2019年3月21日 更新

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴も恐くない

新生活の始まるこれからの季節、免許を取り立てや、普段運転してないペーパードライバーの方も車を運転することが増えることがあるかもしれません。今回はそんな方のために乗りやすい車をご紹介していきます。

17,944 views

運転しやすい車とは?

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
運転しやすい車の特徴は、一般的にはボンネットが短く・車体が小さく・小回りが利くといった条件が揃っている車だと言われています。

運転しやすい理由

運転しやすい車には、似たような理由があります。

前方の視界が見えやすく死角が少なく、長時間運転しても疲れにくく、車の車高が高く車幅やボンネットが短いなどの条件が挙げられます。
ボンネットが短ければ、車体の先端部が把握しやすく狭い道での幅寄せや、すれ違いなどでのハンドル操作が簡単にできますし、運転席からドライバーの視界がいいことも、車両感覚が掴みやすく運転がしやすいでしょう。

運転のしやすさにドライバーの身体のサイズと車のサイズも関係ある?

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
運転しやすさにはドライバーの身長やサイズが関係しているのではないかと考えた事はありませんか。
ドライバーの身長と選ぶ車のサイズによって、運転のしやすさは多少関係があります。

座席に座った状態で
「アクセルやクラッチに足が届かない」
「座っている状態で視界が狭くなっている」
「駐車する時など何となくでハンドル操作をしている」

などがあれば、身体が車のサイズに適してないと事故の原因になる事もあります。


しかし、車といっても大型トラックやバスなど自分の身長とサイズと比べても倍以上の大きの車などを運転している人も沢山います。

それを考えると、運転するドライバーの運転技術やセンスなど、他の面が関係しているのかもしれません。

おすすめ車10選

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
ハンドル操作がしやすく視界がいいなどの条件が揃っている車からお勧め車10選をセレクトしました。

トヨタでは、「ヴィッツ」「VOXY」「アクア」
ホンダでは「フリード」「フィット」「N-BOX」
スズキとダイハツでは「ワゴンR」「エブリィ」「タント」「ムーヴ」
が人気です。

お勧めのどの車も、視界・車高・車の大きさなどが丁度よく、運転が苦手だなと思っている女性や初心者、年配の方でも安心して運転する事ができます。

とはいえ、サイズの大小問わず車の幅や4隅を把握する自信がないという方も。今回セレクトした車はドライバーをアシストしてくれる装備が充実しています。「コーナーセンサー」や「クリアランスソナー」などを自由に組み合わせる事で、更に運転のしやすい車を作り上げることもできますので、最終的な車選びではこういった装備オプションのチェックも忘れないようにしましょう。

トヨタ ヴィッツ

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」118.2万円~207.7万円 
「乗車人数」5人
「寸法」全長3,945-3,975mm×全幅1,695mm×全高1,500-1,530mm

《セレクトポイント》
・ボンネットが短い
・視界がいい
・小回りが利く

トヨタのヴィッツは、車体がコンパクトで運転席からラゲッジルームまでの距離も離れていません。
エクステリアのフォルムは、丸みを帯びているので前方・左右・後方がとても確認しやすくなっています。

運転がしやすく狭い道でも問題なく走行できるので、社用車で使用される事も多いです。

トヨタ VOXY

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」251万円~328.6万円
「乗車人数」7人/8人
「寸法」全長4,695-4,710mm×全幅1,695-1,735mm×全高1,825-1,870mm

《セレクトポイント》
・ボンネットが短く低い
・視界がいい/調整できる
・視点が高い

トヨタのVOXYは、ミニバンのサイズになるのでボディのサイズは大きめですが、運転しやすい様に、室内のインパネの形状・フロントガラスなどが工夫され車のボンネットフードも座席から確認する事ができます。
はじめは戸惑うかもしれませんが、運転席からの視界も良好で、車幅、後方、前方の距離感もすぐに慣れることができると思います。

オプション設定で、ドライバーをアシストしてくれる装備も充実しているので運転が苦手な人でも扱いやすい車になっています。

トヨタ アクア

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」178.5万円~207.9万円
「乗車人数」5人
「寸法」全長4,050-4,060mm×全幅1,695-1,715mm×全高1,455-1,500mm

《セレクトポイント》
・視界がいい/調整ができる
・小回りが利く
・車両感覚が掴みやすい

ドライバーの負担を軽減してくれる機能が充実しているので、疲れにくくストレスがない運転ができます。
フロントシートは座面を長くしシートバックは高く、自分に合ったシート調整ができ視界良好です。

全長が短めでボディのサイズもコンパクトなため、運転席から4隅の感覚も掴みやすく、狭い路地やUターンをする時も不安を感じることは少ないでしょう。

スズキ ワゴンR

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」107.9万円~142.6万円
「乗車人数」4人
「寸法」全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,650mm

《セレクトポイント》
・視界がいい
・車庫入れ/縦列駐車しやすい
・車両感覚が掴みやすい

スズキのワゴンRは、初代から現行モデルまで変わりなく、とても運転のしやすい車です。
見晴らしのいいシートポジションで身長に関係なく視界は良好です。
運転の苦手な人や初心者でも、すぐに車両感覚を掴むことができ、狭い道でも問題なく走行できるでしょう。

スズキ エブリィ

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」104万円~146.9万円
「乗車人数」4人
「寸法」全長3,395mm×全幅1,800-1,910mm×全高2,430mm

《セレクトポイント》
・視点が高く視界がいい
・ボンネットが短い
・車庫入れ/小回りが利く

スズキのエブリィのボンネットはとても短く、誰でも前方左右の距離感を掴むことは容易いでしょう。また、運転席からの視界もよく、遠くまで見渡すことができるので、運転中の疲労軽減にもつながります。

軽自動車の運転しやすい車ランキングで、2018年に1位になっています。

ダイハツ タント

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」122万円~150.1万円
「乗車人数」4人
「寸法」全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,750mm

《セレクトポイント》
・視点が高く視界もいい
・車庫入れ/小回りが利く
・車両感覚が掴みやすい

タントは女性に人気の車です。
ボンネットが水平になっているため、運転席から車の先端部の確認がしやすく、また、ボディの形状が垂直に切り立ったデザインになっているので、左右の幅、後方の車両からの距離感も掴み易くなっています。
大きなフロントガラスと低いインパネが採用されているので前方の視界はとても良く、どんな道でも問題なく走行する事ができます。

ダイハツ ムーヴ

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」111.2万円~135万円
「乗車人数」4人
「寸法」全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mm

《セレクトポイント》
・視界がいい
・車庫入れ/小回りが利く
・車両感覚が掴みやすい

ダイハツのムーブは、運転が苦手な人でも、安心して運転ができる車です。
全長が短く、ボディも小さいので狭い道も問題なく走行する事ができます。

ホンダ フリード

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」188万円~265.6万円
「乗車人数」4人/6人
「寸法」全長4,265mm×全幅1,695mm×全高1,710-1,735mm

《セレクトポイント》
・視界がいい
・車両感覚が掴みやすい/ボンネットが短い
・視点が高い

ホンダのフリードは、5ナンバーサイズになるので、軽ワゴンよりもボディのサイズは大きくなりますが、ボンネットの長さが短いため、5ナンバーサイズを感じさせない見切りの良さを実感できると思います。リアウィンドウの面積が大きくなっており、後方視界もよく死角も少ないでしょう。

フリードの運転をサポートしてくれる機能も充実しているので、女性ドライバーでも楽に運転する事ができます。

ホンダ フィット

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」142.9万円~205.1万円
「乗車人数」5人
「寸法」全長3,990-4,045mm×全幅1,695mm×全高1,525-1,550mm

《セレクトポイント》
・視界がいい
・小回りが利く
・ボンネットが低い

ホンダのフィットは、コンパクトカーの種類の中でとても人気がある車です。

前方・後方どちらも視界が良く、車幅は丁度良いサイズになっているので外観から安心感をもって運転席へ座ることができます。

ホンダ N-BOX

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
「車体価格」138.6万円~157.6万円
「乗車人数」4人
「寸法」全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790-1,815mm

《セレクトポイント》
・視界がいい
・車庫入れ/小回りが利く
・車両感覚が掴みやすい

ホンダのN-BOXは車両感覚が掴みやすい形状で駐車状でも安心です。
フロントガラスの面積も大きく、更にアイポイントが高いので見晴らしは抜群です。

走行中に、歩行者を発見しやすく死角が少ないので見落とし防止にもなります。
車内の広さ、使いやすさも相まって人気の高いクルマです。

まとめ

運転しやすい車まとめ【2019年最新版】これで運転音痴...
運転のしやすい車を選ぶ事で、苦手だと思っていた運転が上手になったり運転する事が好きになる事もあります。

自分にあった車を見つけ、自信が無い所はドライバーをアシストしてくれる安全装備を追加で装備をして不安感を解消しましょう。きっと車でのお出かけが楽しくなりますよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【徹底解剖】スズキ エブリイワゴン歴代モデルの特徴・価格

【徹底解剖】スズキ エブリイワゴン歴代モデルの特徴・価格

スズキの軽自動車の中でも人気の高い「エブリイワゴン」。その中古価格の相場や気になる燃費などを、年式によって比べてみました。そしてメリットもまとめたので人気の秘密もわかるようになっています。「エブリイワゴン」を買おうかどうか迷っている方にはぴったりの内容にまとめたので是非ご覧ください。
goo自動車&バイク | 4,851 views
ダイハツのミライースの中古価格と特徴【車初心者におすすめ】

ダイハツのミライースの中古価格と特徴【車初心者におすすめ】

低価格と低燃費としても知られるダイハツのミライースは、定番カラーもありますがポップなカラーが目を引く軽自動車です。乗り心地や走りの心地良さなどの評判も高いミライースですが、どのような魅力があるのでしょうか?気になる中古価格と合わせてミライースの特徴を詳しく解説していきます。
goo自動車&バイク | 1,174 views
ガソリンスタンドでの洗車とセルフ洗車【一体どっちの方がいいの?】

ガソリンスタンドでの洗車とセルフ洗車【一体どっちの方がいいの?】

みなさんは、月にどれほどの頻度で洗車を行うでしょうか。そもそも洗車をしない方もいるかと思います。この記事では、知っておくべき洗車のタイミングやガソリンスタンド・セルフの洗車の違いについて説明します。洗車を上手に行い、車をきれいに保ちましょう。
goo自動車&バイク | 14,639 views
ポルシェ918スパイダーの特徴は?価格・モデルなど解説

ポルシェ918スパイダーの特徴は?価格・モデルなど解説

2010年に登場した人気のオープンカー「ポルシェ918スパイダー」。洗練されたデザインと4つの走行モードを備えた性能の高さを誇り、圧倒的なスピードでスポーツカーの王道を快走するポルシェ918スパイダーの特徴を詳しく紹介。「1億円のハイブリッド車」ともいわれる最高級ポルシェの魅力に迫ります!
goo自動車&バイク | 2,806 views
あおり運転で逮捕者が続出中【遭わない・やらないための心構え】

あおり運転で逮捕者が続出中【遭わない・やらないための心構え】

近年ではあおり運転による事故が多く、死亡事故もあったことから社会問題にもなっています。 警察もあおり運転の摘発を強化していることから逮捕者も続出しており、2018年には1万件を超える摘発となりました。 あおり運転に遭わないために、また自分があおり運転を行わないようにするためにはどんなことを心掛けるべきなのでしょうか?
goo自動車&バイク | 12,447 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク