2016年5月29日 更新

100万台突破!マツダ ロードスターが愛される5つの理由

実用性は決して高くはないマツダ ロードスターが売れに売れているのをご存知でしょうか。4月22日には累計生産台数100万台を達成。また、「2016世界カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど、世界でも高い評価を得ています。今回はマツダ ロードスターの「快進撃」の理由に迫ってみましょう。

1,054 views

伝統的なロングノーズ ショートデッキのスタイリング

ロードスター NR-A(マツダ)2015年10月モデルのカタログ[10099790] | goo自動車&バイク (37454)

ロードスターは1989年に登場し、現在は4代目モデルです。フルモデルチェンジする事でスタイリングが大きく変わるモデルもある中で、ロードスターに関しては初代モデルから一貫してロングノーズ・ショートデッキのスタイリングです。単純にこのシルエットが「格好良い」と評判です。近年のマツダの車は欧州車のようなスタイリングで、エンブレムを隠せばBMWやメルセデス・ベンツと勘違いされるケースもちらほら。「日本車離れ」したスタイリングもまた、人気の理由の一つでしょう。自動車の選び方は多々ありますが、「乗っていて自慢出来る車」である事は間違いありません。低燃費、馬力、走行性。いろいろと問われますが、単純に「格好良い」のがロードスターです。

気軽に楽しめるオープンエアー

thinkstock (32694)
ロードスターがオープンカーである事はわざわざ説明するまでもありませんが、とても手軽なオープンカーです。オープンカーを楽しむ場合、どうしても「覚悟」というと大げさですが、気軽に楽しめない部分があるのも事実です。例えばS660などはオープンカーではありますが、トップの開閉は手作業で行わなければなりません。高級車の場合、メタルトップの物も多々ありますが、それらは気軽に購入出来るような価格帯ではありません。その点ロードスターは決して高くはない車体価格設定でありながら、開閉も自動です。つまり、「気楽」に楽しめるのです。誰もが手に出来る価格帯でありつつ、「どんな天気でも楽しみたい」「天気が変わってもすぐに対応したい」というオープンカーに備わっていて欲しい実用性も持っているのです。家の周りをなんとなく走るだけでも楽しいですし、急な天候不順にも対応出来ます。

運転する人を選ばないコンパクトな車体

gettyimages (32696)
ロードスター人気の理由の一つに、コンパクトなサイズもあります。3,915mm×1,735mm×1,235mm(全長×全幅×全高)というサイズは、車幅のおかげで3ナンバーとなっているものの、全長3,915mm、ホイールベース2,310mmと取り回しがとても良いです。オープンカーですので、オープンエアーの快適な運転ばかりがクローズアップされますが、日本の道路事情の現実を考えた時、むしろオープンエアーよりも車体サイズのコンパクトさのおかげで、狭い路地等でも難なく運転出来る点も魅力です。車体サイズが大きい車はそれなりに運転技術を必要としますが、ロードスターであれば運転技術に自信がない人であっても走りを楽しめるサイズです。

軽量FRの本格スポーツ

gettyimages (32698)
ロードスターの車重は990kgから1,060kg。パワートレイン1.5Lエンジン、131psというスペックは、「物足りないのでは」と思うかもしれませんが、車重の軽さのおかげで快適に走ります。ちなみにこの車重、ホンダから登場しているN BOXとほぼ同じ重さです。軽自動車並の車体を軽自動車の倍以上の排気量のエンジンを搭載しているのです。さらにはFRで走らせるのです。FFとは違った感覚で運転を楽しめるでしょう。特にロードスターは「人馬一体」とも言われているように、自分の感覚をダイレクトに車に伝えられます。このような特性を知れば知るほどワクワクしてくる方も多いのではないでしょうか?

コストに対しての驚きの安さ

istockphoto (32702)
他社のオープンカーと比べてとても安いのもロードスターの魅力の一つ。オープンカーというジャンルが減少傾向にあるため、比較が高級車のみとなっているとはいえ、フェアレディZは車体価格がロードスターよりも100万円以上も高額。BMWやアウディ、メルセデスベンツやフェラーリのオープンカーとは比べものになりません。それらのモデルは経済的な面から簡単に購入出来る代物ではありませんが、マツダ ロードスターは300万円前後から購入出来ます。この価格でオープンカーを楽しめるのはロードスターだけです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マツダCXシリーズ3兄弟!中古車価格と特徴は?

マツダCXシリーズ3兄弟!中古車価格と特徴は?

マツダの大人気クロスオーバーSUVのCXシリーズが、2018年5月に大幅改良されました。本記事では、今、日本で売られているCX-3、CX-5、CX-8の3車種の特徴と中古価格をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,356 views
マツダの人気オープンカー ロードスター! 年代・モデル別の中古車価格・相場は?

マツダの人気オープンカー ロードスター! 年代・モデル別の中古車価格・相場は?

日本のライトウエイトオープンカーと言えば真っ先に名前が挙がる、マツダ「ロードスター」。当記事では30年にも及ぶ歴史を誇るロードスターの中古車情報を年代・モデル別に分け中古車価格の相場、選ぶ際の注意点等の情報をまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,688 views
マツダ おすすめの中古マニュアル(MT)車4選!

マツダ おすすめの中古マニュアル(MT)車4選!

こちらの記事では、ロータリーエンジンやマツダコネクトなど、他社とは違いアグレッシブなクルマづくりで魅力的なクルマがたくさん存在するマツダのマニュアル(MT)車のおすすめ中古車情報を4車種選び掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,203 views
マツダ アテンザが大幅改良 どこが変わった?

マツダ アテンザが大幅改良 どこが変わった?

マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)」と新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を採用した「アテンザ」が2016年8月に大幅改良されました。マツダのフラッグシップモデルにふさわしい進化のポイントを探ってみます。
goo自動車&バイク | 6,431 views
新型「マツダ CX-5」世界初公開 発売日・価格は?

新型「マツダ CX-5」世界初公開 発売日・価格は?

マツダ株式会社(以下、マツダ)は2016年11月18日から27日まで開催されたロサンゼルス自動車ショーにおいて、新型「マツダ CX-5」を世界初公開しました。最新の画像と一緒に、新型マツダCX-5の概要をお伝えします。
goo自動車&バイク編集部 | 10,629 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク