2018年8月28日 更新

トヨタの人気「高級ミニバン」おすすめ中古車種4選

大人数が乗れる車を買いたいとお考えの方には、高級ミニバンはいかがでしょうか?高級ミニバンなら8人乗れる車もありますし、日常の中で使える走行性能を備えています。何より高級と名前がついている通り、普通のミニバンとはラグジュアリー感が違います。今回は高級ミニバンの中から人気の高い4車種を選んで紹介します。どの車も高い人気に見合うだけの性能を持っているため、おすすめですよ。

3,846 views

高級ミニバンとは

高級ミニバンとは一般的によく使われる言葉ですが、特に明確な基準があるわけではありません。よく言われる意味としては、ミニバンの中でも高級さをセールスポイントとした車種といったところでしょうか。

代表的な高級ミニバンとしては、トヨタのアルファードやヴェルファイア、日産のエルグランド、ホンダのオデッセイなどがあります。

そもそも、ミニバンという区分もフルサイズバンという車両区分に対してのサイズ比から決められた言葉です。フルサイズバンは海外では一般的ですが、日本ではあまり見かけない且つ聞き慣れない言葉です。

比較対象が身近にないため、ミニバンの定義を行うことは難しいのですが、ひとまずは「乗車定員が最大8名ほどで、3列シートを備えた車」くらいの認識で良いのではないかと思います。
ミニバンの中でもエクステリアやインテリアの高級感および車内装備などで差別化を図った車種が高級ミニバンだと言えそうです。
今回はトヨタの高級ミニバン4車種を紹介します。

ヴェルファイア

ヴェルファイアはアルファード(後述)の姉妹モデルで、コンセプトやデザインもよく似ています。トヨタではアルファードとの差別化を図るため、ヴェルファイアを力強いイメージで統一させています。
 (70812)

ヴェルファイアは高級ミニバンの中でも良好な走り心地を実現させている車として高い評判を得ています。大容量のエンジンは車体とそこに乗る人員や荷物を動かすパワーを十分供給してくれます。小型乗用車に比べると重さを感じる時はあるかもしれませんが、シティライドを難なくこなす馬力を見せてくれるでしょう。
ヴェルファイアで特筆すべき点はその乗り心地です。ダブルウィッシュボーンリヤサスペンション(上下一本ずつのアームでタイヤを支える懸架方式)などの技術が使われており、多少の振動なら吸収できます。そのように優れた衝撃吸収技術によって、快適なドライブが楽しめるでしょう。さらに、ヴェルファイアでは静粛性にも十分な配慮がされています。大容量のエンジンにも関わらず、運転時は静かな環境の中で落ち着いて過ごせます。

ファミリーカーとして使う際にはヴェルファイアの安全性能が役に立つでしょう。ヴェルファイアは「Toyota Safety Sense」という予防安全技術を搭載しており、この技術は自動ブレーキや標識読み取りディスプレイなどの機能から構成されています。いずれも事故の確率を予防し、安全性を高めてくれる機能ばかりなので、家族連れのユーザーの方などは重宝するのではないかと思います。

ヴェルファイアは2008年5月に初代モデルが発売され、2代目モデルが2015年1月に発売されました。2代目へのモデルチェンジにあたってボディの剛性や遮音性が強化されたりしています。その後、2017年12月にはマイナーチェンジが行われ、予防安全技術の改良などが行われました。2018年1月にはさらなるマイナーチェンジが行われ、エクステリアとインテリアに変更が加えられています。

ヴェルファイアの新車最安グレードは「X(8人乗り)」で3,354,480円~、新車最高グレードは「HYBRID Executive Lounge Z(7人乗り)」で7,508,160円~です。一方、中古車平均価格は265万円で、中古車価格は78万円~1480万円です。中古車価格が非常にお得なことがよくわかると思います。多くの人を乗せながら、力強い走りを体験したいという方はヴェルファイアを検討してみてはいかがでしょうか。

アルファード

アルファードもトヨタが販売するミニバンの中で最上級の位置づけのミニバンです。ヴェルファイアの姉妹モデルという位置づけですが、エクステリアの高級感でヴェルファイアとの差別化を図っています。普通のミニバンでは物足りないという方はゴージャスなアルファードはいかがでしょうか。きっと刺激ある毎日を味わえると思います。
 (70813)

アルファードはヴェルファイアの姉妹モデルだけあって、車両のつくりもほぼ同じ。そのため、走行特性も同様で、強力なエンジンによるパワフルな走り、確かなサスペンション能力に裏打ちされた静粛性と衝撃吸収性はヴェルファイアと共通しています。実用的な性能に関してはアルファードとヴェルファイアはほとんど同じと見てよいでしょう。ちなみに、機能も似ている部分が多くあります。

そのため、どちらの車を買うか迷ったら、エクステリアとインテリアの好みで決めて良いと思います。アグレッシブな見た目のヴェルファイアにするか、優美さの漂うアルファードにするか、選んでみてください。ファミリーカーとして考える場合は家族の意見も参考になるかもしれませんね。

アルファードは2002年5月に初代モデルが売り出され、2008年5月に2代目モデルが発売されました。2011年9月にはマイナーチェンジが行われ、この時に初代モデルで一時期販売されていたハイブリッドモデルが再び追加されます。現行モデルとなる3代目は2015年1月に発売されました。3代目は「大空間高級サルーン」という開発テーマからもわかるように、それまで以上に高級感を意識した作りになっています。2017年12月にはマイナーチェンジが行われ、予防安全技術の追加が行われました。そして、2018年1月のマイナーチェンジではエクステリアとインテリアが一新されています。

アルファードの新車最安グレードは「X」の3,354,480円~で、新車最高グレードは「HYBRID Executive Lounge」で7,358,040円~です。中古車平均価格は278万円で、中古車価格は59万円~1288万円です。中古車でもアルファードの高級感が光る車両は多くあるため、中古車で買い求めるとお得かもしれません。ワンランク上のミニバンライフをアルファードで始めてみてはいかがでしょうか。

エスティマ

トヨタのエスティマも人気を集めている高級ワゴンです。エスティマの人気の秘訣はその曲線を多用したフォルムで、「卵型」になぞらえて呼ばれることもあります。ヴェルファイアやアルファードはインパクトの強い外見でしたが、穏やかな外見のミニバンが欲しい方にはエスティマが良いかもしれません。
 (70814)

エスティマはフラットな乗り心地となっており、ふわっとした感触を伝える評判も多いようです。また、搭載されているCVT-iはエンジンとの制御により変速のショックが少ないスムーズな走行が実現できているようです。

旋回性についてはミニバンの中でも良好な性能を見せるようです。

エスティマは1990年5月に初代モデルが発売されました。その後2代目モデルが2000年に発売されます。この時には駆動方式が前輪駆動に変更され、3.0Lクラスの大型エンジンを搭載したモデルが追加されました。また、2001年6月にはエスティマハイブリッドが追加されています。2006年には現行モデルとなる3代目が追加され、2013年5月にはパノラミックビューモニターなどの機能がオプションとして追加されています。その後、2014年9月にはS-VSC(横滑り防止装置)が追加、2016年6月にはマイナーチェンジがなされるなどして、現在にいたっています。

エスティマの新車最安グレードは「エスティマ AERAS(2WD・7人乗り)」3,312,655円~で、新車最高グレードは「エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM-G」4,928,727円~です。中古車平均価格は123万円で、中古車価格は0.1万円~439万円です。アルファードなどに比べると値段もお得感があり、求めやすいと思います。あなたの生活に柔らかいデザインのエスティマはいかがでしょうか。

ヴォクシー

ヴォクシーは大きさで言えば、ここまで紹介してきたミニバンよりも少し小さくなります。それでも定員は8名で、ミニバンとしてしっかり役に立つことでしょう。他のミニバンでは大きすぎるという方にはヴォクシーがおすすめです。
 (70815)

ヴォクシーの走行性能はミニバンとしては特に際立ったものは無いかもしれません。しかし、これといった欠点も報告されておらず、扱いやすい車という評判がよく聞かれます。静粛性も衝撃吸収性も良く、3代目モデル以降は床を低くしてあるため安定性もさらに増しています。車載機能も「Toyota Safety Sense」や「インテリジェントパーキングシステム」など、他のトヨタ製ミニバンと同等のものが搭載されており、不自由なくドライブが楽しめるでしょう。
ヴォクシーは他のミニバンほど強い持ち味は無いかもしれませんが、使い続けるほどに味が出るタイプだと思います。

ヴォクシーは2001年11月に発売され、2代目モデルは2007年に売り出されました。2010年4月には改良され、燃費が向上しています。その後、2014年1月には3代目にフルモデルチェンジされ、現在まで続いています。3代目にモデルチェンジする際に床を低くする設計がなされ、安定性の向上につながりました。2016年1月には予防安全システム「Toyota Safety Sense」が搭載され、現在にいたっています。

ヴォクシーの最安グレードは「X」2,466,720円〜で、最高グレードは「HYBRID ZS」3,269,160円~です。中古車平均価格は139万円で、中古車価格は0.1万円~394万円です。中古車価格は新車価格から考えてやや高めで、その分この車両の人気を物語っていると言えそうです。使いやすい大きさのミニバンが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は高級ミニバンのうち、人気のある4車種を紹介しました。どの車両を選んでも大人数で楽しめることでしょう。行楽シーズンには今回紹介した高級ミニバンで楽しい思い出を作ってみてもよいかもしれません。

あるいは、ファミリーカーとして日常の中で使うこともできるでしょう。どのような使い方にせよ、あなたの選んだ一台は大いに役に立ってくれると思います。高級ミニバンの持ち味を楽しんでみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高級ミニバンの雄!中古で買うアルファードの中古価格とおすすめモデル

高級ミニバンの雄!中古で買うアルファードの中古価格とおすすめモデル

トヨタのミニバンの中でも最上ランクに位置する車両が2002年から販売されているアルファードです。アルファードは走行性能と静音性、独特の高級感が特徴です。加えて、定員が多いことからファミリーカーとしても人気が高く、万人に愛される親しみやすさも持っています。今日ではアルファードの人気は不動のものとなっており、憧れを抱いているユーザーの方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回は2代目および3代目のアルファードの魅力と中古価格について解説します。
goo自動車&バイク | 2,079 views
ミニバンのおすすめ7選 中古車市場でも熱いミニバンはこれだ

ミニバンのおすすめ7選 中古車市場でも熱いミニバンはこれだ

中古車市場でもファミリーに絶大な人気のミニバン。トヨタ、日産、ホンダの一押しおすすめミニバンを紹介。さらにLLサイズのミニバンや軽ミニバンなどをご紹介します。
goo自動車&バイク | 31,304 views
トヨタの人気ミニバン「ノア」モデル別の特徴中古車価格は?

トヨタの人気ミニバン「ノア」モデル別の特徴中古車価格は?

トヨタ ノアはヴォクシーの兄弟車としても知られるミニバンです。2017年7月にマイナーチェンジが行われ、これまでと違ったフォルムになったことを覚えている方も多いのではないでしょうか。ただ、具体的にどのように変わったのかよくわからない方も多いと思います。そこで今回はマイナーチェンジの前と後の特徴にも触れながら、ノアの中古車情報を解説します。
goo自動車&バイク | 1,240 views
トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタのヴェルファイアはアルファードと並んで同社が提供するミニバンの最上級ランクに位置づけられている名車です。兄弟者として位置づけられているアルファードとはまた違ったデザインに魅力を覚えているユーザーも多いのではないでしょうか。ヴェルファイアはかっこいいだけではなく性能もしっかりしているため、極上のカーライフを演出してくれるでしょう。今回はヴェルファイアの中古車価格の特徴についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,398 views
根強い人気のトヨタ ハイエース。中古車価格と選び方は?

根強い人気のトヨタ ハイエース。中古車価格と選び方は?

トヨタ ハイエースは積載能力の高さと使いやすさで大人気で、とにかく実用的な車が欲しい方におすすめです。さらに、ハイエースは耐久性が高く、数万kmでは全く走りに影響が出ません。今回はハイエースの魅力と性能、そして中古車市場での選び方などを紹介します。
goo自動車&バイク | 2,364 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク