2018年4月25日 更新

自転車傷害特約と個人賠償責任特約はつけるべき?【自動車保険】

自動車事故には自動車保険に入ってしっかり備えていても、自動車同士の事故以外に様々なトラブルが発生するあります。例えば、自転車に関するトラブル。手軽に乗れる自転車ですが、自転車に乗っていて事故を起こし、相手に重い障害が残った場合などは自動車の人身事故と同じくらい賠償額が高額になるケースもあります。また、普段自転車に乗っていない人でも日常生活の中での様々なトラブルで賠償責任が発生することも。そんな万が一のトラブルが起こった場合に頼りになるのが、自動車保険に付帯できる自転車傷害特約と個人賠償責任特約です。

638 views

思わぬことから多額の賠償金を払わなければいけなくなることも

istockphoto (41164)
大人から子供まで乗れる自転車。お子さんが通学に使っていることもあると思います。過去の事例では小学生が自転車で坂道を運転していて散歩をしていた女性にぶつかって相手の女性が意識不明の重体に陥ったため、母親に高額な賠償支払いが命じられています。また、気を付けて運転している場合でも、ちいさい子供などの歩行者が飛び出してきて事故を起こしてしまうことも。さらに、自転車事故場合以外でも、賠償責任が発生することも。たとえば、お子様がうっかりお店の陳列物を触って壊してしまった、飼い犬の散歩中に近所の人にかみついてけがをさせてしまったなどの事例があります。このように普段通りに日常生活を送っていても思わぬことから賠償金を払わなくてはいけないことがあります。

万が一に対応してくれる特約

gettyimages (41170)
このようないつ起こるかわからないトラブルに備えてくれるのが自動車障害特約と損害賠償責任保険です。自転車傷害特約では自分や自分の家族が自転車事故を起こしてケガなどをした場合に補償対象になり、入院した場合は入院保険金、障害が残った場合は後遺障害保険金がもらえる場合があります。一方、自分や家族が自転車事故などで他人にけがをさせてしまったり、他人の物を壊してしまい、損害賠償責任を負うことになった場合は個人賠償責任特約の補償対象になります。個人賠償責任特約の保険金額は「無制限」や「一億円」になっているものがほとんどです。先ほどの“小学生が散歩していた女性にぶつかり、女性が意識不明の重体に陥った”事例では母親に9250万円の賠償命令が出ています。万が一事故を起こした際に個人賠償責任特約を付加していないと、このような高額な慰謝料を支払う必要も出てきます。

補償の対象になるのは本人だけではない

gettyimages (41169)
また、自動車傷害特約と個人賠償責任特約の特色として、補償の対象が契約者本人だけでなく、その同居の家族と別居の未婚の子までと広く設定されている点があげられます。お子さまが友達の家で物を壊してしまった場合や、別居の未婚の子も対象に入っているので、一人暮らしの大学生が自転車で事故を起こした場合も対象になります。小さいお子さまや自転車通学をしているご家族がいる場合、自動車保険に自転車傷害特約と個人賠償責任特約を付けることで自分だけでなく、ご家族みんなの自転車事故や自転車事故以外のトラブルで賠償責任が発生した場合に幅広く備えることができます。

示談交渉にも対応してくれる

また、トラブルが起こった時に大変なのは相手との示談交渉といわれています。トラブルが起こって示談交渉が必要になった場合は通常、自分で交渉するか弁護士を立てて交渉してもらう必要があります。もし、自動車保険に個人賠償責任特約を付加していれば示談交渉の対応もしてもらえます。もちろんこの個人賠償責任特約についている示談交渉は自動車事故以外のトラブルにも幅広く対応してもらえます。示談交渉は経験のない個人には難しく、弁護士を立てるのも面倒です。示談交渉の相手が経験豊富な保険会社の方や弁護士だった場合、相手のペースで交渉が進んでしまうことも。個人賠償責任特約の補償内容に示談交渉の対応含まれているのは心強いです。
gettyimages (41166)

月々の負担額は?

自転車傷害特約と個人賠償責任特約はこのように自転車事故やその他の損害賠償支払いなどを幅広く補償してくれる特約になっています。これだけ幅広い内容を補償してくれる特約のため、月々の保険料が気になるところですね。実際、自動車保険にこれらの特約を付加した場合に増える保険料は、年間それぞれ2千円程度、月々の保険料にするとそれぞれ2百円程度になっています。負担額も大きいないので、普段から自転車に乗る家族がいれば、付加しておくべき特約と言えます。家族がそれぞれ自転車保険に入るより、自動車保険に自転車傷害特約と個人賠償責任特約を付加しておけば、家族みんなの自転車事故やトラブルを一気にカバーできて頼りになります。
gettyimages (41172)
自転車事故や損害賠償が発生するようなトラブルはないにこしたことはありません。しかし、通常通り生活していてもどんなトラブルに巻き込まれ、賠償金を支払うこともあります。特に、自転車事故では自動車で人身事故を起こした場合と同様、通常支払えないような多額の慰謝料を支払う事例も発生しています。少額で幅広く補償してくれる自転車傷害特約と個人賠償責任特約は、自分のためにも家族のためにも入っておきたい特約です。
istockphoto (41167)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

修理代の少ない事故なら自動車保険を使わないほうが得?

修理代の少ない事故なら自動車保険を使わないほうが得?

交通事故を起こした時、多額の保険金を出してもらえる自動車保険は強い味方ですよね。しかし、自腹でも修理代を支払えるような小さな事故の場合は、自動車保険を使うべきなのでしょうか。実は保険を使うと等級が下がり、翌年以降の保険料がぐっと上がってしまいます。修理代がいくら以上なら車両保険を使うべきなのか、また修理代を抑えるには板金工場にお願いしたほうがお得など、ご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 2,955 views
納車まで何日かかる?納車期間・日数と納車時トラブルの注意点

納車まで何日かかる?納車期間・日数と納車時トラブルの注意点

中古車の納車は、契約してから目安として何日くらい考えておいたら良いの? また、絶対避けたい「納車されるまで」、そして「納車後」のトラブルについても注意点をお伝えします。
goo自動車&バイク | 10,682 views
車に積んでキャンプや旅行に!折りたたみ自転車「OUTRUNK(アウトランク)」

車に積んでキャンプや旅行に!折りたたみ自転車「OUTRUNK(アウトランク)」

グランピングなどのレジャーに出かけた際、レジャー先でちょっとした移動が不便に感じたことはありませんか?自宅のように自転車があれば…そんなニーズに応えて開発されたのが、折りたたみ自転車「OUTRUNK(アウトランク)」です。
goo自動車&バイク | 3,602 views
サイクリストに人気の旅行先ランキングTOP10

サイクリストに人気の旅行先ランキングTOP10

美しい景色を眺めながら、自分の足で漕ぐ自転車の旅はとても魅力的です。全国のサイクリストが訪れる人気のエリアはどこでしょうか。楽天トラベルが発表したサイクリストに人気の旅行先ランキングのTOP10を紹介します。
goo自動車&バイク | 2,981 views
自動車保険が変わる?フリート契約者向け割引サービス

自動車保険が変わる?フリート契約者向け割引サービス

自動車には自賠責保険をかけることが義務づけられていますが、自賠責保険とは別に任意保険をかけているドライバーも少なくないでしょう。実は、その任意保険が、新たな段階へと踏み出そうとしています。今回は、自動車保険が今後変わっていくであろう新サービスについてご紹介します。
goo自動車&バイク | 729 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク