2016年11月10日 更新

7人乗りのミニバン・ファミリーカーおすすめ11選

「これから家族も増えるし…7人乗りの車にしようかな?」と思っている方もいるでしょう。7人乗りの車があれば家族や友人と一緒に出かけるにも、子どもたちの送り迎えも1台で移動できて便利です。そこで今回は、ゆったりと乗れる7人乗りの車をご紹介します。

25,153 views

7人乗りミニバン・ファミリーカーの人気が再燃!その理由とは?

gettyimages (57024)
新型ステップワゴン、新型フリード、新型シエンタ、新型アルファード/ヴェルファイアと、自動車業界は新型ミニバンが相次いで発売されています。中でも7人乗りのミニバンは市場全体の中でも人気のボディタイプとなっています。

なぜ5ナンバークラスのミニバンが人気?

ひと昔前のファミリーカーとしてば、お父さん世代には懐かしいセダンタイプが主流です。しかし、家族が多様化した現代日本では、箱型の5ナンバークラスが人気となっています。アルファードやヴェルファイアのようなLクラスは価格も比較的高いため、お手頃で居室も広い5ナンバー(小型乗用車)のミニバンが人気になっているようです。

ミニバンの広い荷室は子育て世代の強い味方

ミニバンが人気になった理由としては子育て世代のクルマへの意識の変化が挙げられます。チャイルドシート、ベビーカーを積み、アウトドアのお出かけを楽しむ現代の若い世代は、スポーツカーのようなかっこいい見た目よりも荷室の大きさ、室内スペースの広さを重視しています。

低床型・スライドドアで乗り降りしやすい

7人家族というのは多くはありませんが、おじいちゃん・おばあちゃんが同乗したり、スポーツをやっているお子さんの送り迎えで子どもの友達を同乗させるニーズもありますね。高齢の方や子どもたちを乗せるのには、低床型のスライドドアで乗り降りしやすいミニバンがフィットしたということなのではないでしょうか。
それでは人気のミニバン11選を見ていきましょう!

トヨタ「ノア」「ヴォクシー」

ノア

 (14275)

最初に紹介するのはトヨタから発売されている「ノア」「ヴォクシー」です。どちらも価格・室内ともに大きな違いはありませんが、外見が異なります。キリッとしたデザインが好きなら「ヴォクシー」、優しい表情が好きなら「ノア」をおすすめします。

ノア・ヴォクシーを選ぶメリットとして「スペースの多彩性」「燃費の良さ」があります。どちらの車種も荷物の積み込み用の「ラゲージモード」、車中泊ができるようにシートをアレンジできる「リヤフラットソファーモード」等のアレンジが可能です。そして燃費に関しても、プリウスのハイブリッドエンジンを改良したものを利用していますので、ハイブリッドモデルであれば燃費に秀でた1台になります。

ヴォクシー

ヴォクシー ZS(トヨタ)2016年1月モデルのスペック・カタログ[10101716] | goo自動車&バイク (57006)

ホンダ「ステップワゴン」

続いて紹介するのは、2015年にフルモデルチェンジをしたホンダの「ステップワゴン」です。「わくわくゲート」で情報誌・CM共に話題になりましたが、新型ステップワゴンは他にも「エンジン」「シートアレンジ」「室内空間の広さ」にも魅力があります。

エンジンは先代の2,000ccより500cc落とした1,500ccです。しかし、ここに「ターボチャージャー」を付けることにより1,500ccながら馬力のある2,000ccに負けない出力を発揮します。そしてシートアレンジも他社メーカーに負けず10種類以上のアレンジができます。何より、ホンダの技術によって室内空間を邪魔するものを下部へ移し、広々とした空間を楽しめます。
 (14277)

マツダ「プレマシー」

3つ目に紹介するのはマツダのミニバン「プレマシー」です。ポイントになるのが「価格」「小回りが効く」「走りの良さ」にあります。

プレマシーの新車価格はなんと「200万円~」で、7人乗りのミニバンの中ではお手頃な価格です。オプションをプラスしても240~250万円台で購入することができるでしょう。また全長4,585mm・全幅1,750mm・全高1,615mmと7人乗りにしてはコンパクトボディーのため、小回りも効きます。また2,000ccのエンジンは、パワー不足を感じさせない力強い走りを実現しています。「価格も手頃な7人乗りが欲しい」と感じている方は、ぜひプレマシーを検討してみてはいかがでしょうか。
 (14279)

日産「セレナ」

ファミリーに人気の高い日産の「セレナ」です。セレナは同じく発売されている「エルグランド」と異なり、小さめのミニバンに仕上がっています。そのため価格も「224万円~」と、マツダのプレマシーに続いて手に入りやすい価格帯です。

セレナの特徴としては、室内空間は適度な空間を保って「狭すぎず・広すぎず」のちょうど良い空間を実現し、エンジンは「ノーマル・ハイブリッド」をそれぞれ揃えています。シンプルなデザインなので乗り手を選ばないところも魅力です。
 (14281)

三菱 デリカD:3

日常からレジャーまで幅広い用途で使用する、多人数の家族をターゲットユーザーとした5ナンバーミニバン「デリカD:3」。日産自動車株式会社からOEM供給を受けるモデルとなっています。ラインアップには、スポーティなフロント部客室部とスクエアな荷室部を融合し、両側スライドドアを備えた「居住性」「積載性」「収納性」に優れる「G」と5人乗り2列シートの「M」を設定。
 (57032)

ホンダ フリード

居室に高さのあるハイトワゴンとして人気の高いホンダ「フリード(FREED)」、「フリードハイブリッド(FREED HYBRID)」。2016年の新型は「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバンとして開発されています。先代フリードで好評の「ちょうどいい」を、さらに進化させたクルマとなりました。燃費の気になる方にはフリードハイブリッドもおすすめ。
 (57005)

トヨタ アルファード/ヴェルファイア

アルファード(トヨタ)のカタログ・グレード | goo自動車&バイク (57014)

予算に余裕がある方には高級志向の「アルファード」と「ヴェルファイア」はいかがでしょう。「アルファード」と「ヴェルファイア」はトヨタのフラッグシップミニバンとして「大空間高級サルーン」をキーワードとして開発されたクルマです。2016年にフルモデルチェンジを行っています。従来にはない新しいミニバン=高級車の概念を浸透させた立役者でもありますね。「豪華・勇壮」なその姿は、ミニバン界の王者と呼ぶのにふさわしいクルマと言えるでしょう。
ヴェルファイア(トヨタ)のカタログ・グレード | goo自動車&バイク (57016)

トヨタ エスクァイア

エスクァイアは、広い室内空間を追求した5ナンバークラスミニバンにワンランク上の高級感を付与し、高級車の新たな選択肢として開発されたクルマです。国内市場に新たなポジションを築く「新上級コンパクトキャブワゴン」という触れ込みでリリースされました。
 (57022)

エクステリアでは、バンパー下部まで伸びる堂々とした縦基調のフロントグリルをはじめ、ドアハンドルやバックドアにめっき加飾を施すなど、きらびやかさと存在感を表現。低床フラットフロアのパッケージにより、広い室内空間、優れた乗降性などミニバンとしての高い基本性能を確保するとともに、ハイブリッド車では、クラストップレベルの低燃費23.8km/Lを達成するなど、環境性能との両立も実現しています。

トヨタ シエンタ

トヨタシエンタは、コンパクトな5ナンバーサイズに7人乗り、両側スライドドアを持つミニバン。広く世代を超えて、様々なライフスタイルをサポートする「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」として開発。多様なライフスタイルに応えるべく、「Active & Fun」をキーワードに従来の四角いハコ型というミニバンの概念を打ち破るスポーティなエクステリア、機能性と質感を両立させたインテリアを採用。また、低床フラットフロアによる高効率パッケージが、コンパクトでありながら、3列目までゆとりある室内空間とスライドドア乗り込み高さ330mm(2WD車)の誰にでも優しい乗降性を実現しています。
 (57036)

各メーカーではそれぞれ多彩なミニバンを発売しています。やみくもに選ぶのではなく、本当に自分が欲しい、または家族が欲しいと思う機能を持ったミニバンを選んでみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ミニバンのおすすめ7選 中古車市場でも熱いミニバンはこれだ

ミニバンのおすすめ7選 中古車市場でも熱いミニバンはこれだ

中古車市場でもファミリーに絶大な人気のミニバン。トヨタ、日産、ホンダの一押しおすすめミニバンを紹介。さらにLLサイズのミニバンや軽ミニバンなどをご紹介します。
goo自動車&バイク | 31,292 views
2016年上半期 新車乗用車販売台数ランキング

2016年上半期 新車乗用車販売台数ランキング

新車を買うとき、どのような車に今人気があるのか気になりますね。この記事では日本自動車販売協会連合会が発表した2016年の上半期の乗用車系車名別ランキングをもとに、よく売れた新車乗用車について過去数年の販売動向も参照しながらご紹介します。
goo自動車&バイク | 7,184 views
ステップワゴン/セレナ/ヴォクシー 人気ミニバンを比較

ステップワゴン/セレナ/ヴォクシー 人気ミニバンを比較

日本国内で最も好まれ、そして競争が激しいのが、ミニバンです。運転しやすい大きさの5ナンバーサイズながらも背が高く、少子高齢化によってお子さんが少なくても、お年寄りの乗り降りも楽なスライドドアと、豊富なシートアレンジが可能な広い室内スペースは、ファミリーカーの定番というだけではなく、家族や友人とのドライブ、そしてアウトドアなど、様々な利用方法が可能なことが魅力となっています。そこで、その中で最も人気のあるステップワゴン、セレナ、ヴォクシーの3台を比較しながら、その魅力を再確認します。
goo自動車&バイク | 3,277 views
ファミリーに人気のミニバン!200~300万円台のミニバン特集

ファミリーに人気のミニバン!200~300万円台のミニバン特集

最盛期と比較すれば落ち込みを見せているミニバン市場ですが、ファミリー層やレジャー愛好家には依然として根強い人気があり、最近では世界的な人気の高まりも見せています。今回は比較的購入のしやすい200~300万円台のモデルに的を絞って紹介致します。
goo自動車&バイク | 4,306 views
ミニバンの燃費は?人気車種の燃費を調べてみた

ミニバンの燃費は?人気車種の燃費を調べてみた

沢山の荷物を載せても、沢山の人間を乗せても。はたまた両方でも、ゆとりある広い居室で人気の高いミニバン。1人旅であっても車中泊仕様にして旅へ活用することも多く、そうなるとなおさら燃費性能は気になるものですよね。そこで今回は、ミニバンの燃費を比較していきます!
goo自動車&バイク | 2,552 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク