2016年6月5日 更新

テスラ「モデル3」に予約が殺到 人気の理由は?

価格も装いも高級車のイメージが強いテスラに廉価モデル「モデル3」が発表されました。予約が殺到している「モデル3」の魅力に迫ります。

1,189 views
今までテスラの電気自動車は、高額なため話題性はあっても身近な存在であるとは言えませんでした。それに対して新型のモデル3の登場は、より多くの一般の方が現実的に手が届く価格設定で、テスラが一気に身近な存在になりました。テスラのモデル3の登場によって、私達の車選びの基準が変わるかもしれません。テスラ モデル3の特徴と魅力に迫りました。

そもそもテスラって?

従来の自動車メーカーは、アメリカ、日本、ヨーロッパの各地に本拠地があることが多いです。近年ではガソリンエンジンを中心に、ダウンサイジングターボやクリーンディーゼルエンジン、電気自動車や水素自動車、ハイブリッド車の開発まで、ありとあらゆる動力機関の開発を行っています。さらにファミリーカーからスポーツカー、高級車まで幅広いラインナップの車種を自社で開発、製造するため、基本的には自前で開発機関から組み立て製造工場まで用意します。これが従来からある総合的な自動車メーカーの主流です。それに対して、テスラはアメリカのシリコンバレーに本拠地をおく、電気自動車と電気自動車の部品を製造している会社です。開発をシリコンバレーで行い、主要部品のモーターは台湾で生産。車体など、その他の車に必要な部品は協力メーカーから調達するという体制を取っています。そのため、従来の自動車メーカーとはまったくことなった、まるでIT企業や家電メーカーのようなシステムを車作りに持ち込んだベンチャー企業です。しかも生産する車は電気自動車のみ。テスラの登場で、自動車とIT・環境分野との融合がより一層進むかもしれません。
テスラモーターズ - Wikipedia (31596)

テスラ モデル3

2016年4月1日にテスラ モデル3の公開イベントがロサンゼルスにて行われました。従来のモデルS、モデルXとも異なる近未来的なフォルムは会場を沸かせ、世の中のテスラ3への関心度を一気に高めています。発表から1ヶ月を過ぎた時点での予約台数は全世界で25万台越え。その魅力はデザインだけでなく、価格・性能でも他のガソリン車に引けを取っていません。
 (41256)

テスラの他のモデルと比べてこんなに安い!

テスラの他のモデルは、日本円でおよそ1,000万円するモデルなどがあり、非常に高価です。それに対して、モデル3の価格は3万5,000ドル、日本円に換算すると、およそ390万円~400万円なため、その他の日本車やベンツやBMWのエントリーモデルと比較しても、十分に手が届く価格帯のモデルが登場したことになります。テスラ3の登場によって、かっこいい電気自動車に憧れはあったけど手が届かなくて諦めていたという人が、積極的にテスラの購入を考えるでしょう。もしかすると、プリウスなどの大人気ハイブリッド車の強力なライバルに、テスラ3の名前が挙がる日が来るかもしれません。
thinkstock (31589)

加速性能はスポーツカー並み

比較対象としてトヨタの人気スポーツカーである「86」を見てみましょう。「86」はNAのガソリンエンジンなため、エンジン回転の上昇とともに馬力とトルクが最大値まで高まっていく特性です。そのため、2ドアのスポーツカーではありますが、最初の加速の立ち上がりでは電気モーターに比べて不利な部分があるかもしれません。「86」の0-100km/hの加速はトヨタの公開している数値で6.8秒です。それに対して、大人5人が乗れる4ドアセダンのテスラ3ですが、ガソリンエンジンとは違い、瞬時にMAXトルクが立ち上がる電気モーターで加速します。そのため、0-100km/hの加速はなんと6秒を切ってしまうという快速ぶりです。これを見ても、従来のガソリンエンジンのスポーツカーと比較して、たとえ4ドアセダンであっても、電気モーターで瞬時に加速するテスラ3の加速性能は、スポーツカー並みということが分かっていただけたと思います。
 (41257)

ゆくゆくは完全自動運転も可能になるかも!?

モデル3の大きな特徴は、自動運転技術が標準装備されたことです。核となる機能は3つで、車間距離や速度を設定することで前車を追従することが可能なオートパイロット。ウインカーを操作するだけで自動で車線変更をしてくれるオートレーンチェンジ。停止している自動車と自動車の間に駐車スペースを自動で見つけ、駐車可能と判断したら自動で縦列、直角駐車を行うオートパーク。ここまでの自動運転技術は他社でも見かけるものもあります。しかしテスラが凄いのは、自動運転のソフトウェアをスマホやPCのOSのようにアップデートすることが可能なこと。実際、モデル3はソフトウェアのアップデートが随時行われる予定です。発売直後のモデル3を買ったとしても、アップデートを繰り返すことで将来的には完全自動運転化される可能性もあるわけです。とても夢のある話ですよね。
gettyimages (31583)
いかがでしたか。いままでテスラが高性能でカッコいい電気自動車を作っているのを知っていても、価格が高すぎて手が出ないという方は多かったのではないでしょうか。しかし、テスラのモデル3の登場によって、従来の車購入の選択肢が大きく拡がったといえます。そう考えるとテスラ3の登場は、我々が考えているよりも大きなインパクトを与える出来事になるかもしれませんね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テスラ「モデルS」と飛行機がガチ競争!速いのはどっち?

テスラ「モデルS」と飛行機がガチ競争!速いのはどっち?

ここ最近、急激に知名度を上げてきたテスラ モデルS。電気自動車でありながら時速100キロまでわずか2.6秒と異次元の加速でテレビや雑誌でテスラ モデルSが多く取り上げられるようになりました。さて、そんなテスラ モデルSと異種格闘技戦として最高速度805キロのジェット機を競争させるどうなるでしょうか?
goo自動車&バイク | 580 views
スマホでリモート駐車が可能!テスラ モデルSの新機能・サモン

スマホでリモート駐車が可能!テスラ モデルSの新機能・サモン

スマホを使ったリモート駐車の機能を発表したテスラ。搭載されるモデルSは、2012年に発売されたモデルSです。リモート駐車の魅力と今後の展開とは?詳しく内容を確認してみましょう。
goo自動車&バイク | 352 views
テスラ「モデルX」のファルコンウィングがかっこいい

テスラ「モデルX」のファルコンウィングがかっこいい

テスラ モデルXを皆様はご存知でしょうか? タイトルにもあるとおり、その特徴といえばファルコンウィング。テスラは本国アメリカで大人気です。そんな話題沸騰中であるテスラのファルコンウィングを持つ新型SUV、いったいどのような車なのでしょうか? 今回はテスラ モデルXの魅力に迫っていきたいと思います。
goo自動車&バイク | 1,574 views
テスラCEO イーロン・マスクってどんな人?

テスラCEO イーロン・マスクってどんな人?

世界で今、最も注目されている電気自動車メーカーといっても過言でないテスラモーターズ。その経営者として絶大な実績と手腕を誇るイーロン・マスクの人物像と、テスラが目指す自動車社会のビジョンを見ていきましょう。
goo自動車&バイク | 1,140 views
テスラ モデルS試乗「テスラ乗ったらクルマ観変わった」【取材】

テスラ モデルS試乗「テスラ乗ったらクルマ観変わった」【取材】

「goo」を運営するNTTレゾナントでは、社内勉強会「レゾナント大学」を毎月開催しています。この勉強会の一環として、4月6日、テスラショールームの営業後の店舗でNTTグループ向けに試乗会を開いていただくことになりました。自動車&バイク担当としてはまたとないチャンス! ちゃっかり便乗して取材に行ってまいりました。
goo自動車&バイク編集部 | 13,882 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク