2016年5月12日 更新

マイナスイオンで癒される!日本の滝ランキングTOP10

日本全国にある滝。今回は、トリップアドバイザーに投稿された「口コミで選ぶ 日本の滝ランキング」からおすすめの滝を10箇所まとめてみました。栄えある第一位の滝は、熊本県にある鍋ヶ滝。他にもたくさんの滝について紹介しますので、是非訪れてみてください。きっと自然のマイナスイオンを感じることができるでしょう。

12,296 views

1.熊本県小国町「鍋ヶ滝」

熊本県の小国町にある滝の「鍋ヶ滝」。滝の裏側に回り込んで、後ろから滝を見ることができる場所として有名です。この滝は、まるでシルクのカーテンような水の流れをしており、透かして見える緑の森は絶景です。時期によっては、ライトアップがされているので、一味ちがう綺麗な滝をみることもできます。
gettyimages (30995)
■鍋ヶ滝
・住所:熊本県阿蘇郡小国町黒渕
・駐車場:48台
・URL:http://www.aso-oguni.com/kankou/kankosizen.html

2.和歌山県那智勝浦町「那智の大滝」

那智山には数多くの滝がありますが、「那智の大滝」は「一の滝」と呼ばれ、日本三大名滝の一つ。絶壁を二つに切り裂くようにして水が落下しており、その高さは133mもあると言われています。滝幅も13mあり、その大きさには圧巻されます。世界遺産にも登録されている有名な滝で、毎秒1tもの水量が流れている大滝です。迫力満点の滝を見たい人は是非。
 (30996)

■那智の大滝
・アクセス:国道42号線から県道46号線経由で約25分
・住所:〒649-5301  和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
・URL:http://www.nachikan.jp/kumano/nachinotaki/

3.鹿児島県屋久島町「大川の滝」

鹿児島県屋久島町にある滝「大川の滝」。日本の滝百選にも選ばれている有名な滝です。88mもの高さがあり、その高さから落ちる水量は圧巻です。また、数ある屋久島の滝の中でも、比較的簡単に滝つぼまで辿り着くことができます。滝つぼの水しぶきがとても心地いいです。
 (30997)

■大川の滝
・アクセス:屋久島空港から車で1時間10分
・住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町栗生
・駐車場:5台
・URL:http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10704/

4.沖縄県竹富町「ピナイサーラの滝」

沖縄県の西表島の北岸の近く、テドウ山の北麓にある、幅200mもの断崖から流れ落ちる滝「ピナイサーラの滝」。落差が54mもあると言われており、この高さは沖縄県内でトップです。「ピナイ」がヒゲという方言で、「サーラ」には下がったものという意味があります。
 (30508)

■ピナイサーラの滝
・住所:沖縄県八重山郡竹富町
・URL:http://www.town.taketomi.lg.jp/islands/index.php?content_id=5

5.栃木県日光市湯元「湯滝」

栃木県の温泉街「湯本温泉」の近くにある滝「湯滝」。湯ノ湖の南側に位置している滝で、高さが70mもある滝は絶景の一言です。湯滝の周辺には、ツツギやシュクナゲといった樹木の名所でもあり、秋の行楽シーズンになると、多くの人が訪れる場所になります。落ち口や滝ツボ、側面など、さまざまな角度から眺めることができる滝です。滝つぼに行けば、目の前から流れ落ちる、湯滝を観賞できます。
 (30998)

■湯滝
・アクセス:JR・東武日光駅より湯元温泉行きバス乗車、約60分「湯滝入口」下車、徒歩5分
・住所:〒321-1662 栃木県日光市湯元
・URL:http://www.nikko-kankou.org/spot/115/

6.北海道斜里郡「さくらの滝」

北海道斜里郡にある「さくらの滝」。この滝は、海底だったときの砂岩が崩れたことでできた滝といわれています。春には周辺に桜が咲き誇り、夏にはサクラマスが滝越えをする姿を見せてくれます。その滝越えのジャンプの高さは、世界でもトップレベルです。
 (30999)

■さくらの滝
・アクセス:札弦市街から道道摩周湖斜里線を緑町方向へ5kmの地点を左折、まっすぐ700m進み右折、道なりに1.7km行ったところ(小さな看板あり)の右手奥
・住所: 〒099-4142 北海道斜里郡清里町川向
・URL:http://www.town.kiyosato.hokkaido.jp/kankou/sakuranotaki.html

7.宮崎県高千穂町「新名井の滝」

五ヶ瀬川が、阿蘇溶岩を侵食することによって生まれたV字型の渓谷、高千穂峡にある滝「新名井の滝」。1934年には天然記念物に指定されており、滝の近くに貸しボートで近づくこともできます。夏休みの期間には、ライトアップを楽しむこともできます。
 (31000)

■湯滝
・住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
・駐車場:有
・URL:http://www.takachiho-kanko.info/sightseeing/takachihokyou.php

8.富山県立山町「称名滝」

立山ダムがある富山県立山町にある滝「称名滝」。落差が350mの高さにもなっており、日本で一番落差のある滝として知られています。国の天然記念物としても指定されており、貴重な観光地とされています。駐車場からは少し歩きますが、1.5キロほどの場所にあるので、少し歩く程度で辿り着きます。
 (31001)

■称名滝
・アクセス:北陸自動車道立山ICから車で約60分後徒歩約30分
・住所:〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺
・駐車場:350台
・URL:http://www.info-toyama.com/spot/31003/

9.青森県十和田市「銚子大滝」

高さ7メートル、幅20メートルの大きさの滝「銚子大滝」。この滝は、奥入瀬にかかる唯一の滝です。この滝は、奥入瀬を遡って十和田湖に入ろうとする魚を拒むための、魚止めの滝として機能しています。
 (31002)

■銚子大滝
・住所:青森県十和田市奥瀬
・URL:http://towadako.or.jp/sansaku-map/oirase-nenokuchi/

10.神戸市中央区葺合町「布引の滝」

神戸市の新神戸駅から徒歩で10分程度の場所にある、市街地からそれほど遠くない滝「布引の滝」。古来より景勝地としても知られており、日本三大神滝の一つとしても数えられています。落差43mと、圧巻の高さです。
 (31003)

■布引の滝
・アクセス:各線 新神戸駅より徒歩約10分
・住所:兵庫県神戸市中央区葺合町
・URL:http://www.feel-kobe.jp/sightseeing/spot/?sid=153
日本全国にある数多くの滝の中から、ランキングに入った10の滝。どの滝も、大きさはもちろんのこと、周辺の自然が美しくので、景観を楽しむこともできます。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

旅行者が選ぶ!行ってよかった日本の世界遺産ランキング

旅行者が選ぶ!行ってよかった日本の世界遺産ランキング

日本の世界遺産は、2016年9月時点で文化遺産が16箇所、自然遺産が4あります。年々世界遺産への関心が高まってきて、ブームになりつつあります。中でも、楽天トラベルが調べた、世界遺産がある観光地を実際に訪れたことがある人が行ってよかったと満足度の高い日本の世界遺産を紹介します。
goo自動車&バイク | 6,523 views
登山旅行に人気のエリアランキングTOP10

登山旅行に人気のエリアランキングTOP10

登山旅行というと長野、富山、山梨といったアルプスの山々が浮かびますね。でも、山の魅力は、その「高さ」ばかりではありません。旅行予約サイト・楽天トラベルが「登山」「トレッキング」「ハイキング」などのキーワードが含まれた宿泊プランの人数から、「登山旅行に人気のエリアランキング」を発表しました。そのTOP10に選ばれた、魅力溢れるエリアをご紹介します。
goo自動車&バイク | 5,522 views
行ってよかった!朝食のおいしいホテルランキング2016

行ってよかった!朝食のおいしいホテルランキング2016

地域ならではの食材を生かした朝食や、ビュッフェスタイルの朝食など、おいしい朝食が出る宿に行ってみたいですよね?「トリップアドバイザー株式会社」が発表した「行ってよかった!朝食のおいしいホテルランキング2016」の結果から、10位までをまとめてみましたので、ご覧ください。
goo自動車&バイク | 6,842 views
夏休みに行きたい日本の世界遺産10選

夏休みに行きたい日本の世界遺産10選

2016年5月現在、日本ではエリアを含め18の世界遺産が登録されています。世界遺産に登録されているだけあって、その風景や歴史的価値はしっかりと認められたもの。今回は、夏休みの世界遺産巡りにおすすめのスポットをご紹介します。
goo自動車&バイク | 7,995 views
全国の道の駅ランキングTOP5

全国の道の駅ランキングTOP5

旅の休憩施設として、地元民の憩いの場として、生活に密着した存在の道の駅は今や全国に1000箇所以上!ここでは、数ある道の駅の中でも特に評判の高い道の駅TOP5をご紹介します!
goo自動車&バイク | 4,751 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク