2016年7月5日 更新

宮城ドライブおすすめ観光スポット10選

海も山もある宮城のドライブは、観光スポットがたくさんあります。美味しい新線魚類や牛タンなどのグルメ、温泉や松島などの景勝地など、見どころがたくさんあります。

2,217 views

蔵王・御釜

thinkstock (41720)
刈田岳、五色岳、熊野岳に囲まれた火山湖。宮城方面または反対の山形方面より、景観のいい蔵王エコラインをドライブ。途中、蔵王有料のハイラインへ入って御釜を目指します。蔵王山頂レストハウスより徒歩で100メートルで御釜へ。別名で五色沼とも言われ、エメラルドグリーンに輝く湖はまさに神秘的。
■蔵王・御釜
・アクセス:蔵王エコーラインより蔵王ハイラインへ、山頂駐車場から徒歩
・住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
・駐車場:あり
・URL:http://www.zao-machi.com/31

国営みちのく杜の湖畔公園

 (41741)

東北唯一の広大な国営公園で、公園内に南地区、里山地区、北地区とゾーンが分かれています。南地区は古民家のある「ふるさと村」や子どもが遊べる「わらすこひろば」、「湖畔のひろば」などがあり遊べる施設が多く集まっています。北地区はオートキャンプ場や農業体験などができるようになっています。
■国営みちのく杜の湖畔公園
・アクセス:山形自動車道宮城川崎ICから約10分
・住所:宮城県柴田郡川崎町大字小野字二本松53-9
・駐車場:有料(普通車310円)
・URL:http://www.michinoku-park.info/wp/

金華山

gettyimages (41743)
金華山は牡鹿半島の先にある島です。島全体が黄金山神社の信仰対象となっています。恐山、出羽三山とともに「奥州三霊場」の一つ。自然が残り、神の使いとされる鹿が多く住んでいます。島へは、女川からまたは鮎川から航路でアクセスします。
■金華山
・アクセス:三陸自動車道石巻港I.Cもしくは石巻河南I.Cで降り、万石橋を渡り県道2号線(石巻―鮎川線)を通って鮎川港まで。
・住所:宮城県石巻市鮎川浜金華山5番地
・URL:http://kinkasan.jp/

石ノ森萬画館

 (41753)

「仮面ライダー」「サイボーグ009」「さるとびエッちゃん」などの代表作で知られる漫画家・石ノ森章太郎のキャラクターや資料、映像ホールなどが満載の記念館です。東日本大震災の津波被害を受けたものの、翌年には復興してリニューアルしました。石巻駅から記念館までの途中には、キャラクターのフィギュアもたくさん見られるので、ワクワクしながら歩いてみるのも楽しいですよ。
■石ノ森萬画館
・アクセス:三陸自動車道石巻河南ICから車で約10分
・住所:宮城県石巻市中瀬2番7号
・駐車場:あり(1時間無料)
・URL:http://www.man-bow.com/manga/

仙台城跡

gettyimages (41724)
伊達政宗が築いた仙台藩の居城のあった場所。過去の地震や仙台空襲などにより遺構が少ないものの、仙台市博物館などで貴重な資料を見ることができます。高台になっているため仙台市街の見晴らしがとてもよく、写真などでおなじみの伊達政宗像がりりしくそびえ立っています。
■仙台城跡
・アクセス:仙台駅西口バスプール16番乗り場 るーぷる仙台「仙台城跡」前下車すぐ
・住所:仙台市青葉区川内1
・駐車場:あり(有料)
・URL:http://www.city.sendai.jp/kensetsu/ryokka/midori100/guide/015/015.html

仙台市八木山動物公園

 (41772)

2015年12月6日に仙台市地下鉄東西線が開業し、地下鉄八木山動物公園駅ができました。これにより、地下鉄でのアクセスが便利になりました。チンパンジーやカンガルー、スマトラトラなど、約150種500頭の動物が見られます。
■仙台市八木山動物公園
・アクセス:東北自動車道仙台南ICから車で約9km
・住所:宮城県仙台市太白区八木山本町1-43
・駐車場:最初の30分まで無料
・URL: http://www.city.sendai.jp/kensetsu/yagiyama/

松島

gettyimages (41725)
松島は、松尾芭蕉が奥の細道にて歌を詠んだのがあまりにも有名な日本三景の一つ。遊覧船に乗って松島湾クルーズを楽しみましょう。スフィンクスのような形をした「仁王島」や伊達政宗が気に入った「千貫島」、4つの穴が開いていて波が鳴り響く「鐘島」などユニークな島々を鑑賞しましょう。
■松島(観光船)
・アクセス:仙台東部道路松島海岸ICより5分
・住所:宮城県松島町松島町内98-1
・駐車場:近隣駐車場あり
・URL:http://www.matsushima.or.jp/

大高森

thinkstock (41726)
松島湾を一望できる穴場の展望スポットです。松島湾の展望がいい四大観の一つで「壮観」と言われます。奥松島地区にあります。嵯峨渓や松島湾を一望できる穴場の展望スポットです。松島湾の展望がいい四大観の一つで「壮観」と言われます。奥松島地区にあります。登山道もあり、ちょっとしたハイキングも。
■大高森
・アクセス:JR仙石線野蒜駅から登口まで車15分
・住所:東松島市宮戸
・駐車場:あり
・URL:http://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=132

鳴子峡

gettyimages (41727)
こけしづくりの伝統工芸がある鳴子温泉峡。その中山平温泉地区にある鳴子峡は、景観スポットとして多くの観光客が訪れています。大谷川が作り出した高さ100メートルもの断崖絶壁が2.5kmも続き、とくに10月から11月の紅葉時期は見事な色とりどりの絶景が見られます。
■鳴子峡
・アクセス:東北自動車道古川IC40分
・住所: 宮城県大崎市鳴子温泉尿前~星沼地内
・駐車場:あり(紅葉時期有料)
・URL:http://www.naruko.gr.jp/onsenkyo/leisure/

秋保大滝

gettyimages (41729)
名取川の上流にあり、秋保温泉とハシゴで訪れたいスポット。日本の滝100選に選ばれ、日本三名瀑の一つにもなっています。遊歩道から滝つぼまで行くことができるので、間近で滝の迫力を見ることができます。
■秋保大滝
・アクセス:東北自動車道仙台南ICから車で30分
・住所:太白区秋保町馬場字大滝
・駐車場:大型車6台、普通車100台
・URL:http://www.city.sendai.jp/kensetsu/ryokka/midori100/guide/077/077.html
宮城ドライブスポットを紹介しましたが、いかがでしたか?思い出に残りそうな美しい景勝地がたくさんありましたね。惜しくも紹介しきれない観光スポットがまだまだたくさんあります。宮城は海のいいところもあれば、山奥の自然たっぷりなところでゆったりすることもできるので、楽しいドライブでお出かけしたくなりますね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サイクリストに人気の旅行先ランキングTOP10

サイクリストに人気の旅行先ランキングTOP10

美しい景色を眺めながら、自分の足で漕ぐ自転車の旅はとても魅力的です。全国のサイクリストが訪れる人気のエリアはどこでしょうか。楽天トラベルが発表したサイクリストに人気の旅行先ランキングのTOP10を紹介します。
goo自動車&バイク | 2,981 views
人生で一度は行きたい日本のお祭りランキングTOP10

人生で一度は行きたい日本のお祭りランキングTOP10

日本全国津々浦々、個性豊かなお祭りが賑わいをみせています。地方ごとに特色のあるお祭りには、歴史ある伝統や独特の踊り、文化など日本を楽しむにもピッタリのお祭りが多くあり、思わず訪れてみたくなります。今回はH.I.S.が実施したSNSの旅好きフォロワーの方々を対象に集計した、「2016年、行ってみたい!日本のお祭りランキング」をご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,727 views
東北ドライブおすすめ観光スポット10選

東北ドライブおすすめ観光スポット10選

東北には美しい自然に恵まれた絶景の観光スポットがたくさんあります。ブナの木が生い茂る自然林や透明度の高い神秘的な湖。人の手が少ないからこそそのままの形で残されたありのままの自然が多いのが特徴です。ぜひドライブで感動を味わえるところへ行ってみませんか?
goo自動車&バイク | 4,569 views
ご当地グルメ日本一は?旅めしランキングTOP10

ご当地グルメ日本一は?旅めしランキングTOP10

ドライブの醍醐味の一つはご当地グルメ!楽天トラベルで「旅めしランキング」の1位に選出された都道府県のご当地グルメの中から、さらに人気投票を行った「全国版旅めしランキング」のTOP10と共に、TOP10に入ったご当地グルメが食べられるおススメのお店も合わせてご紹介します。栄えある1位のご当地グルメは何?
goo自動車&バイク | 5,145 views
松島ドライブで行きたい観光スポット10選

松島ドライブで行きたい観光スポット10選

日本三景のひとつに数えられる宮城県の松島は、雄島や四大観など日本の美しい景観が楽しめるビュースポットが数多くある町です。今回はそんな松島のおすすめ観光スポットを紹介します。
goo自動車&バイク | 5,172 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク