうか。乗り換える時、ローンの残債をどうすればいいかというのも気になるポイントですね。車の乗り換え・買い替え時期やお得な乗り換え方法を伝授します。
goo自動車&バイク | 9,127 views
車は乗り潰しと買い替え、どっちがお得?

車は乗り潰しと買い替え、どっちがお得?

車の市場価値の目安と言われる5年5万km・10年10万kmが見えてきた時や大きな事故を起こした時など、車の乗り換えを考えるタイミングは様々あります。そんな時に思うのが、この車を限界まで乗り潰すのと新しい車に買い替えるのでは、どちらがお得なのかということではないでしょうか。今回はそんな疑問に答えるべく、それぞれのメリットデメリットを調査しました。判断の目安も紹介するので参考にしてみて下さい。
goo自動車&バイク | 4,060 views
激安中古車は買っても大丈夫? 注意したいポイントは

激安中古車は買っても大丈夫? 注意したいポイントは

激安・格安の中古車情報を探したいと思っても、すぐ壊れる車では困りますよね。特に激安の外車(輸入車)には要注意。買った直後にトラブルに見舞われることも……。納車後に泣き寝入りしないために、購入前に押さえておきたいチェックポイントをお伝えします。
goo自動車&バイク | 4,331 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク