2016年3月25日 更新

新型ボルボXC90は何がすごい? “ファーストクラスSUV”を徹底解剖

欧州車といえばドイツ車やイタリア車、フランス車のイメージが強いかもしれませんが、北欧のスウェーデンにもメーカーは在ります。そう、ボルボが。安全性能を第一に考えた車づくりを行っているボルボですが、今回はフラッグシップSUVでもある、新型XC90を徹底解剖したいと思います!

3,534 views

「ボルボ XC90」の歴史

XC90は2002年に販売が開始された、ボルボ初のクロスオーバーSUVです。サイズとしてはミドルサイズで、高級SUVとして位置付けがされています。

当初は直列5気筒2.5Lターボエンジンと直列6気筒3.2Lエンジンのみのラインナップでしたが、2005年にヤマハ製V型8気筒4.4Lエンジンを搭載したグレードが追加され、マイナーチェンジや改良が施されながら2014年までの長きにわたって生産が行われました。
初代XC90

via autos.goo.ne.jp
初代XC90

ALL NEW!全てが新しくなった「ボルボ XC90」

2015年、初代XC90と比較してエンジンが変更され、ボディー、シャシー、サスペンション、内外装デザインを含めた非常に多くの部分が新開発された2代目XC90がデビューしました。

環境性能を高める為にエンジンはダウンサイジングされ、グレードによってターボ、スーパーチャージャー+ターボ、そしてトップグレードのT8ではそこに高出力の電気モーターを組み合わせたPHEVとして、新時代のボルボ車に相応しい性能が与えられています。
2代目XC90

via autos.goo.ne.jp
2代目XC90

全ての座席でファーストクラスのくつろぎを…

XC90には非常に贅沢なインテリアが施されています。カタログに「どの座席でもファーストクラスの感覚が味わえる」とあるように、フロントシートにはシートヒーターや電動調整機能は当然として、ベンチレーションやマッサージ機能まで搭載されています。

セカンドシートでも独立シートが採用され、個別にスライドとリクライニングが可能です。また、2列目の左右で独立した空調コントロールが行えます。

サードシートにも独立した空調ユニットが設けられ、更には全ての列においてスマホやタブレットの充電が行える電源ソケットも装備されています。
XC90のインテリア

via www.flickr.com
XC90のインテリア

全てのグレードへ搭載された素晴らしき性能の2.0Lエンジン

初代モデルでは4.4LのV8エンジン搭載車まであったことから、2.0Lの直列4気筒エンジンのみでは魅力が薄れてしまった印象を受けるかもしれません。

しかし、最新技術でダウンサイジングされたエンジンのスペックはT5のターボエンジンで254ps&35.7kgm、T6のスーパーチャージャー+ターボエンジンで320ps&40.8kgm、T8ではT6のエンジンに高性能モーターを組み合わせてシステム合計407psを発生させる仕様となっており、前モデルを上回る動力・省燃費性能を実現しています。
XC90 T8 ツインエンジン AWD インスクリプション(ボルボ)2016年1月モデルのカタログ[10102121] | goo自動車&バイク (27454)

ボルボと言えば安全性 XC90も当然抜かりは無し!

「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念の基、事故調査及びフィードバックを実施する企業方針、そして北欧ならではのヘラジカとの衝突を開発段階から考慮することで安全性能を高めているボルボ。

XC90でも様々な運転のアシスト機能や事故の防止機能が盛り込まれ、事故を未然に防止するよう努められています。例えばインターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)という世界初の機能が、右折時の安全性を高めます。

また、万が一の時にも様々な安全装備が働きます。危険な状況を検知して衝突や事故が発生する前にシートやシートベルト、エアバックを連動して制御するランオフ・ロードプロテクションもそのうちの一つで、こちらも世界初の機能です。
ボルボ・C30の耐衝撃試験

via commons.wikimedia.org
ボルボ・C30の耐衝撃試験
欧州車の中では少々マニアックな部類に感じられるボルボですが、今回取り上げたXC90をよく観察することで、ボルボの性能の高さや独自の安全技術を垣間見ることができます。

そして、XC90はボルボのフラッグシップSUVに相応しい佇まいと性能を持った、とても魅力的なモデルであることが分かります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

機能性重視!400~500万円台で買える外車ステーションワゴン

機能性重視!400~500万円台で買える外車ステーションワゴン

国産車では少なくなってきたステーションワゴンという形。特に欧州では、バカンスに出掛ける際に荷物が大量に乗せられるステーションワゴンは根強い人気で、今では日本で見かけるステーションワゴンの半数は輸入車ではないでしょうか。その中でも500万円以下という枠の中で比較してみます。
goo自動車&バイク | 4,746 views
投資額1兆3000億円!ボルボの新世代SUV 「新型XC90」がスゴイ

投資額1兆3000億円!ボルボの新世代SUV 「新型XC90」がスゴイ

ボルボ・カー・ジャパンは、ラインナップ最上級モデルとなる7人乗りフラッグシップSUV「新型XC90」を2016年1月27日より発売。全てを一新した新世代ボルボの第一弾となるこの車のスゴさをご紹介します。
goo自動車&バイク編集部 | 1,592 views
高級車の魅力…ボルボのラインアップ3選

高級車の魅力…ボルボのラインアップ3選

外車メーカーとして人気のボルボは、多彩なモデルが揃っています。もともとは鉄鋼メーカーからスタートしたメーカーで、丈夫で安全性を確保しつつ、スタイリッシュなフォルムの車を展開しています。ここではボルボのおすすめモデル3機種をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,870 views
ファミリーカーに人気!おすすめの外車・輸入中古車3選【150万円以下】

ファミリーカーに人気!おすすめの外車・輸入中古車3選【150万円以下】

ファミリーカーの購入を考えている方は、中古の輸入車にされてみてはいかがでしょうか。ファミリーカーに求める条件は人それぞれだと思いますが、今回紹介する車はドライブの楽しさを提供してくれる車ばかりです。もちろん、実用的な性能も申し分なく、家族の足としてお使いいただけます。これからはおしゃれな外国車でハイセンスな生活を楽しんでみませんか?
goo自動車&バイク | 3,212 views
頑丈な車ランキング 衝突しても安全な車はこれだ!

頑丈な車ランキング 衝突しても安全な車はこれだ!

車を買うなら頑丈な車を選びたいですよね。やっぱり国産? それとも外車?自動車事故対策機構の自動車アセスメントのデータを元に、衝突安全性能の高い「頑丈な車」をご紹介します。
goo自動車&バイク | 181,011 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク