2016年10月31日 更新

コンパクトSUV 「レンジローバーイヴォーク」2017年モデルが発売

第二次世界大戦直後から、四輪駆動専門のメーカーとして先日惜しまれつつも生産を終了したディフェンダーなど多くの本格四輪駆動車を作ってきました。中でも高級四駆の代名詞、レンジローバーブランドも現在では、レンジローバーのほか、スポーツ、イヴォークと3車種を擁し、様々なニーズに応えています。

3,729 views

レンジローバーイヴォークとは

四輪駆動専門のメーカーとして、イギリス王室をはじめ、世界各国のVIPに愛用されてきたランドローバー・レンジローバー。イギリスでも貴族が自身の広大な領土の見回り時やハンティングなどの際、泥寧地などオフロードを走行するのに適しているということで、愛用されてきました。現在は、レンジローバーを頂点として、7人乗りのレンジローバー スポーツ、エントリーモデル、そして都市型のSUVとして今回ご紹介するレンジローバーイヴォークがラインナップされています。
レンジローバーイヴォーク オートバイオグラフィ(ランドローバー)2016年9月モデルのスペック・カタログ[10106001] | goo自動車&バイク (54575)

イヴォークの概要

イヴォークは兄貴分のレンジローバー、レンジローバースポーツとは異なり、FFをベースとしたエンジン横置きの四輪駆動。制御は、ハルデックスカップリングを使用し前輪の空転を察知、または発進時などはトルクを予め後輪に伝えておくという方式を採用。フォルクスワーゲンやボルボの四輪駆動が採用する方法ですが、燃費とトラクション性能の両立を図る効率的なシステムです。
イヴォークは、2009年に本国で、日本では2011年に販売が開始されました。高いロードクリアランスを確保しながらも全高は1,605~1,635mmと、SUVとしては低いルーフ。さらに、1,900mmの全幅からウィンドウエリアの、ワイド&ローを強調したシルエット、4,355mmの全長に対し、前後オーバーハングを切り詰めたSUVとしての性能と、スタイリッシュさを兼ね備えたモデルとして、発売直後から人気モデルとなりました。ボディは、5ドアと3ドアのクーペ、そしてSUVでありながら、コンバーチブルもラインナップに加えるなど、挑戦的なモデルとなっています。
日経プレスリリース (54576)

2017年モデルの変更点

2014年モデルで、当時世界最多段数を持つ(現在も横置きでは最多)トルコンATを採用してきたイヴォークですが、今回のモデルでは2L直4ターボ(240PS)のパワートレーン含めて変更はありません。本国では設定されているディーゼルもジャガーFペースの導入と併せて導入が期待されていましたが、残念ながら見送られました。機構的な変更点は、ステアリング操作のみで滑りやすい路面や下り坂でもトラクションを確保しながら、一定のスピードで進む、オールテレインプログレスコントロールシステムが追加装備されました。
日経プレスリリース (54577)

そのほかの変更点

エクステリアカラーに、シリコンシルバー、ファラロンブラック、カルバチアングレイ、アルバを追加して、全17色となりました。また新インテリアでは、10.2インチのタッチスクリーンインフォテイメントシステム、InControl Touch Proを採用しました。前衛的な装備となり、装備に磨きをかけてきました。ランドローバー社としては、史上最速で50万台の出荷台数を達成したイヴォーク。この魅力アップで、さらに上積みしそうです。
gettyimages (54125)

国内では保証も充実

外車で不安なのは、故障などのトラブルです。最近は信頼性も上がっているとはいえ、保証の充実は消費者にとっては歓迎すべきことです。ランドローバージャパンは、7月1日から新車登録から3年間走行距離60,000kmまでの保証修理、ロードサイドアシスタンス、2回の定期点検と一部の消耗品も含めた指定部品交換を無料で行う、ランドローバープレミアムケアを導入しています。これによりより輸入車が身近になり、イヴォークの購入に弾みがつくのではないでしょうか。
gettyimages (54128)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ランドローバー、新型ディスカバリースポーツを発表 忘れ物防止機能も?

ランドローバー、新型ディスカバリースポーツを発表 忘れ物防止機能も?

イギリスの名門クロスカントリーメーカー、ランドローバーから発売されたちょっと小さなSUVとして話題となったディスカバリースポーツ。そんなディスカバリースポーツに100台限定の特別仕様車が登場したようです。
goo自動車&バイク | 675 views
悪路も快適なローバー最新車の紹介!

悪路も快適なローバー最新車の紹介!

ランドローバーは、高性能SUV市場の第一線を常に走り続けてきたメーカー。ランドローバーの作るSUVは高級感だけでなく高い悪路走破性を持ち合わせており、他メーカーのSUVとは一線を画す濃い魅力を備えています。そんなランドローバーが販売する最新SUVの中から、おすすめの車種をピップアップしていきます。
goo自動車&バイク | 965 views
人気SUVを「150万円以下」で安く買う!おすすめ中古車種5選

人気SUVを「150万円以下」で安く買う!おすすめ中古車種5選

アウトドアの人気によってSUVの人気も高まっています。悪路やアクティブな場所、スポーツにも重宝するSUVは若年者からご年配の方まで幅広いユーザーからの支持を得ています。しかし走行性能、社内空間、見た目のカッコよさと3拍子そろっているSUVですが新車価格はそれなりです。価格でお悩みの方へおすすめなのが中古車です。今回は150万円以下で購入できるおすすめのSUV中古車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 6,140 views
理想の「四角い車」は中古SUVで見つかる!おすすめ車種4選

理想の「四角い車」は中古SUVで見つかる!おすすめ車種4選

車の購入にあたって「フォルム」は無視できない要素ではありませんか。気に入ったフォルムを持つ車なら思い入れも深まり、長く付き合えるでしょう。フォルムの好みにもいろいろありますが、「四角い」フォルムを持つ車に魅力を覚える人もいることでしょう。流線形なフォルムが多くなった昨今の自動車業界でも四角い車の魅力はおとろえません。今回はフォルムが四角い車のうち、おすすめの4種を紹介します。
goo自動車&バイク | 6,273 views
三菱【人気SUV】おすすめ中古車種4選!

三菱【人気SUV】おすすめ中古車種4選!

三菱自動車の代表的なSUV車と言えば、「パジェロ」と連想する方も多いのではないでしょうか?トヨタのランドクルーザーに並ぶ日本を代表するSUV車といっても過言ではないパジェロですが、新車で購入すると少なくとも300万以上はしてしまいます。そんなに予算はかけられないけどどうしても欲しい!という方にオススメなのが中古車です。モデル、年式、走行距離などいろいろな条件から探すことが可能です。さらに三菱自動車にはパジェロ以外にも様々なSUV車がラインナップされています。本記事では三菱のSUV車それぞれの中古車価格や特徴についてをまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,296 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク