2016年12月26日 更新

約98%が自動車に係る税金を負担と感じている!JAFが要望書を公開

2016年10月にJAF(日本自動車連盟)から政府に向け、自動車税の負担軽減の要望が出されました。この中で、JAFは自動車ユーザーの98%が自動車税を負担に感じているというアンケート結果を公表し、ユーザーを代表して税負担軽減を要望しています。自動車税とアンケート結果について見てみます。

1,320 views

自動車税のしくみ

自動車を持つとどのような税金が掛かるのでしょうか?その仕組みを解説します。
自動車税は自動車を買ったときと、そのあと、乗っているときで異なる税金がそれぞれ必要になります。その内訳は次の通りです。
thinkstock (60999)
◆自動車購入時の税金
自動車取得税と自動車重量税がかかります。さらに、購入金額に対する消費税が加わります。

◆自動車を持っていることでかかる税金
自動車重量税、自動車税(または軽自動車税)があります。
自動車税は毎年納付するのに対し、自動車重量税は2年ごとの車検時にまとめて納付します。

◆さらに自動車に乗るとかかる税金
ガソリンなどの燃料費がかかりますが、この燃料にかかる税金が揮発油税です。揮発油税は税の上に税が課せられるおかしな仕組みとなっていて、燃料費本体と揮発油税を合計した金額に8%の消費税が掛けられ、それらの総計がガソリン販売価格となっています。
自動車には「買ったとき(取得)」「持っている時(保有)」「走行している時(使用)」のそれぞれで税金がかけられ、その種類は9種類にもなります。

自動車にかかる負担額を具体的にみると

自動車税の負担がどれほどか、具体的にみてみます。ここでは、2000CCの車を200万円で購入し、リッター当たり124円のガソリンを小売り価格で年間1000リットル使ったケースとします。また、車の重量は1.5トンとします。前項で挙げた税金はそれぞれ次のようになります。
◆自動車取得税
自動車取得価格の3%が税金ですが、取得価格はおよそ購入金額の90%です。そのため、自動車取得税は、5.4万円程度になります。

◆購入時の消費税
購入価格の8%ととして、16万円となります。

◆自動車税
排気量に応じて変化しますが、2000CCを超え2500CC以下であれば、4.5万円です。

◆自動車重量税
0.5トン重量が増すほどに、4100円の税が掛けられるため、1.5トンではその3倍の1.23万円の税金となります。なお、登録から13年を超えると5700円、18年を超えると6300円と負担が増えます。

◆ガソリン税
ガソリン税の仕組みはやや複雑なので説明を省きますが、小売価格の約45.3%が燃料油の税と消費税です。124円のガソリンを年間1000リットル使用すれば、税金は5.38万円となります。
以上の金額を合わせると、年間にかかる税金は次のようになります。

■購入時は、年間税金総額 約28万円

■購入後は、年間税金総額 約10.3万円
自動車の税金はこのようになりますが、法律上、車に乗り続けるには車検を受けなければなりません。さらに、年間点検が必要ですので、車を維持するには大きな費用を要することが分かります。
無料の写真: 電卓, 計算, 保険, ファイナンス, 会計, ペン, 投資 - Pixabayの無料画像 - 723925 (58654)

JAFのアンケート結果

今回のアンケートの質問内容の概略は次のような項目です。回答と一緒に紹介します。
1.マイカーにかかる自動車の税金は負担ですか?

⇒ 回答:98%が負担に感じる(非常に負担、負担、やや負担、3つの合計です)

2.当初の自動車税は道路の整備のための税金でしたが、その後、一般財源となりました。現在では道路の整備に掛ける予算が減り、自動車税本来の役割を果たしていません。これをどう思いますか?

⇒ 回答:48%が不合理なので即刻廃止すべき、49%がやむを得ないが税額を減らすべき

3.自動車税は、当初、ぜいたく品として富裕層に対して税金を掛ける性格のものでしたが、今日では車は生活必需品として、特に地方ではなくてはならないものになっています。さらに複数台所有する人も増え、税金の負担が大きくなっています。これをどう思いますか?

⇒ 回答:38%が廃止すべき、59%が税を軽減すべき

4.財源が厳しいという理由から、自動車重量税と揮発油税は当分の間値上げすることになった経緯があります。しかし、この暫定措置が値上げされたままになっていることをどう思いますか?

⇒ 回答:91%が反対である(反対、どちらかと言えば反対)

5.自動車登録から13年を経過した車には、自動車重量税などが加算された重課税になっています。これをどう思いますか?

⇒ 回答:84%が、車を長期間使用しているという理由による重課税には反対

6.公共交通機関が少ない地方では自動車は生活必需品で、複数台所有する家庭も多くあります。このように地方では自動車に関する税は大きな負担になっているという指摘があります。これをどう思いますか?

⇒ 回答:89%が税を見直して税を軽減すべきである
このように、今回のJAFのアンケート調査では、自動車ユーザーの大多数が現状の税の仕組みを廃止もしくは軽減すべきと考えていることが分かりました。
『自動車税制に関するアンケート調査』結果
調査概要
・調査対象:全国の18歳以上の自家用乗用車保有者
・調査方法:インターネット調査(JAFホームページにて実施)
・調査期間:2016年7月13日(水)~8月20日(土)
・有効回答者数:62,510人

JAFの要望書とは

JAFでは2001年から全国にいる車の所有者に対し、アンケートを行っています。自動車税の仕組みがおかしいことと、自動車ユーザーの負担感が大きいという声がありました。JAFではユーザーのアンケート調査を始め、その結果を「自動車税の軽減・廃止要望書」として政府機関に提出しています。
2016年の調査では、前項でみてきたような税が負担と感じるユーザーが多いという結果が出ましたが、JAFではこの結果を踏まえ、次のような内容の「2017年度税制改正に関する要望書」を提出しています。
■自動車ユーザーには、負担が大きく不合理と考えられる自動車関連税制を見直し簡略化することで、自動車ユーザーの負担の軽減を求めます。

■既に過重な税負担を行っている自動車ユーザーに、さらに負担を求める現在の税制及び税改正に反対します。

■環境にやさしい低燃費車のような先進環境対応車と、新しい技術を取り入れ先進的な安全自動車に対しては、税負担が軽くなる優遇措置の強化を求めます。
ファイル:Diet of Japan Kokkai 2009.jpg - Wikipedia (58662)

アンケートの声を紹介

今回のアンケートの回答と共に、ユーザーの声が寄せられています。それらのいくつかを、要約して紹介します。
・北海道は車が足であり距離が長いのでガソリンにかかる税金は負担です。(北海道)

・地方に住んでいると車を複数台持つことが当たり前になるので、税金が負担です。(岩手)

・自動車に関わる税金の使い方を明確に示してほしいです。(山形)

・道路の不整備箇所が多いので、自動車の税金は道路整備に使うべきです。(栃木)

・13年大事に乗ってきても、その車にさらに税金を増やすのはおかしい。(群馬)

・長期使用した車に増税し、新車には減税するのは、富裕層への優遇のようでおかしい。(愛知)

・財源確保のため幅広く税を徴収することはやむを得ないが、根拠のない税の徴収は廃止すべきです。(和歌山)

・税金は必要と思うが平等であるべきです。納得できる税制であって欲しいです。(宮崎)
無料の写真: 高速道路, トラフィック, レーン, 自動車, 道路標識, 道路 - Pixabayの無料画像 - 239583 (58665)

今回JAFが調査したアンケートでは、多くの人が現在の自動車税制に不満を感じていることが分かりました。税の仕組みをすぐに変えることはできませんが、私たち国民にとって税の仕組みをよく理解することが大切です。そうすることで、税金を節約できる車を購入することが可能になります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

廃車がはじめての人もこれで安心!廃車手続き・費用丸わかりガイド

廃車がはじめての人もこれで安心!廃車手続き・費用丸わかりガイド

長く乗った車を廃車にする場合、どんな手続きが必要になるのでしょうか。「廃車は自分で手続きできる?」「費用はどのくらい? 」――こうした廃車手続き初心者の疑問にわかりやすく答えます。新しく購入する場合はディーラーが廃車も代行してくれる場合がありますし、価値がないだろうと思っていた古い車でも査定に出せば値がつくことも。今回は廃車の手続きと費用について詳しく解説します。
goo自動車&バイク | 1,851 views
5ナンバーと3ナンバーでは税金・維持費が違う?

5ナンバーと3ナンバーでは税金・維持費が違う?

毎年支払わなくてはいけない自動車税ですが、排気量やボディサイズによって5ナンバー、3ナンバー、軽自動車などに分類され、支払う税金や保険料などに違いが出るのをご存知でしょうか。気になる自動車税とその維持費のことを、確認してみましょう。
goo自動車&バイク | 10,951 views
福祉車両の上手な選び方 助成制度を賢く利用しよう

福祉車両の上手な選び方 助成制度を賢く利用しよう

家族または自身の運転の利便性から福祉車両を選択することもあるでしょう。しかし一口に言っても福祉車両にはさまざまな種類があります。基本的には、全てを備えた車両というよりは、生活スタイルに合わせた車両を選択するのが一般的。どのような種類があり、どのような場合に向いているのかを確認してみましょう。
goo自動車&バイク | 1,530 views
廃車時にもらえる還付金まとめ

廃車時にもらえる還付金まとめ

自動車を廃車にする場合、廃車費用がかかるというイメージだけがありますが、実は返ってくるお金もあります。廃車によって受けられる還付金は、どのくらいあるのでしょうか?今回は、廃車時にもらえる還付金についてまとめてご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,000 views
消費税が10%に増税されたら自動車取得税は廃止される?

消費税が10%に増税されたら自動車取得税は廃止される?

新車を購入すると自動車取得税がかかります。ところが、今後消費税が10%に増税されるタイミングで自動車取得税が廃止される予定になっています。このことからすると、増税前と増税後のどちらに自動車を購入するのが良いのでしょうか?今回は消費税増税と自動車取得税の問題についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,370 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク