2016年4月5日 更新

直島でアート巡り!おすすめの人気観光スポット5選

「アートの楽園」として有名な瀬戸内海上に浮かぶ直島。島の美しい自然と融合した現代アートの数々は一見の価値ありです。今回はそんな直島の人気観光スポットを紹介します。

2,567 views

地中美術館

Tadao Ando - 地中美術館 Chichu Art Museum 18.jpg | Flickr - Photo Sharing! (22288)

建物の大半が地中に埋まっているユニークな「地中美術館」は直島でも多くの観光客が訪れる人気スポットです。地下でありながら頭上から自然光が入ってくる不思議な空間は、建築家「安藤忠雄」の設計によるもの。展示されているのはクロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレルの3人の作品で、作品に応じて展示空間が作られているのが特徴です。なかでも有名なのが自然光のみで鑑賞できるモネの「睡蓮」シリーズでしょう。
■地中美術館
・アクセス:宮浦港から車で約20分
・住所:〒761-3110 香川県香川郡 直島町3449-1
・営業時間:3月1日 ~ 9月30日
      10:00 ~ 18:00( 最終入館17:00 )
      10月1日 ~ 2月末日
      10:00 ~ 17:00( 最終入館16:00 )
・定休日:月曜(祝日の場合、翌日休館)
・駐車場:チケットセンターにあり
・URL:http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

ベネッセハウスミュージアム

File:Benesse house01s3200.jpg - Wikimedia Commons (22295)

直島に行ったらぜひ宿泊したいのが「ベネッセハウスミュージアム」。コンセプトは「自然・建築・アートの共生」。美術館と一体化しているホテルで、施設内のレストランやカフェ・ライブラリなどいたるところに作品が展示されています。ミュージアム内は宿泊者であれば入館無料。一流アーティストたちが、その場所に応じて製作した作品が展示されています。
■ベネッセハウスミュージアム
・アクセス:宮浦港から車で20分のチケットセンター駐車場に止め、その後徒歩で約16分。
・住所:〒761-3110 香川県香川郡直島町琴弾地
・開館時間:8:00〜21:00(最終入館20:00)
・定休日:なし
・駐車場:地中美術館周辺に駐車場あり
・URL:http://benesse-artsite.jp/art/benessehouse-museum.html

直島銭湯I♥湯

直島銭湯「I♥湯」 / 大竹伸朗 | Flickr - Photo Sharing! (22298)

宮浦港近くにある「直島銭湯I♥湯」はアートと浴場が融合した入浴施設です。「ゆ」のネオンマークが強烈な外観は直島ならではのユニークさ。担当したのはアーティスト「大竹伸朗」。内観も浴槽のタイルや壁画・トイレなど細部にいたるまで、「スクラップブック」と呼ばれる彼の得意な手法を用いて製作されています。また、番台で販売されている大竹伸朗が手掛けたオリジナルグッズも魅力のひとつです。
■直島銭湯I♥湯
・アクセス:宮浦港から車で約1分
・住所:〒761-3110 香川県香川郡、直島町戒加茂町
・営業時間:平日は14:00 〜 21:00(最終受付20:30)
      土・日・祝は10:00 〜 21:00(最終受付20:30)
・定休日:月曜(休日の場合、翌日休館)
・駐車場:町営有料駐車場を利用
・URL:http://benesse-artsite.jp/art/naoshimasento.html

李禹煥美術館

File:Lee U-Fan museum 李禹煥美術館 香川県香川郡直島町字倉浦 PC192993.jpg - Wikimedia Commons (22303)

「李禹煥美術館」は、「もの派」を代表する国際的なアーティストである「李禹煥(リ・ウーファン)」と建築家である「安藤忠雄」のコラボレーションによって実現した美術館です。展示作品は李禹煥の70年代~現在までの絵画と彫刻で、展示作品が最大限活かされるように建築物が設計されています。広場に建つコンクリート柱は李禹煥のアイデアによるもの。縦軸を強調した柱が、穏やかな空間をピンとはりつめたものにさせています。
■李禹煥美術館
・アクセス:宮浦港から車で約20分のチケットセンター駐車場に止め、そこから徒歩で5分。
・住所:〒761-3110 香川県香川郡直島町字倉浦1390
・開館時間:3月1日 ~ 9月30日
      10:00 ~ 18:00( 最終入館17:30 )
      10月1日 ~ 2月末日
      10:00 ~ 17:00( 最終入館16:30 )
・定休日:月曜(祝日の場合、翌日休館)
・駐車場:あり(ただし、ベネッセハウス宿泊の方のみ)
・URL:http://benesse-artsite.jp/art/lee-ufan.html

宮浦ギャラリー六区

宮浦ギャラリー六区 | Flickr - Photo Sharing! (22309)

2015年から最始動した直島の新たなアートスポットが「宮浦ギャラリー六区」です。ここでは他のアートスポットとは少し異なった趣向がとられており、アーティストたちの作品を鑑賞するほかにも、トークイベントやワークショップなどユーザー参加型のイベントを多数用意されています。今年は「アーティスト in 六区 2016」として、3人の若いアーティストによるイベントが開催される予定。また、建物は「人々のたまり場」となるよう願いを込めて、町民たちの憩いの場であったパチンコ店を改装して製作されました。
■宮浦ギャラリー六区
・アクセス:宮浦港から車で約1分
・住所:〒761-3110 香川県香川郡直島町2310-77
・開催期間:vol.1 飯山由貴 2016年3月20日 ~ 4月17日(春会期)
      vol.2 片山良徳 2016年7月18日 ~ 9月4日(夏会期)
      vol.3 片山真理 2016年10月8日 ~ 11月6日(秋会期)
・開館時間:14:00 ~ 20:00
・定休日:月曜(祝日の場合、翌日休館)
・駐車場:周辺に町営有料駐車場あり
・URL:http://benesse-artsite.jp/art/miyanoura-gallery6.html

まだまだ見どころ満載の直島

港で観光客を出迎える「赤かぼちゃ」は直島のシンボル的存在です。美術館や施設以外にも、なんの変哲のない道ばたや神社の広場などに溶け込むようにあるアートを探してみるのも面白いですよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋の国内旅行人気上昇エリアランキング【2016】

秋の国内旅行人気上昇エリアランキング【2016】

旅行予約サービス「楽天トラベル」は、2016年10月1日(土)から2016年11月30日(水)間の国内旅行の予約人泊数をもとに、「2016年 秋の国内旅行人気上昇エリアランキング」を発表しました。トップ10には四国エリアの3県(香川県、徳島県、愛媛県)、山陽・山陰エリアの3県(島根県、鳥取県、岡山県)がランクインし秋の旅行先として予約が好調です。
goo自動車&バイク編集部 | 6,046 views
【瀬戸内国際芸術祭 2016】BMW iが世界最大級のアートイベントを応援

【瀬戸内国際芸術祭 2016】BMW iが世界最大級のアートイベントを応援

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)が取り扱う、持続可能な次世代モビリティを提供するプレミアム・ブランドBMW i(アイ)は、香川県および岡山県において本年3月20日(日)から春、夏、秋の3シーズンに分けて合計108日間にわたり開催される「瀬戸内国際芸術祭(Setouchi Triennale) 2016」に協賛します。
goo自動車&バイク編集部 | 1,135 views
日本最大の美術館「大塚美術館」とは?

日本最大の美術館「大塚美術館」とは?

徳島の鳴門公園内に、日本で最大級の美術館「大塚国際美術館」があります。1000点あまりの名画のレプリカを揃えた美術館です。え、偽物の美術館?と思わないでください。実はこんなにすごいんです。
goo自動車&バイク | 1,273 views
四国四県で対決!香川だけじゃない四国の人気うどん店5選

四国四県で対決!香川だけじゃない四国の人気うどん店5選

うどん、というと何県を思い浮かべますか?多くの人はやはり香川県を連想するのではないでしょうか。でもちょっと待ってください。もはや全国規模で人気のある北海道の地方番組「水曜どうでしょう」の企画の中でもわざわざ食べに行ったほどのうどん屋さんが他の県にもあるんです。今回は四国四県それぞれのおいしくて人気のあるうどん屋さんを件ご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,335 views
香川の新しい魅力発見!小豆島おすすめスポット

香川の新しい魅力発見!小豆島おすすめスポット

瀬戸内海に浮かぶ小豆島。温暖な気候と、オリーブの栽培で知られています。小説「二十四の瞳」の舞台になり、映画化もされてその自然の美しさなどが全国的に知られるようになりました。そんな小豆島でおすすめのスポットを紹介します。
goo自動車&バイク | 543 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク