2018年11月18日 更新

雪道も山道も!アウトドア派が乗るべき、おすすめ車種5選!

オシャレな外装や広々とした室内空間をアピールする車が増えていますが、車の本来の魅力であるスピード感やパワフルさが光る車にも改めてスポットライトが当たっています。そんな車たちはアウトドアにぴったり!山道走行や雪道もOKな車を紹介します。

4,914 views

アウトドア・雪道にもってこいのSUV!

日本をはじめ世界各国でアウトドアブームが続いています。

そのため自動車メーカ各社はアウトドアにピッタリの車の開発を進めています。有名スポーツメーカーですら無視できないムーブメントとなっていて、価格も大きな幅があります。
 (72335)

SUVは「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略称で、アメリカで生まれたカテゴリーですが、セダンやミニバンほど定義がはっきりしていません。

しいて言えば、ロードクリアランスを比較的高く設定した、2BOXやステーションワゴンのうような荷室を持つ車体形状の車を言い、駆動方式は4WDにこだわりませんが、高い走破性を備える車を指します。

SUVは、高級スポーツカーメーカーが作るものから、大衆向けまで千差万別です。アウトドアブームとあいまってとても人気の高いカテゴリーですが、その分選択は迷ってしまいます。

中には、ハイブリッドやクリーンディーゼルエンジンを搭載したものまであり、エコカーとしてもその存在感を主張しています。

しかも、現代のSUVは街中でもとても快適に走行できるので、日常生活でもとても便利な存在です。平日は通勤に、休日はキャンピングなどのアウトドアにと1台で何役もこなす優れものです。

走破性の高い車種も多いため、雪道での走行にもおすすめです。

本記事では、雪道、山道とアウトドアにおすすめなSUVを5台ピックアップし紹介します。

スバル XV

 (72339)

まずはスバル「XV]の紹介です。

スバルXVは「Fun Adventure」をコンセプトに開発したクロスオーバーSUVです。

ボクサーエンジンが搭載されており、低燃費と爽快な加速レスポンスの実現が可能になりました。環境にも対応した車として脚光を浴びています。

ボクサーエンジンは、スバルが1966年に誕生させたエンジンとして、誕生以来、多くの人気車にも搭載されてきました。

登場してから50年という長きに渡る間、スバルの繁栄に貢献を果たしてきたといっても過言ではありません。時代の変化に合わせるかたちで、モーター性能を進化させるなどして、環境への配慮と走りの楽しさの両面からの要求に応えています。

もちろん、雪道やアウトドアにも最適です。

スバルXVは、アイサイト搭載車としても話題を集めています。

アイサイトとは、ステレオカメラで常に前方を監視するシステムです。車間距離の確保や前方障害物の察知など、安全運転を心掛けるドライバーにとっての強い味方です。

現行モデルのXVを中古で探す場合は、2017年式以降のモデルとなるため200万円前後~が相場となります。
とはいえ、修復歴もなく、走行距離の少ない中古車も多いため一度チェックしてみては如何でしょう。

日産 エクストレイル

 (72348)

続いては日産「エクストレイル」。

エクストレイルも雪道に強く、アウトドアにおすすめの車です。

ボディの上下移動も少なく、安定感が抜群です。少し勾配のきつい雪道でも、前輪がしっかりと路面をとらえれば後は四輪駆動でぐいぐいと登っていきます。雪道の不慣れな方にもおすすめしやすい車種と言えるでしょう。

廉価グレードである20Sを除くグレードには、高速道路単一車線での渋滞走行と長時間巡航走行時に、アクセル・ブレーキ・ステアリングを自動で制御する日産の自動運転技術「プロパイロット」が搭載できるようにもなっています。

中古車としてもプロパイロット搭載のもので200万円程度から検討可能、エクストレイル全体での中古車平均価格は173万円となっています。

レクサス RX

 (72353)

続いてはトヨタ発の高級ブランド、レクサスの「RX」の紹介です。

RXはグローバルに展開するレクサスの中核モデルとなるSUV。高級SUVとして君臨し、エントリーモデルからすでにラグジュアリーな空間を楽しむことができます。

2017年12月には「RX450hL」としてRX初の7人乗り仕様も登場しています。

7人乗りの選択が可能で、4WD(AWD)のためアウトドアにも非常におすすめですが、同グレードの場合は新車価格が7,690,000円と決して安くはありません。

中古車の場合、7人乗りは新しいモデルのためそもそもの在庫台数がなく、価格も700万円ほどとなるので、そこまで中古で検討するメリットはありません。
5人乗りのモデルで検討する場合は、現行モデル(2015年式~)で350万円前後から、先代モデル(2009年~2015年)であれば150万円程からでも検討可能となっています。

スズキ ハスラー

 (72358)

最後はスズキ「ハスラー」の紹介です。

軽自動車でありながら、雪道を走行するにはもってこいなのがハスラーです。

ワゴンRよりも2.5センチほど高めのドライバーズシートは、爽快感のある視界をつくってくれています。軽自動車であればその空間の狭さが予想されますが、ハスラーの後席は大人でもゆったりと足をの伸ばせるくらいの空間を確保し、犬がくつろぐにも十分なスペースがあります。

タイヤには大径のものを使用することで、雪国の人や、ウィンタースポーツ目的に使用したい人にも、快適な走りを提供してくれる車です。

また、インテリア・エクステリア共に、デザイン性に富んでいるため女性にもおすすめしたい1台といえます。

中古車価格も平均価格で122万円、2016年式以降で絞っても80万円程度から検討が可能なため是非ともチェックしてみて頂きたい車種となっています。

雪道の路面に負けない車選びと安全運転を!

雪道と言ってもその種類はさまざまです。

車のタイヤに磨かれてツルツルとなってしまったミラーバーン、日中気温が上昇しその後凍結することでできるアイスバーン、氷の膜におおわれて路面が黒く見えるブラックアイスバーン、雪が圧雪されてできる圧雪路などなど、一見走りやすそうな路面でもスリップする危険は大いにあります。

雪道を安全に移動したいのであれば、できれば四輪駆動(4WD・AWD)の車を選び、ブレーキの効きもしっかりと確認しておきましょう。

そして、ハンドル操作の感覚や視界の広さなど、実際に試乗して自分に合ったものを選んでいきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

維持費も安い?5ナンバーサイズのおすすめ中古車 7選!

維持費も安い?5ナンバーサイズのおすすめ中古車 7選!

コンパクトで走行や駐車がしやすい、燃費がいいなどの理由から日本では広く普及している5ナンバー。「5ナンバーだけでも種類が多すぎてどう選べばいいのか分からない…」という人も多いと思います。そこで今回は、5ナンバーと3ナンバーの違いから、おすすめの5ナンバー車種の中古車情報をボディタイプ別にご紹介します。
goo自動車&バイク | 3,837 views
独身男性にチェックして欲しいおすすめ車種5選&中古車情報【20代編】

独身男性にチェックして欲しいおすすめ車種5選&中古車情報【20代編】

18歳で運転免許を取得してはや数年。運転にも慣れて、そろそろ欲しかったあの車に乗り換えようかと考える。結婚はまだしていなくて、自分の趣味でクルマを選べる。多くの人に取って、20代はそんな時期ではないでしょうか?今回は20代独身男性に是非ともチェックして欲しいおすすめ車種をご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 4,040 views
ファミリーにおすすめしたい!一台ですべてを賄える中古車3選!

ファミリーにおすすめしたい!一台ですべてを賄える中古車3選!

2017年7月に発売されたMINI クロスオーバー は「これ一台ですべて賄えるMINI」だそうです。3ドアのMINIですべての要求に答えるのは無理がありますが、MINI クロスオーバーなら、MINIらしさを堪能でき、実用性もあります。それでは、MINI以外で「一台ですべてを賄えるクルマ」とはどのようなクルマになるのでしょうか?
goo自動車&バイク | 4,636 views
カワイイが大好き!欲張り女子にオススメしたいクルマ6選!

カワイイが大好き!欲張り女子にオススメしたいクルマ6選!

女性ドライバーの皆様は車を買うときのポイントに何に重きを置きますか?やっぱり「見た目!」「可愛さ!」という方も多いのでは無いでしょうか?この記事ではそんな女性にオススメできる車種を国産車、外車でそれぞれまとめて紹介します。
goo自動車&バイク | 2,577 views
アウトドアでも大活躍!スノーボード&スキー板が楽々入る車厳選6選!

アウトドアでも大活躍!スノーボード&スキー板が楽々入る車厳選6選!

雪道でも安定感ある走りで、ボードも楽に積める!そんなスノーボード&スキーに最適なおすすめの車を厳選しました。夏も冬も、アウトドアやスポーツシーンで能力を発揮してくれます!
goo自動車&バイク | 9,713 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク