2015年12月16日 更新

シトロエンC4カクタスが大人気!決め手はおもしろデザイン

今を遡ること半世紀、フランスの名門シトロエンからデビューした名車“シトロエン メアリ”。その純粋な血統と遊び心を受け継いで現代によみがえったのが、走りやすさと楽しさにオシャレ心をブレンドした新型“シトロエンC4カクタス”です。フランス生まれのその不思議な魅力を、ぜひ一緒に楽しんでみてください。

1,736 views

SUVなのにあえて角ばらないデザインにしてみた?

一見して全体に丸みを帯びたデザインは、本来の用途であるSUVからは大きくはみ出したイメージです。しかし、要所にメリハリの効いたディフォルメ感を出すことで、滑らかなラインの中にも隠された力強さを感じることができます。フランス車らしいデザイン性と、使い勝手と乗り心地の良さ、そして未来へとつながるテクノロジーを1つのパッケージに詰め込んで、よ~くシェイクしたら出て来たのがこのクルマです。

さすがにおシャレの街パリ出身なだけあって、ボディカラーは全10色にバンパーのカラーも4色、おまけに内装のカラーリングも3色から選べるから、色の組み合わせは何と120パターン!迷いながら選ぶのもまた、楽しみの1つでしょう。
File:Festival automobile international 2014 - Citroën C-Cactus - 002.jpg - Wikimedia Commons (975)

シンプルな中に求めたのはベーシックな高性能

欧州車の中でも小柄なセグメント4(C4)にランクされるだけに、絞りにしぼったボディ重量は980kgと、同ランクのライバル車と比較しても最軽量クラス。100馬力以下の決して高出力とは言えないエンジンでも、最高速度は190kmを設定。その上でリッター20kmを超える燃費性能も実現しています。

車体をシェイプしながらあえてエンジン出力も抑えることで、サスペンションやブレーキの大型化からも解放されて、SUVの概念を超えた軽快な走りを見せてくれます。このキレのある走りと全長4.16mというコンパクトなデザインから、街乗り・遠乗り・オフロードと、行きたい所に好きな様に行ける何とも使い勝手のいい便利なクルマに仕上がりました。
File:2014 Citroën C4 Cactus Feel Edition PureTech e-THP 110 Vorderansicht Hello Yellow Amsterdam.JPG - Wikimedia Commons (957)

未来のクルマを予感させるインテリア

コクピットに滑り込むとこのクルマ、どこか奇妙な感覚に囚われてしまいます。不思議だけど何かが足りない、そう、シフトレバーが無いんです。その代わりコンソール上には“D”“N”“R”のプッシュボタンが並んでいて、実際のシフトはステアリングに組み込まれたパドルで行います。

他にもエアコン・ナビゲーション・インターネット接続などの操作は、全てシンプルにダッシュボード中央のマルチメディア・ディスプレイに集められています。またインテリアのデザインにも遊び心がいっぱいで、全体的には旅空間をイメージさせる内装になっています。

心地よさがコンセプトだけあって、フロントにベンチ型のソファシートを配すなど乗り心地にもしっかりと配慮しながら、ラゲッジルームも十分な容量を確保するなどSUVとしての魅力も忘れずに詰め込んだクルマになっています。
File:2014 Citroën C4 Cactus Feel Edition PureTech e-THP 110 Vorderansicht Hello Yellow Amsterdam.JPG - Wikimedia Commons (964)

ちょっとヘンなデザイン、がこれからのシトロエン

もう一度このクルマをあちこちから見回してみると、ボディ両サイドにバンパーと同色の板チョコ状のパーツが目にとまります。これは“エアバンプ”と呼ばれる、いわばサイドバンパーです。ボディに横から何かがぶつかっても、クッション性の高さでカバーするという冗談みたいな本気の装備だとか。同じクッション性は前後のバンパーにも心憎いばかりに取り入れられています。

このクルマのデザイン担当者は、“ヘンなデザイン”とは“他とは違ったデザイン”だと前向きに受け止めると公言しているそうです。ただし仕事になればそこはプロ、シンプルかつピュアなデザインを基本コンセプトに、スポーツ用品の様に使い込むほど手に馴染むクルマを作り上げてしまいました。これなら“ヘンなクルマ”と呼ばれても、笑って済ませることができそうですね。
File:Citroen C4 Cactus.jpg - Wikimedia Commons (972)
メーカーの画一的なデザインに慣らされた日本人には、どこか奇妙に映るけどそれでいて魅力的な、とっても不思議なクルマがこの“シトロエンC4カクタス”です。このクルマで走り回れば、いつもの道も走る度に違った道に見えるかもしれません。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これでオシャレさんの仲間入り。ルノーの最新車種

これでオシャレさんの仲間入り。ルノーの最新車種

ルノーはフランスのメーカーですが、販売している車種はコンパクトで価格も安めなため国産車からでも乗り換えがしやすいメーカーです。またデザインもフランスならではのオシャレさがありますのでセンスをアピールしたい方にもうってつけのメーカーです。そんなルノーの最新車種の中からおすすめをピックアップしていきます。
goo自動車&バイク | 2,535 views
デザインが個性的な人気のフランス車まとめ

デザインが個性的な人気のフランス車まとめ

フランス車の個性的なデザインはヨーロッパを中心に高い人気を誇っています。日本で乗られている方も、おしゃれ心を持った方が多いのではないでしょうか。車好きにはたまらないフランス車の魅力をご紹介いたします。
goo自動車&バイク | 2,194 views
雪道にも強い車8選【これでスリップも恐くない】

雪道にも強い車8選【これでスリップも恐くない】

まだ間に合う春スキーにスノボ。ただ、春だとはいえ油断大敵、スキー場近くでは雪道に遭遇することも。 スリップやスタックをしたことがある方も多いのではないでしょうか。 冬シーズン終盤ですが、今回はそんな雪道の走り方からおすすめの車までご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 26,989 views
今更聞けないSUVとは?おすすめ車種も紹介

今更聞けないSUVとは?おすすめ車種も紹介

様々な車の中でも特に人気があるSUV。そもそもSUVとは何の略なのかご存知ない方も多いのではないでしょうか? 今回はSUVの歴史や概要についてまとめてみました。SUVの基本から知ることで購入参考にしていただければ幸いです。
goo自動車&バイク | 14,386 views
三菱「アウトランダー」の魅力 おすすめ中古車

三菱「アウトランダー」の魅力 おすすめ中古車

三菱の人気ミッドサイズSUV「アウトランダー」。今回はアウトランダーの中古価格から燃費やグレードをご紹介していきます。これからアウトランダーのご購入を検討している方は参考にしてみてください。
goo自動車&バイク | 7,231 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク