2016年9月27日 更新

ボルボ 新型V40シリーズの魅力は?

2013年に日本市場に投入されて以来、4年目を迎えた2016年7月に大幅改良された新型V40。その進化したデザインと、定評の安全テクノロジーや先進の装備などの魅力を探ります。

340 views

4年目の大幅改良

ボルボのラインナップの中で最も小さいモデルであるV40シリーズは。2013年の日本初登場以来、扱いやすいサイズとスタイリッシュなボディラインで人気を集め、V40とV40Cross Countryのこれまでに日本での累計販売台数は26,974に達しています。そのV40が4年目を迎えた2016年7月大幅改良を加えて販売開始されました。これまでの3年間に数多くバリエーション展開してきましたが、外観に変更が加えられたのは今回が初めてです。

新型V40

プレスリリース | ボルボ・カー・ジャパン (55954)

新世代ボルボデザインのエクステリア

新形V40でもっとも特徴的なのはヘッドライト。北欧神話において最強の戦神といわれる雷の神・トール神の持つハンマーをモチーフにした「トールハンマー」と呼ばれるポジションライトを備えたLEDヘッドライトです。他メーカーではオプション設定のLEDヘッドライトがV40では標準装備されています。フロントグリルは縦格子グリルに変更され、中央のアイアンマークエンブレムもリニューアルされ、車種グレードによって4種類が用意されています。これら新形XC90の流れを汲む、ボルボの新世代デザインアイデンティティを踏襲することによって新鮮な印象を強めています。ボディからーは新色アマゾンブルーを加えた全15色になりました。
インテリアの目玉は、2014年発表のコンセプトカー「コンセプト エステート」のアイデアを取り入れた新採用の「シティ・ウェーブ」というモダンでカジュアルな都会的なテキスタイルシートです。フロントグリルの新しいアイアンマークエンブレムは、ホイールやステアリングにも反映されています。
File:2016 Volvo S90 Inscription front.jpg - Wikimedia Commons (55967)

さらに進化した先進の安全装備

V40シリーズは、2014年に歩行者や自転車まで検知できる自動ブレーキを含む先進の安全装備を全車に標準装備しています。今回はそれに加えて、ボルボが世界で初めて実用化した画期的な歩行者エアバッグシステムを全車標準装備しています。このシステムは、車両が歩行者との衝突を検知すると、ボンネットが持ち上がり、フロントウィンドウに向けてエアバッグが展開するもので、歩行者がAピラーの根元やフロントガラス下部などの硬い部分で負傷することを防止します。
さらに、LEDヘッドライトには、AHB(アクティブハイビーム)機構が装備されています。ハイビームで走行しているときに、対向車のヘッドライトや先行車のリアランプを検知すると自動的にハイビームからロービームに切替え、またライトを検知しなくなると自動的にハイビームに戻ります。
そのほかにも、前車との車間距離をキープするACCや車線をキープするLKA、ドライバの注意力の低下を検知して警告を発するDAC、車両の死角にある障害物を検知してドライバーに警告するBUSなど先進の安全テクノロジー11種を装備した「インテリセーフ(IntelliSafe)」を搭載しています。
File:Collision Warning Brake Support.jpg - Wikimedia Commons (55962)

快適なドライビングをサポートする先進技術

ドライブをシンプルにそしてより便利にするためのボルボの先進技術が「センサス(SENSUS)」です。高解像度タッチスクリーンとステアリングリモコン、音声認識機能が、指先1つで全ての操作を可能にします。そしてヘッドアップディスプレイが前方から目を離すことなく視覚情報を提供します。さらに情報でドライブを支援するだけでなく、最先端のオーディオシステムとしても機能します。V40は「センサス」によってドライバーは支援情報、通信そしてエンターテイメントの新次元の体験をすることができます。

SENSUS コンソール

File:Volvo XC90 II dash.jpg - Wikimedia Commons (55981)

きめ細かいニーズに合わせた新世代ラインナップ

新形V40シリーズでは、XC90にならってグレード体系も刷新されました。V40が従来の5グレードから7グレードに、そしてV40 Cross Countryで4グレードから6グレードになり、よりきめ細かく顧客ニーズに対応しています。それぞれのグレード名も変更され、V40では「Kinetic」、「Momentum」、「Inscription」の3グレードにそれぞれ1.5リッターT3ガソリンエンジンと、2リッターD4ディーゼルエンジンのモデルが設定され、さらに2リッターT4ガソリンエンジン専用の「R-Design」モデルが設定されています。またV40 Cross Countryでは「Kinetic」にT3エンジンとD4エンジンのモデルが、そして「Momentum」と「Summum」にはD4エンジンモデルとT5エンジンのAWDモデルが設定されています。

V40 Cross Country リアビュー

File:Volvo V40 Cross Country D3 Momentum – Heckansicht, 3. März 2014, Düsseldorf.jpg - Wikimedia Commons (55986)

XC90の投入で始まったボルボの新世代ラインナップに加わったV40シリーズは、よりスタイリッシュなプレミアム・ショートワゴンに進化しています。ボルボのエントリーモデルでありながら、他社に先駆けて標準装備された先進の安全装備や快適装備によって、より安全で快適なドライビング環境を提供しています。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク