2016年10月17日 更新

ボルボ 140誕生から50周年!その軌跡をたどる

ボルボの名を世界に知らしめたミリオンセラー、ボルボ140が誕生してから50周年を迎えます。ボルボ140の節目の年からボルボ140のたどってきた軌跡を振り返ってみましょう。

1,060 views

ボルボの名を世界に知らしめた「ボルボ140」

ボルボ140は、1966年、ボルボより発表されたモデルです。8年間で約125万台を生産し、ボルボで初のミリオンセラーを達成した幻のモデル。ボルボ140は、ボルボの名を世界に知らしめた立役者でもあるのです。そんなボルボ140は、1900年代半ばを象徴するような雰囲気が魅力的。当時からシンプルながらもモダンなデザインに魅了される人は少なくありませんでした。
プレスリリース | ボルボ・カー・ジャパン (55823)

ボルボのネーミングに隠された意味

さてそんなボルボ140シリーズですが、1966年8月の発表後、同年に量産型である144の生産、翌年1967年に2ドア型の142、1968年にエステート145の生産が始まっています。特に、外国産の車では数字がよく用いられているのですが、このボルボシリーズの数字にも意味があるのだとか。例えば、142を例に挙げてみると、1番目がシリーズを示す数字、2番目が気筒数、3番目がドア数になるのだとか。こうして分解してみると、ネーミングもシンプルで分かりやすいですね。因みに、1968年のボルボ145のエステートは、ボルボが生産するエステートのベースとなりました。
thinkstock (55826)

1969年にはボルボ140に関連する164が発表

さて、ボルボ140シリーズが発表されてから早2年、1969年の秋にはボルボ164が発表されます。シリーズ名が1で変わらないということからわかるように、この164はボルボ144を改良してつくられたモデル。ボルボ140の進化型と言えるモデルでした。144との違いは、ネーミングにもあるように気筒型。ボルボ144が4気筒であったのに対し、直列6気筒とさらなる馬力が加わっていることが分かります。実は、この6気筒というのは、ボルボでは10年ぶりの試みでした。しかも、これまではタクシー向けにつくられたものばかりで、自家用車として採用したのは初。6気筒を搭載したことによって、エンジン部分が大きくなり、全モデルである144よりもフロント部分が少し長めのデザインになっています。エクステリアも以前より高級さを感じさせますね。
All sizes | 1973 Volvo 164 | Flickr - Photo Sharing! (55828)

ボルボ140を受け継ぐ240シリーズ

ここまで、デザインやエンジン技術の面から世界でヒットを記録してきたボルボ140シリーズでしたが、1974年をもって生産が終了してしまいます。しかしその人気は衰えず、栄光は1993年まで続きました。そして、ボルボを輝かしく飾った140シリーズの後を引き継いだのが、240シリーズです。大型のバンパーにフロントなど変化がもたらされた点もありましたが、そのベースはボルボ140シリーズそのもの。ボルボ140シリーズ同様、19年という長期の生産に置いて280万台販売というヒット作へと昇りつめました。
All sizes | Volvo 240 GLE 1987 | Flickr - Photo Sharing! (55830)

ボルボのたどって来た軌跡

ボルボ140シリーズを色濃く継いだ240シリーズは1993年で販売終了していますが、ボルボの技術の根底にある安全性は創業当初以来変わっていません。さらに、140シリーズのひとつ145の雰囲気は現行モデルでもあるボルボV70などにもしっかりと活きています。良いクルマづくりをしっかりと残しながら、さらに革新的な変化へ。ボルボが世界でヒットを収めた秘訣かもしれませんね。
世界を風靡したボルボ140シリーズが誕生してから早50年。ボルボは、140シリーズというヒット作から一貫してボルボ独自の路線で自動車業界をリードしてきました。140シリーズからのベースがしっかりと今のボルボにも引き継がれているというのが、ボルボの魅力のひとつかもしれませんね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

頑丈な車ランキング 衝突しても安全な車はこれだ!

頑丈な車ランキング 衝突しても安全な車はこれだ!

車を買うなら頑丈な車を選びたいですよね。やっぱり国産? それとも外車?自動車事故対策機構の自動車アセスメントのデータを元に、衝突安全性能の高い「頑丈な車」をご紹介します。
goo自動車&バイク | 161,442 views
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車まとめ

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車まとめ

2016年12月9日、「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決定しました。ノミネート全35車種から一次選考によって「10ベストカー」が選出され、さらにこの日59名の選考委員による最終選考会が行われました。ここでは各受賞車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 22,770 views
RJCカーオブザイヤー受賞車発表!2017年は日産セレナが二冠

RJCカーオブザイヤー受賞車発表!2017年は日産セレナが二冠

11月15日、2017年次RJC カー オブ ザ イヤーの最終選考会がツインリンクもてぎで行われ、日産セレナが2017年次「RJCカーオブザイヤー」あわせて日産セレナに搭載された「プロバイロット」が「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞。さらにボルボXC90が「2017年次RJCカーオブザイヤー・インポート」を受賞しました。
goo自動車&バイク編集部 | 6,914 views
ボルボとUberが自動運転開発で提携

ボルボとUberが自動運転開発で提携

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カー・コーポレーションとアメリカの配車ビジネスを展開するUberが自動運転において提携することを発表しました。提携の内容とその狙いとは?加熱する自動運転ビジネスで注目の提携劇を確認してみましょう。
goo自動車&バイク | 325 views
ボルボ XC60 Classic(クラシック)を発売

ボルボ XC60 Classic(クラシック)を発売

ボルボ・カー・ジャパン株式会社は2016年8月23日に、「XC60 D4 Classic」と「XC60 T5 AWD Classic」を発売しました。本体価格はXC60 D4 Classic が599万円で、XC60 T5 AWD Classicが629万円です。この記事ではXC60 Classicの特徴と魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,129 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク