2016年3月30日 更新

【謎】車のスピードメーターはなぜ180キロまであるの?

普段、一般道を運転するぶんには車の速度は50~60km/h程度。高速道路を走るにしても100km/hちょっとですが、なぜか日本の車には180までメーターが刻んであります。ここでは、スピードメーター180の謎について、主な理由となっているものをまとめました。

4,890 views

日本自動車工業会の規定だった?

thinkstock (22760)
まず、最初に挙げられる理由の1つが、日本自動車工業会の制定した規定というもの。国産の普通自動車のスピードメーターは180キロまで、軽自動車ならば140キロまで刻んでありますが、これはその規定により決まったようです。
日本自動車工業会に参加しているトヨタ自動車や日産自動車などの国内メーカーはそこで制定された自主規制によってスピードメーターを180と制限しており、海外で製造された自動車や、逆に海外へ輸出する車に関してはその限りではありません。また、制定される前は各メーカーによってスピードメーターの上限はバラバラだったそうです。
一般道では60km/h、高速道路では100km/hが法定速度と決まっていますが、180までメーターがあるのも少しおかしな話です。当然、日本の公道で上限速度いっぱいの180キロも出したら捕まってしまいます。

あらゆる場所で100km/hを出せるようにするため?

gettyimages (22750)
180km/hも出せる理由は諸説ありますが、まず1つが「あらゆる場所で100キロを出せる性能」が基準となっていることが挙げられます。
平地で100キロは現行の普通自動車ならば当たり前のように出せると思いますが、少し勾配のキツイ上り坂で100キロというと、平地と同じような感覚では出せない速度です。その速度を維持できるようにエンジンを強化した結果、平地で180キロまで出せるようになった、という話です。

エンジンへの負担を軽減するため?

gettyimages (27486)
もう1つが、エンジンの負担とならないように、常に余力を持った状態で走行していることが挙げられます。100キロをエンジンが出せる最高速度とした場合、高速道路では常に全力状態で走行することとなって、結果的にエンジンへの負担は大きいものとなってしまいます。しかし、上限速度が180キロならば、エンジンへの負担は全力走行した時に比べて遥かに軽減されます。エンジンを長持ちさせるための措置……とも言われていますね。

スピードの出しすぎを抑制するためでもあった?

gettyimages (22756)
もし、スピードメーターが法定速度の100キロまでしか表示されなかったとしたら、100キロを超える速度で走った場合は走行スピードが一体何キロなのか、判別する手段がなくなります。高速道路の法定速度は100キロと決まってはいますが、その速度よりもやや速めのスピードで走っている車がほとんどです。
高速道路で周りに合わせて知らずにとんでもないスピードを出していた……なんて経験をしたことはあるかもしれませんが、もしそんな時にスピードメーターが100までしかなかったら法定速度超えどころか30キロも40キロもオーバーしてしまうことすらあるでしょう。そんなことにならないように、あえて180まで表示させたことで、スピードの出しすぎを抑制した意味があったのでしょうね。

海外輸出を考慮した上でのスピードメーター表示だった?

thinkstock (22759)
スピードメーターの表示が100までしかない車と、180まである車ではどちらのほうが速いと感じるでしょうか?実際は両方共に同じくらいの速度が出るとしても、スピードメーター表示の差で後者のほうが速いとイメージする人が圧倒的に多いはずです。
海外の車メーカーではメーターに関して特に決まっていないようなので、ものによっては300くらいまでメーターが刻まれた車があります。それらと比べた場合、仮に日本車のスピードメーターを100を上限と規定していたら、日本車が遅いイメージを持つ人も出てきたことでしょう。そんなイメージを持たせないように180を上限とした……という話があります。
ただ、前述したように輸出仕様の日本製自動車ははじめからスピードメーター表示が180を超えていることもあります。輸出仕様車は左ハンドルに直すなど、製造工程からして国内仕様とは異なる点が多々あるので、その工程の一環でスピードメーターの表示(あわせてキロではなくマイル表示など)も変更されているのでしょうね。右ハンドルの自動車が主流となっているイギリスやオーストラリアへ輸出する場合では、製造工程にそれほど大きな変更点はないため、そのまま国内仕様に近い形で輸出することもあるようです。
運転する上で、スピードメーターが180まであることについて、あまり気にするところではないかもしれませんが、実はこのような意味があったのですね。基本的には運転者の安全のためですが、他にもいろいろな意味を持つスピードメーターの謎でした。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

車のスピードメーターが故障!修理方法と費用の目安

車のスピードメーターが故障!修理方法と費用の目安

車を日常的に乗っていると、スピードメーターが故障する場合もあります。スピードメーターは故障しにくいパーツではありますが、時にはトラブルが起こることもあります。起こった時に備えて、修理方法や修理費用の目安をご紹介します。
goo自動車&バイク | 27,328 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク