2019年9月26日 更新

【2019年版】福祉車両におすすめ5選

車はドライブや買い物など、生活を楽しむためだけでなく、病院への送迎や障害がある方の行動範囲を広げることもできます。福祉車両があれば、便利に外出することができるでしょう。福祉車両として利用できる車を5台選んでみました。

2,857 views

福祉車両の種類を理解しよう

【2019年版】福祉車両におすすめな車5選
福祉車両を検討しておられるということは、ご家族などが何らかの障害を持っておられるということでしょう。
もしくは、年齢故に日常生活での動作が難しくなっている可能性もあります。
福祉車両の購入を考える前に、福祉車両の種類を理解しておくのは大切です。

大きく分けると車椅子ごと乗り込むタイプや、車椅子からシートに移動するタイプに分けられます。
それぞれのタイプで、他に乗車できる人数の違いや、車に乗車する方法が異なります。
車に乗り降りする環境によっても必要な装備が変化するでしょう。

さらに詳しく見ていきましょう。

車椅子ごと乗り込む

車椅子から降りるのが難しい場合には、車椅子ごと乗り込むタイプの福祉車両が良いでしょう。
車椅子から降りずに、スロープやリフトを使って乗り込みをします。

スロープタイプやリフトを使うタイプでは、車両の後部にスペースが必要となります。
また車両の後部が車椅子を固定する装置やリフトがあるので、座席のスペースが少なくなってしまうのも考える必要がある点です。

ミニバンタイプであれば、車椅子を含めて6人乗ることができます。
軽自動車で車椅子ごと乗り込むと、車椅子を含めると3人乗車になります。

このように、何人乗車する必要があるかも、福祉車両を選択する時の基準となるでしょう。

車椅子からシートに乗り込む

車椅子からシートに乗り込むタイプの福祉車両は、ご自身で車椅子からシートへ移ることができるか、シートの乗り換えの介助をして頂ける方に適した福祉車両です。
シートが回転してスライドしたり、車外まで昇降したりして、シートの乗り換えがしやすくなっています。

既述の車椅子ごと乗り込むタイプと比較すると、装置のスペースが少なくなるので、普通の車とシート配置も近いものとなります。
シートが回転するだけなのか、もしくはシートが昇降までできるのかで、使い勝手が大きく変わります。

要介護者の必要度に合わせて、シートの装備を考えるといいでしょう。
いずれにしても、車椅子からシートに乗り込むタイプは、助手席側にスペースがあることが乗り降りの条件となるので、覚えておく必要があるでしょう。

おすすめの福祉車両5選

この記事では、おすすめの福祉車両と、どのような装備を選択できるのかを説明します。
家族や要介護者の必要に合わせて、適切な福祉車両の装備を考慮してみましょう。

ダイハツ タント

【2019年版】福祉車両におすすめな車5選
ダイハツには、「フレンドシップシリーズ」が福祉車両として設定されています。
タントには、スロープが使える「スローパー」とシートが昇降する「ウェルカムシートリフト」、シートが回転する「ウェルカムターンシート」があります。

「スローパー」は、ウインチを使って車椅子ごと乗り込むことが可能です。
さらに「ウェルカムシートリフト」では、100kgまでシートが昇降できるので、簡単に乗り降りができます。
「ウェルカムターンシート」は、回転シートだけでなく、パワークレーンがついているので、車椅子を積み込むのも楽にできます。

トヨタ シエンタ

【2019年版】福祉車両におすすめな車5選
シエンタにも、ウェルキャブシリーズが設定されています。
シエンタで選択できるのは、スロープがある車椅子仕様車、助手席回転チルトシート車です。

車椅子仕様車では、車椅子の大きさによっても、どこの乗車するのか選択可能です。
また助手席回転チルトシートを装備しているタイプもあります。

助手席回転チルトシート車には、通常の回転機能の他にも、手動の車椅子収納装置を備えているタイプもあります。
30kgまでの車椅子を容易に積み下ろしが可能です。

ホンダ N-BOX+

【2019年版】福祉車両におすすめな車5選
ホンダ N-BOX+では、車椅子仕様が用意されています。
N-BOXより派生したN-BOX+は、さらなる可能性をプラスするために開発された車両です。
車椅子のまま乗り込めるように、アルミのスロープが設置されています。

また介護者も簡単に介助できるように、電動ウインチが装備されています。
福祉車両として優れているだけでなく、使うシーンに合わせて、シートアレンジを工夫できるのも特徴です。
車椅子を載せない時には、4人乗車で広く使ったり、スロープの下のスペースに介護に必要なものを置いたりできたりと、使い方が広がります。

ダイハツ ムーヴ

【2019年版】福祉車両におすすめな車5選
ダイハツの人気車種であるムーヴにも、福祉車両が設定されています。
ムーヴに設定されているのは、ムーヴフロントシートリフト。
助手席が昇降するタイプの福祉車両です。

リモコン操作でシートを昇降させることができ、必要な位置までシートが車外に出てきます。
また車椅子を固定するところには、固定ベルトがあるので、車椅子が動く心配もありません。
リアガラスにぶつかることなく、安全に車椅子を固定できます。

日産 セレナ 

【2019年版】福祉車両におすすめな車5選
セレナは、必要に合わせて様々な装備から選択することができます。
乗り降りをステップでサポートするタイプに始まり、スロープやリフターがついているものや、スライドアップシートがついているものもあります。

要介護者や介助者に合わせて、必要な装備を選択できるのがメリットです。
ミニバンタイプのモデルですので、乗車人数が多いのも、他の福祉車両と比較するとメリットになるでしょう。

福祉車両のタイプを見定めて選ぼう

【2019年版】福祉車両におすすめな車5選
福祉車両は、装備の種類によって様々なタイプがあることが分かります。
要介護者だけでなく、介助する側の負担も変わりますので、福祉車両を購入する際には、タイプを良く見極めてください。

必要な装備がある中古車がないか、確認してみることもおすすめします。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

福祉車両の上手な選び方 助成制度を賢く利用しよう

福祉車両の上手な選び方 助成制度を賢く利用しよう

家族または自身の運転の利便性から福祉車両を選択することもあるでしょう。しかし一口に言っても福祉車両にはさまざまな種類があります。基本的には、全てを備えた車両というよりは、生活スタイルに合わせた車両を選択するのが一般的。どのような種類があり、どのような場合に向いているのかを確認してみましょう。
goo自動車&バイク | 2,128 views
機能も豊富になった福祉車両、最新車種のおすすめはどれ?

機能も豊富になった福祉車両、最新車種のおすすめはどれ?

「福祉車両」というと車イスの人が乗る車と決めがちです。しかし、高齢化社会に対応するように、乗り降りしやすいシートなど親切設計で、高齢の家族を乗せることもできる身近な車になってきています。最新の「福祉車両」をご紹介しますので、購入の際の参考にしてみてください。
goo自動車&バイク | 193 views
一度は乗ってみたい外車 乗れるならどの車?【編集部セレクト6選】

一度は乗ってみたい外車 乗れるならどの車?【編集部セレクト6選】

国産車も魅力がたくさんありますが、外車には国産車にはない魅力が。外車の中でも、高級なモデルは一度でも乗ってみたいと思わせるモデルがたくさんあります。2019年のモデルの中から、編集部員セレクトで紹介します。高嶺の花と思っている自動車に少し視線を向けてみましょう。
goo自動車&バイク | 286 views
【極上の空間】ベンツBクラス新型紹介【中古価格も紹介】

【極上の空間】ベンツBクラス新型紹介【中古価格も紹介】

メルセデス・ベンツが2019年6月に日本発売を開始した新型Bクラス。コンパクトサイズなだけでなく、積載性にも優れている従来のメリットはそのままに、魅力をさらに高めているモデルです。どのようなモデルチェンジの内容だったのか、また充実の装備についても解説します。
goo自動車&バイク | 3,029 views
新型ジャガーXJはEV化!?【中古価格・スペックも紹介】

新型ジャガーXJはEV化!?【中古価格・スペックも紹介】

ジャガーの歴史あるモデルXJが販売を終了し、EV化される可能性が報じられています。50年もの歴史があるモデルが、電動自動車になるのは大きな変化です。どのようなモデルになるのか、また現行モデルのスペックや中古価格と合わせて説明しましょう。
goo自動車&バイク | 693 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク