2018年6月7日 更新

プリウス αの中古車は2014年式以降がオススメ!価格、相場をチェック!

ハイブリッドのステーションワゴンを中古車で購入したいと考えた時に、プリウスαを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。プリウスよりも広くて大きいプリウスαは、5人乗りと7人乗りがあるので、家族が多い方やご友人と出掛けることが多い方などにはとても便利なハイブリッドのステーションワゴンです。中古車で購入をお考えの方は多くいらっしゃると思います。しかし、中古で買うにしてもどの年式が良いか、5人乗りと7人乗りどちらの方が迷ってしまいますよね?そこで今回は、プリウスαの中古車購入をお考えの方に5人乗り・7人乗りそれぞれのおすすめ年式をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

2,036 views

「プリウス α」新車価格・燃費は?

中古車のお話の前に、まずはプリウスαの新車価格や燃費、その他特徴についておさらいしていきましょう。

プリウスαは2011年にプリウスの兄弟車種として発売されました。
 (69102)

プリウスをベースにしながら全長、全幅、全高すべてを広げることで運転席からの視界や室内空間の広さを体現出来るようになりました。
実際にボディサイズは、

全長:4,630mm~4,645mm
全幅:1,775mm
全高:1,575mm

上記のようになっており、それに対し通常のプリウスは、

全長:4,540mm
全幅:1,760mm
全高:1,470~1,475mm

上記のようなサイズとなっており、このように数字にすると意外なほど大きさに違いがあるのがわかります。

デザインに関してはとてもスタイリッシュで、老若男女問わず幅広い年齢層に支持されておりグッドデザイン賞も受賞するほどデザインにも定評があります。
 (69105)

また、ラゲッジスペースはとても広くとられており、さらに3列目シ-トを倒しフラットにすることで、より広げることが可能で、さらに2列目シートも倒すことも出来るので、大きい荷物や釣り竿などの長いもの、大量の荷物を載せる時にはとても便利に使うことが出来ます。

走行性能に関してはベースになっているプリウスと同様に、低燃費で環境へのイメージがとても良い車です。さらにプリウスよりも静かで、乗り心地に関してもプリウスの不満だった点を改善することで、安定感のある走行性能が特徴となりました。

その為、ファミリー層からの人気が高い車となっています。

もちろん燃費性能も高く、JC08モードで26.2km/Lとステーションワゴンのハイブリッドではとても高い水準となっています。

そんなプリウスαの新車価格については下記になります。

【特別仕様車 S“tune BLACK Ⅱ”】
5人乗り:2,783,160円~
7人乗り:2,989,440円~

【G“ツーリングセレクション”】
5人乗り:3,259,440円~
7人乗り:3,465,720円~

【G】
5人乗り:3,054,240円~
7人乗り:3,259,440円~

【S“ツーリングセレクション”】
5人乗り:3,017,520円~
7人乗り:3,222,720円~

【S】
5人乗り:2,708,640円~
7人乗り:2,914,920円~

【S“Lセレクション”】
5人乗り:2,565,000円~

【S“ツーリングセレクション・GR SPORT”】
5人乗り:3,351,240円~
7人乗り:3,556,440円~

おおよそ300万円前後と考えてもらえれば良いと思います。

中古車はマイナーチェンジした2014年以降を選ぶのがオススメ

プリウスαの概要や新車価格は先にあげた通りですが、販売台数の多いプリウスαはどのような中古車を選ぶのが良いのかについて触れていきます。

プリウスαの中古車平均価格は約160万円で、だいたい65万円~320万円前後の価格帯となっています。

どの程度の年式にするか迷っている方には2014年以降の年式をおすすめします。

なぜかというと、プリウスαは2014年にマイナーチェンジが施され、特に装備の部分では、「G」系のグレードに運転席パワーシートを標準装備し、また、車線の逸脱を検知して警告するレーンディパーチャーアラートや、夜間走行時にハイビームとロービームを自動切替するオートマチックハイビーム、世界初のBi-Beam LEDヘッドランプなどを搭載するなど、安全性能も含めかなりバージョンアップしたからです。
 (69113)

エクステリアに関しては、開口部を強調したダークグレーメタリックのアンダーグリルやLEDクリアランスランプが採用され、よりシャープでスタイリッシュな印象となりました。

インテリアは、合成皮革のアームレストやピアノブラック塗装のセンタークラスターを採用し、一部のグレードには合成皮革とファブリックのシート表皮も採用、エクステリア同様スタイリッシュで質感がも高くなりました。

マイナーチェンジ後の2014年以降の年式であれば、これらの装備はついてきますので、あとは5人乗りか7人乗りかそれぞれの使い道によってお選びいただければ良いと思います。

また、2014年式は100万円~250万円ほどで修復歴も無く状態も良いものが多いので、2014年式から見ていくというのをおすすめします。

【5人乗りでおすすめ】トヨタ プリウスα S(2014)

 (69802)

次に5人乗りでおすすめのグレードをご紹介していきます。

5人乗りでおすすめなのは2014年式の「プリウスα S」です。プリウスα Sは、16インチタイヤやフォグランプなど、最低限の装備が標準装着されていて、シートの高さを簡単調整できる運転席ハイトアジャスターや、収納力が高まるフロントシートバックポケットを搭載しています。

また、撥水機能付きUVカットフロントドアガラスも加わり、さらにオプション選択の自由度も高まり、このSグレードがプリウスαの基準グレードと考えて良いでしょう。

そして、Sグレードにはアルミホイールが装備されています。アルミホイールには軽量で空力特性のあるホイールキャップが付いていてとても軽快な走りが出来るのが特徴です。

新車価格約270万円~に対して中古車価格は、150万円~200万円ほどで走行距離の少ない中古車や、修復歴のない状態の良い中古車が見つかります。

前述したように2014年式はマイナーチェンジ後なので、デザイン面も装備面もとても満足のいくグレードで、とてもお買い得です。

【7人乗りでおすすめ】トヨタ プリウスアルファ G(2015~2017)

 (69805)

続いて、7人乗りでおすすめのグレードをご紹介します。

7人乗りでおすすめなのは「プリウスα G」の2015年以降の年式の車両です。
プリウスα Gは、Sクラスの上位グレードにあたり、SにはないBi-Beam LEDヘッドランプや、インテリアでは質感と座り心地が優れた「上級ファブリックシート」、革が自分の手に馴染む感覚を体感できる「本革巻きステアリング」などが装備され、インストルメントパネルは合成皮革を運転席側まで張るなどインテリアの上質感がかなり高まっています。

また、Sクラスに対してGクラスは、フロントドアガラスがスーパーUV・IR(赤外線)カットグリーンガラスへとアップグレードされており、イルミネーテッドエントリーシステムはフロントの足元ランプまで拡大しています。

運転席は電動ランバーサポート付きの8ウェイパワーとなり、クルーズコントロールも装備されるなど、標準装備で既にグレードの違いがあります。

そして7人乗りの場合、3列シートとなるのでラゲッジスペースが5人乗りのものより少なくなりますが、座席スペースは7人しっかり乗ってもゆとりがあるので、遠くにドライブをしたり旅行の際にもゆったり過ごすことが出来ます。

新車価格約300万円~に対して、中古車価格は200万円~260万円ほどで走行距離の少ない車や、修復歴のないようなとても状態の良い中古車が見つかるので少しでも安く購入したいとお考えの方には中古車からお考えいただくのが良いと思います。

【150万円以下で買うなら】プリウスアルファ S(2013年)

 (69807)

150万円以下でお探しの方におすすめなのは、「プリウスα S」の2013年式です。

先程ご紹介した2014年式との違いは、やはりマイナーチェンジ前ということでしょうか。
マイナーチェンジ後のプリウスαには、フロントマスクはグリルを変更し、よりシャープなエクステリアとなり、装備面では車線の逸脱を検知して警告するレーンディパーチャーアラートや夜間走行時にハイビームとロービームを自動切替するオートマチックハイビームが採用され、
さらにレーダークルーズコントロール、プリクラッシュセーフティシステムを、セットオプションで設定されることになりました。

これらの装備が2013年式にはありませんが、反対にこれらの装備を特に必要としていない方は2014年以降の年式よりも安く手に入れることが出来るので、2013年式のタイプで十分ともいえるでしょう。

2013年式であれば、150万円以下で走行距離が3万km以下で修復歴もない状態の中古車は見つかりますので、是非探してみると良いでしょう。

まとめ

プリウスαの中古車についてお話してきましたがいかがでしたか?

機能面にこだわったり、どのタイプにするか迷っている方にはマイナーチェンジ後の2014年式以降の中古車が良さそうですね。

反対に特に機能にこだわらず、とにかく安く且つ走行距離や状態も良い車両をという方は2013年式以前でも十分良い中古車が見つかります。

プリウスα自体は販売台数がとても多い車種になるので、中古車も多く出回っています。インターネットや実際に中古車センターに足を運ぶなどして自身の納得のいくプリウスαを見つけてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マツダの人気オープンカー ロードスター! 年代・モデル別の中古車価格・相場は?

マツダの人気オープンカー ロードスター! 年代・モデル別の中古車価格・相場は?

日本のライトウエイトオープンカーと言えば真っ先に名前が挙がる、マツダ「ロードスター」。当記事では30年にも及ぶ歴史を誇るロードスターの中古車情報を年代・モデル別に分け中古車価格の相場、選ぶ際の注意点等の情報をまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 1,093 views
中古で買える海外メーカーのSUVおすすめ5選

中古で買える海外メーカーのSUVおすすめ5選

SUVの購入を考えているなら、海外のSUVを検討してみてはいかがでしょうか。外車というと信頼性などが不安な方もいるかもしれませんが、外国製SUVにはそれを補ってあまりある魅力があります。今回は、そうした外車・輸入車SUVの魅力をお伝えしようと思います。どの車もメーカーごとの独自色を打ち出し、個性として完成させています。その個性を知れば、きっとどのSUVも魅力的に見えてくることでしょう。
goo自動車&バイク | 1,369 views
広々快適!軽ハイトワゴンのおすすめ中古車4選

広々快適!軽ハイトワゴンのおすすめ中古車4選

近年、軽乗用車の売上が継続して好調になっています。2012年からの軽乗用中古車の販売台数は200万台以上になっています!2018年、2019年には250万台以上が見込まれる勢いです。 購入費用や維持費、燃費も安く、運転しやすいのが軽自動車のメリットですが、近年はハイトワゴン(トールワゴン)と呼ばれる高さがあって室内空間も広くファミリーカーとして活躍できる軽乗用車が人気を集めています。 しかし、せっかく購入するなら安くて品質の良いハイトワゴンが欲しいですよね?でも実際に各メーカーを回って比較するのも大変です。そこでおすすめなのが中古車という選択です。インターネットや中古車販売店なら様々なメーカーの車種が簡単に確認、比較できますし、価格もお買い得です。 今回は、人気急上昇中の軽乗用車ハイトワゴンのオススメ中古車をご紹介します!
goo自動車&バイク | 1,106 views
家族にもおすすめ!ボディタイプ別フォルクスワーゲン(VW)中古車

家族にもおすすめ!ボディタイプ別フォルクスワーゲン(VW)中古車

ファミリータイプの自家用車を探している方にはフォルクスワーゲンの車はいかがでしょうか。フォルクスワーゲンはドイツの有名メーカーで、日本車に勝るとも劣らない品質です。十分な車内容積に心地よい走り具合はファミリーカーにぴったりの使いやすさです。本稿ではそんなフォルクスワーゲンの魅力を車種別に紹介していきます。中古車選びの助けになれば幸いです。
goo自動車&バイク | 1,754 views
20万円以下の【125ccスクーター】中古おすすめ車種!通勤に便利

20万円以下の【125ccスクーター】中古おすすめ車種!通勤に便利

通勤等を楽に行いたいなら、125ccスクーターを買ってみてはいかがでしょうか。 125cc スクーターなら原付よりも速度を出せ、維持費も普通自動二輪より格段に安く済みます。ただ、125ccスクーターを買うにあたってわからないこともたくさんあると思います。そこで今回は免許や維持費、ナンバープレートの色などを解説します。さらに、ホンダ、ヤマハ、スズキの国産3メーカーの中から、本体価格20万円以下で買えるおすすめの中古スクーター4選を紹介します。
goo自動車&バイク | 2,548 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク