2018年6月27日 更新

【50万円以下】中古で買える「光岡自動車」おすすめ車種4選

突然ですがクラシックカーはお好きですか?もしクラシックカーがお好きなら、光岡自動車の車を検討してみてはいかがでしょう。光岡自動車の車は外装をクラシックカー風に仕上げてありながら、性能は国産車そのものです。職人の手仕事で仕上げられた車体はクラシックカーとはまた別の魅力すら感じられます。今回はそんな光岡自動車の中古人気車種4種を紹介していきます。

3,787 views

光岡自動車とは

 (69407)

光岡自動車は1968年富山市で創業された自動車会社です。事業としては輸入車販売中古車販売、コンプリートカーの製作および販売を行なっています。
コンプリートカーとは既存の車に改造を加えた車のことです。

光岡自動車の手がける車は他にはない特徴を持ったものが多く存在しています。

1982年に販売した「ゼロハンカー」(現在では販売中止)はその代表例でしょう。ゼロハンカーは原付免許で運転できる車という画期的な車でした。

このように光岡自動車は大企業ではできないニッチな分野をついて独自の製品を発表し続けてきています。

もしもあなたがパイクカーが好きなら、光岡自動車の車を強くおすすめします。パイクカーとはクラシックカーを模して作られた車のことです。光岡自動車で販売している車はロールスロイスなどの名車を参考にしたレトロなデザインで、クラシックカー特有のボディラインが好きな方にはたまらないでしょう。

また、光岡自動車の作る車は受注生産によって一台一台職人の手によって作られるため、大量生産品には出てこない味が出てきます。職人気質あふれる姿勢も光岡自動車が長く愛される理由なのでしょう。

車を買う時に走行性能を重視する方は、他のメーカーの車を検討した方がいいかもしれません。

光岡自動車で販売されている車は既存の車を改造したものであるため、原型の車と性能面ではあまり変わりません。むしろ外装を変えることで重量が増し、走行性能がわずかに落ちているという場合もあります。

光岡自動車の創業者である光岡進は2018年次RJCカーオブザイヤーの人物部門、パーソンオブザイヤーを受賞しました。独特のコンセプトで市場を開拓してきた業績が認められたためです。

これからも光岡自動車は他社では真似できない製品路線を追求していくでしょう。

中古車選びの注意点

中古車を選ぶときには様々なことに気をつけなければいけません。とりあえずは、以下のことに気をつけるだけでも購入時の間違いは減らせると思います。

まず、中古車を買う時には「なぜその車を買うのか」を明らかにしておきましょう。

通勤やレジャーに使いたい、特定メーカーの車が好き、使いたい機能がある、あこがれの外観の車に乗りたい、など様々な目的があると思います。中古車を選ぶときに迷わないためにも、どのような目的があって車に乗りたいと考えているか確認しておきましょう。

中古車の値段や性能の1つの目安が走行距離です。

走行距離は一般的には10万kmが限界と言われていますが、最近では製造技術の進歩によって10万kmを超えても問題なく走る場合が多いようです。走行距離が多い車でも値段が安ければ購入を考えてもよいかもしれません。

多くの場合、5万km、10万kmを境として価格が変わります。

価格を考える時には車検・整備費用もあわせて考えてみてください。

中古車の情報では「車検残」、「車検付」、「車検別」、「車検無」といった表記があります。このうち「車検残」以外は車検費用が必要となります。「車検残」は「〇年〇月」と年月が記載してあり、記載の年月まで車検を行う必要はありません。

「車検付」は車検を合格するために必要な整備費用が含まれているという意味なので、車検そのものの代金などは別に支払います。「車検別」と「車検無」は自分で車検を実施してもらう必要があります。
また、修復歴があるかどうかも見ておきましょう。

修復歴とは車の骨格部分を修復したことがあるかどうかを表し、車によっては修復できない損傷が残っている場合もあります。

修復できない損傷とは、例えば衝突事故の際のボディーのゆがみです。車体のゆがみは乗り心地やステアリング能力につながるため、買う前にできるだけ目視で確認しましょう。その際には試乗も一緒に行えればベストです。

水没車や塩害車は車内の思わぬところが錆びており、修理代金がかかるおそれがあります。水没車は大水などで車体が一度水に浸かった車、塩害車は海風や凍結防止剤で車体などに錆が発生した車をいいます。どちらの車も不自然に安いことがあるため、あやしい車は疑ってみてください。

優先的に気をつけたい主な点は以上です。気になったところがあれば、より詳しく調べてみてください。

光岡自動車 ビュート

 (69383)

画像は「光岡 ビュート」3代目
ビュートは日産のマーチをベースに開発されました。

マーチの車体にノーズとテールに部品を追加するなどのカスタムを行い、高級外車のような外観に仕上げています。よく見るとマーチの丸みのある車体が下地にあるのが分かるでしょう。
ビュートは漢字で「美遊人」と書き、名前の通り、美しくも気ままな生活を約束してくれるでしょう。
 (69386)

画像は「日産 マーチ」4代目
マーチがベースになっているため、走行性能はマーチに準じます。

そのため、マーチ4代目のセールスポイントである燃費効率がある程度実現されているのも特徴です。ただ、ビュートはマーチよりも100kgほど重量が増加しているため、そのぶん燃費は悪くなっています。

燃費は公式には発表されていませんが、口コミを見ると13km/Lくらいです。
他に、運転のしやすさというマーチの特徴もビュートに受け継がれています。マーチは小回りが利くことが特徴で、最小旋回半径は4.5mとすばらしい旋回性能です。

また、マーチは窓ガラスの面積が広いため、良好な視界を得られます。ビュートも同等の性能を持っているため、運転のしやすい車だと言えるでしょう。
 (69381)

画像は「光岡 ビュート」3代目のインテリア
ビュートで注目していただきたいのは、走行性能ではなくそのルックスです。

ジャガーMk2を思わせるゴージャスな外観は注目度の高いデザインです。事実、ビュートの見た目に一目惚れして購入したユーザーも。ビュートで街を走れば、道行く人々の視線を感じられるでしょう。

ビュートは1993年に初代モデルが販売され、2005年に2代目が発表されました。現行のモデルは2012年に発売された3代目です。その後現在に至るまで限定モデルが度々発売されています。

限定モデルは意匠が違うだけなので、走行性能や機能を考えずに好きな意匠を選んでみてください。ビュートの中古車平均価格は147万円で、中古車価格 18万円~335万円です。初代モデルは50万円以下に落ち着き、買いやすい価格帯となっています。

光岡自動車 ガリュー

 (69369)

画像は「光岡 ガリュー」の5代目
 (69373)

ガリューは1996年から販売されている車です。

原型の車はガリューのモデルごとに変えられており、現行モデルである5代目ガリューは日産の3代目ティアナをベースにしています。

ガリューという名前は「我流」の字が当てられているとおり、他社メーカーよりも突き抜けたデザインが特徴です。おとなしいデザインの車では満足できない方の良き相棒となるでしょう。

ガリューの走行性能については好感触を伝えるユーザーが多いようです。加速の立ち上がりや走行中の安定性を評価する声が多く、乗用車としては十分な性能を備えていると言えます。外観のかっこよさだけでなく、ある程度の実用性を求めたい方にもおすすめです。

ベースとなった日産ティアナがサスペンションに新技術を使った車種のため、ガリューのサスペンション性能も申し分ありません。路面の振動を吸収し、安定したコーナリングに役立ってくれるでしょう。
 (69371)

画像は「日産 ティアナ」
ガリューは1996年に日産クルー・サルーンをベースとした初代モデルが発売されました。

その後、1999年には日産セドリックをベースにガリューⅡが、2005年にはY50型フーガをベースにガリューⅢが発売されます。日産ティアナがベースとして使われたのは2010年に発売された4代目ガリューからで、 4代目は2代目ティアナを、2015年に発売された5代目ガリューは3代目ティアナをベースにしています。

ガリューの中古車平均価格は160万円で、中古車価格は17万円~510万円です。50万円以下ならガリューⅡまでが買えるでしょう。求めやすい価格で、安定した走りと個性のある車に乗りたい方は、検討されてみてはいかがでしょうか。

光岡自動車 レイ

中古車 | ミツオカ レイ  - 栃木 オンリーワン ナガシマ[700040279030151209001] | goo自動車&バイク (69400)

レイは軽自動車を原型としてクラシックカー風味に改造を加えた車です。小ぶりなボディにクラシックカーらしい豪華な装飾が加えてある点が特徴で、何とも言えない不思議な魅力を出しています。

「麗」という漢字が当てられるとおり、可愛いというよりも成熟した美しさが感じられるでしょう。

レイの性能では、軽自動車の持つメリットがそのまま当てはまります。すなわち、狭い街中でも小回りが利くこと、駐車スペースをとらないこと、小回りが利いて取り回しやすいこと、税金が安いことなどがメリットとして挙げられます。

その代わり、パワーに欠けるなど軽自動車の持つデメリットも当てはまります。

ただ、せっかくレイを検討するならスペック面は多少気にしないくらいでいいと思います。

軽自動車の小さなボディを豪勢なフロントマスクが飾るビジュアルはインパクトばっちりです。レイを買うつもりなら、まず外観に魅力を感じるかどうかが重要な基準になると思います。
 (69404)

レイは1996年に3代目マツダ・キャロルをベースとした初代モデルが発売されました。1999年には4代目マツダ・キャロルをベースに2代目が、2002年にはダイハツ・ミラジーノがベースとして3代目が販売されました。現在、販売は終了しており、中古車での購入となります。

中古車平均価格は41万円で、中古車価格は4万円~79万円です。販売中止になってから長い車種なので50万円以下の価格帯をモデルを問わず多く見つけることができます。一風変わった軽自動車に乗りたい、あるいは人が乗らない車に乗りたい方におすすめです。

光岡自動車 リョーガ

中古車 | ミツオカ リョーガ ベース - 埼玉 (株)カゴハラ自動車販売[700040021530151029002] | goo自動車&バイク (69397)

「リョーガ」は「凌駕」という言葉からイメージされた名前です。セダンタイプの車ですが、その名前の通り、それまでのセダンタイプを越えるかっこよさを持った車です。

リョーガは使い勝手の良さで評判のプリメーラやサニーをベース車とし、十分な走行性能を持っています。勿論、リョーガも高い評価を受けていますので、日常生活での使用に存分に役立ってくれるでしょう。

リョーガの最大の魅力は職人技が光るエクステリアです。シルバーでまとめられた美しい車体は街中で映えることでしょう。
セダンタイプの直線的なフォルムはフロントとリアそれぞれの端へ向かって曲面でまとめられ、完成されたフォルムを見せています。フロントグリルの左右に配置されたライトもアクセントが効いておりおしゃれです。

一目見てもらえれば、リョーガの持つスタイリッシュな魅力をきっとわかってもらえると思います。インターネット上の口コミでも外装に惹かれて買ったという人が多く、高い評価を得ています。
 (69398)

リョーガは1998年に日産のP11型プリメーラをベースに初代モデルが作られました。また、同時発売のワゴン仕様はプリメーラワゴンをベースに作られています。 2001年には日産のB15型サニーにベース車両を変更して、2代目モデルが発売されています。

リョーガの中古車平均価格は43万円で中古車価格は19万円~70万円です。販売中止になってから10年以上経過しているため、ほとんどの車種を50万円以下で購入できます。一味違うセダンタイプを探されている方にお進めです。

まとめ

ここまで光岡自動車の中古車のうち人気の4種を紹介してきました。どの車もとがった魅力を発する良車だと思うのですが、いかがでしょうか。

光岡自動車の車の最大のメリットは見た目がすばらしいことです。つまり、見た時にほしくなったのなら、それだけで買う意味はあります。

直感をたよりに決めてみてください。

好きな車に乗り続けられる幸せは買った本人にしか分かりません。光岡自動車が手がけるゴージャスな車はあなたの毎日を輝かせてくれることでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

街乗りにも、アウトドアにも!スバル「XV」の特徴と中古価格

街乗りにも、アウトドアにも!スバル「XV」の特徴と中古価格

SUVを探しているなら、スバルの「XV」はいかがでしょうか。XVは同じくスバルからリリースされている名車「インプレッサ」のクロスカントリーSUVバージョンの車です。XVならば街乗りもアウトドアも問題なくこなせる性能を持っており、しかもインプレッサから連なるかっこよさも健在です。きっと、あなたのお気に入りの一台になってくれるでしょう。今回はスバルのXVの性能とその魅力について解説します。
goo自動車&バイク | 611 views
コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

現在では、コンパクト3ナンバー(Cセグメント)で唯一「FRパッケージ」を採用するBMW 1シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、サイズ以上に大きな存在となった「乗って楽しいクルマ」です。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 1シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて1シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 827 views
ホンダ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

ホンダ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

ホンダの250ccクラスおすすめ4タイプを紹介します。初心者からベテランライダーまで、バイクの楽しさを感じられる車種ばかりです。ご自身のスタイルに合ったタイプを探してみてください。
goo自動車&バイク | 4,310 views
スバル新型フォレスター登場!今だからこそ中古車を選びたい!

スバル新型フォレスター登場!今だからこそ中古車を選びたい!

安全性、コストパフォーマンスなど評価が高いスバル。そのスバルの代表的なSUV、スバル フォレスターがついに2018年7月にフルモデルチェンジされました。5代目となった新型フォレスターはいったいどのように生まれ変わったのでしょうか。そして気になるのは先代モデルの中古車価格。フルモデルチェンジのあとは先代モデルをお買得に購入できるチャンスです。先代モデルの詳細と中古車価格も新型フォレスターと併せて調べていきたいと思いますので、購入を検討している方はぜひ比較してみてください。
goo自動車&バイク | 1,774 views
高級SUV Audi「Qシリーズ」人気車種&気になる中古車価格は?

高級SUV Audi「Qシリーズ」人気車種&気になる中古車価格は?

アウディといえば日本でも有名なドイツの自動車メーカーです。そのアウディが出すSUV モデル「Qシリーズ」は気になっている方も多いのではないでしょうか。今回はQシリーズを中古車で買うにあたって知ってお得な情報を紹介していこうと思います。
goo自動車&バイク | 1,972 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク