2016年5月17日 更新

北京モーターショーで話題!注目の新車5選

アジア最大級の自動車見本市、北京モーターショーが4月25日(一般公開は4月29日)から開催されました。今回、発表された中でも特に注目度が高い車種をピックアップして紹介します。

901 views

中国市場を意識したマツダCX-4

今回是非注目したいのが、マツダのCX-4。中国の自動車市場は今、SUVが一人勝ち状態。今回のCX-4の初お披露目は、中国におけるSUV市場においてマツダの地位を確固たるものにすることを目指していると言えるでしょう。その布石として打ち出すCX-4はこれまでにはないタイプのクーペ風SUV。現在中国で発売されているCXシリーズの中で最も全高が低く、全長が長いデザインで、SUVでありながらスポーティ感を出しています。また、早くも「日本での発売予定は」と話題になり、憶測の発売時期情報が飛び交う状況。それだけに日本のユーザーからも注目の車種と言えます。
MAZDA CX-4 (32213)

フェイスリフトを施したレクサスIS

今回、マイナーチェンジしたレクサスISも注目の車種と言えます。中国市場でレクサスISは操縦安定性の高いスポーツセダンとしてシェアを拡大してきました。今回は若年層のユーザーを中心ターゲットに据え、より個性的で、よりアグレッシブなエクステリアデザインへと進化しました。レクサスではおなじみのスピンドルグリルが大型化、レクサスISの持ち味が一層増したように感じられます。これについては一部のユーザーからは「やりすぎ?」との声も上がるほどですが、おおむねカッコイイと好評のよう。日本では2016年秋ごろの発売を予定しているとのことです。
 (32018)

発売迫る新型車をお披露目 ホンダ・アコード

ホンダからはアコード・ハイブリッドの改良新型モデルを初公開。今回北京モーターショーで発表したアコードは基本、日本でこの5月下旬に発売されるモデルとほぼ同じで、スポーツハイブリッドi-MMDのモーターの構造や製法を進化させ、走りの静かさと力強さの両方が実現可能とのこと。さらに安全運転支援システム「Honda SENSING」を新採用します。中国では2016年後半から本格的に生産開始し、フロントマスクのデザインを中国プレミアデザインで発売する模様です。
 (32020)

シトロエンのフラッグシップが復活! シトロエンC6

2012年に生産終了していたシトロエンのフラッグシップモデル・シトロエンC6が3年半ぶりに復活するのも注目です。
新型「C6」はDセグメントに属し、ボディサイズは全長4.98m×全幅1.84m×全高1.47mとなっており、堂々の大きさを誇ります。中国のDセグメントには後部席の広さは必須のため、このサイズはポイントが大きいでしょう。また、欧州において2017年より歩行者保護規制が厳しくなることを見込んで、アクティブセーフティブレーキや360度アラウンドビューモニターなど、安全運転補助機能を重視しています。中国では2016年9月発売予定。
 (32151)

伝統の5気筒エンジン アウディTT RS

アウディからは新型TT RSクーペとTT RSロードスターが初公開されました。今回の「RS」は新型「TT」の頂点に立つ最高グレードモデルとなります。最高グレードと言われると気になるところですが、ポイントはそれだけでなく、自動車レースの競技カテゴリのひとつ「グループB」のビッグクワトロに搭載されていた、アウディ伝統の5気筒エンジンが復活していること。また直噴2.5リットル直列5気筒ガソリンターボの「TFSI」エンジンの出力を大幅に引き上げ、最大出力は400hp、最大トルクは48.9kgmを獲得。トランスミッションは7速DCT、4WD。プレカンファレンスでは女性がサーキットを果敢に攻める映像を披露し、その走りをアピールしました。
Stronger than ever: new Audi TT RS Coupé and new Audi TT RS Roadster | Audi MediaCenter (32152)

北京モーターショー総評

世界的な流れを見ても、今の最大の自動車市場は中国であり、今回の北京モーターショーは世界で最も重要なモーターショーという位置づけとなっています。特に今回目立ったのは、NEV法(新型エネルギー車規制法)など、中国において規制が厳しくなることや、新エネルギー車に対する政府の助成金交付を見越し、EVやPHV、FCV(燃料電池車)のラインナップが目立ちました。現状は中国の国内メーカーが一人勝ち状態ですが、今後は外資系各社でしのぎを削る争いになることも予想されます。
gettyimages (32153)
「海外のモーターショーは日本向けの車がないから関係ない」として敬遠される方もいますが、今後日本で発売される可能性のある車種もあります。これから車を買う時に役に立つこと間違いなし。ぜひ他の記事もチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク