2019年1月19日 更新

【東京オートサロン2019】新型車が続々登場

話題の「東京オートサロン2019」が1月11日から13日の3日間、千葉市の幕張メッセで開催されました。新型車に、新技術に、来場者のテンションが上がり続けた3日間。毎年、新型車がどのようにカスタムされてくるかなど非常に注目の高いイベントです。今回の記事では東京オートサロンに登場した新型車についてお届けします

1,557 views

1.「ジムニー・シエラ」のピックアップスタイルがお目見え

ジムニーシエラ

スズキのブースでは、昨年夏に登場した4代目ジムニー系が展開されました。「ジムニー・シエラ」をベースにした参考出品車は中でも注目を集めました。車室後部のショルダーラインから上をカットし、キングキャブ仕様のピックアップにアレンジ。展示車の中でも、とくに輝きを放っていました。

「ジムニー・シエラ」スズキの軽自動車兼オフロード四輪駆動車・ジムニーの派生モデルとして2002年に登場。ジムニーが軽自動車であるのに対し、ジムニーシエラは普通自動車です。新型の「ジムニー・シエラ」は、頑丈な梯子型のフレームにサスペンションなどを取り付け、その上に車体を載せる、本格4WDの伝統を受け継ぐ「ラダーフレーム構造」を更に頑丈にしました。また、電子制御ブレーキLSDトラクションコントロールを標準装備。空転した車輪にだけブレーキを作動させ、エンジンのトルクは落としません。

「PICK UP STYLE(ピックアップスタイル)」は、リフトアップして本格的の4WDの性能を持たせつつ、荷台を設けてライフスタイルを豊かに過ごせるよう配慮。アウトドアなどのアクティブなライフスタイルを実践したい人が、荒れた路面でも安心して走れるようカスタマイズされています。

「ジムニー」はこのほか、R31ハウスに全高3メートルほどの、大きなタイヤを装着したビックフット仕様のジムニーも出展されていました。タイヤは1本あたり200キロの重さ。追加フレームを作り、大型トラクター用のものを装着した、インパクトのあるカスタムカーでした。

2.スタイリッシュさをアピールしたモノトーンのメルセデスベンツ

モノトーンのメルセデスベンツ

メルセデス・ベンツ日本は、漆黒のボディカラーの「MERCEDES-AMG GT(NO.65 LEON CVSTOS AMG)」、ダイヤモンドホワイトのボディカラーの「MERCEDES-AMG GT 63 S 4MATIC+。」、2台のAMGを出展しました。

「MERCEDES-AMG GT(NO.65 LEON CVSTOS AMG)」は、SUPER GTシリーズのGT300クラスで2018年のスーパーGT GT300クラスで、最終戦ツインリンクもてぎで優勝を飾り、劇的なチャンピオン獲得を果たした代物です。
AMG『GT』(Mercedes-AMG GT)シリーズは、外観は、メルセデスAMG「GT 4ドアクーペ」と同様のLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。リアバンパーは新デザインとなり、ブラックのディフューザーインサートが特徴です。2つのラウンドツインテールパイプを採用し、ソフトブラックの新デザインアルミホイールが標準装備しとなっています。

インテリアには、最新のデジタルコクピットを採用。トランスミッション、シャシー、ESP、排気システム、リアスポイラー、スタート&ストップ機能のディスプレイが、ステアリングホイールに統合されています。

「MERCEDES-AMG GT 63 S 4MATIC+。」はニュルブルクリンクの北コースで7分25秒台を記録して世界最速の量産4シーターとして認定された、参考出展車です。パワートレーンは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。最大出力は639hp/5500~6500rpm、最大トルクは91.8kgm/2500~4500rpm。駆動方式は4WD。0~100km/h加速3.2秒、最高速315km/hの動力性能を実現しています。

3.会場にロボットも!レーシング合体ロボ「神眼」登場

 (73523)

会場内に立はばかる「神眼(SHIN-GAN)」。無限のマークとして知られる「目玉」にちなみ「神眼」とネーミングされたこのロボットは、マン島TTレースに参戦する電動バイク「神電」や今季チャンピオンを獲得したスーパーフォーミュラなどのパーツを組み合わせて作られています。顔にはバイクのカウル、胸にはスーパーフォーミュラのノーズとウイングを使用。ホイールやブレーキ、サスペンション、エキゾーストなどのレーシングパーツも使って、人間の形に仕上げているのです。大人だけでなく、子どもたちの目にもとまり、大人気でした。

ほかにもSUVの試乗や4WD車で急坂を上る体験イベントなども開催。「東京オートサロン2019」は盛況のうちに幕を閉じました。来年の開催は2020年1月10日(金)~1月12日(日)の予定となっています。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【東京オートサロン2019】唯一無二の個性が輝く「新型デリカD:5」登場!

【東京オートサロン2019】唯一無二の個性が輝く「新型デリカD:5」登場!

新型デリカD:5が東京オートサロン2019で発表されました。「デリカD:5」は、12年ぶりに発売された新型となった三菱のオールラウンドミニバンです。今までの「デリカ」とは一線を画したデザインとなっており、東京オートサロン2019でも注目を集めた車種となっています。今回は「新型デリカD:5」の様子をお届けします。
goo自動車&バイク | 1,057 views
新型ジムニーついに登場!初代~先代モデル(JB23)の中古車価格はどうなった?

新型ジムニーついに登場!初代~先代モデル(JB23)の中古車価格はどうなった?

数あるスズキ車の中でもジムニーの人気は特に高いと言われています。それを証明するかのように、2018年7月のジムニー4代目モデル発売の知らせは大きな反響を呼びました。新型ジムニーが発売されてから、歴代ジムニーの中古車価格はどう変わったのでしょうか。歴代モデル毎に掲載したいと思います。
goo自動車&バイク | 4,001 views
50~100万円で買えるセカンドカーにおすすめの中古車は?気になる維持費も

50~100万円で買えるセカンドカーにおすすめの中古車は?気になる維持費も

ファミリー向けのミニバン・ワンボックスやセダンを既に持っている方にとって、通勤や近所の買い物、子供の送迎用など、「ちょっとそこまで」のシチュエーションに便利なセカンドカーに最適で50万円~100万円で購入が可能な車を紹介します。
goo自動車&バイク | 9,743 views
スズキジムニーの実燃費レポート スズキのお店で試乗してみた

スズキジムニーの実燃費レポート スズキのお店で試乗してみた

ジープのラングラーと並び根強いファンの多いスズキのジムニー。そのオフロード走破性は大型の四輪オフロード車を超えるものがあります。シエラ、ランドベンチャー、ワイドなどジムニーの魅力を解説します。
goo自動車&バイク | 29,512 views
ジムニーファン必読!自分で簡単にできる改造方法一覧

ジムニーファン必読!自分で簡単にできる改造方法一覧

軽自動車の中で、いやむしろ、普通車を交えた世界中の車の中で、唯一無二の存在であるスズキ ジムニー。その走破性の高さと武骨なスタイリングから、世界中に多くのファンが存在しています。走りの面でも見た目の面でも改造が盛んなのも特徴ですが、今回はそんなジムニーの、簡単できる改造方法をご紹介します!
goo自動車&バイク | 5,746 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク