2017年12月2日 更新

車のヘッドライトが切れてしまったら…どこで交換したらいいの?自分でもできるの?

車のヘッドライトが切れてしまった!そんな時、どこで交換したらいいのかわからない人必見!ガソリンスタンドやカーショップ、自分で交換などの方法から交換費用まで調査しました。

28,594 views

整備不良で罰金!?ヘッドライトが切れたら交換しよう

明るい市街地を走っていると、夜間でもヘッドライトが切れていることに気づかないことがあります。対向してきたパトカーから、「ライト!」と拡声器で注意された、なんていう話を聞いたことがありますが、この時は注意で済んだからいいものの、実はライト類が球切れのまま走っていると、罰金が課せられることをご存知ですか?

道路交通法第62条では、乗車前のライト類の点検がドライバーに義務付けられています。球切れのまま走行していれば整備不良の対象となり、1点減点に加え、7000円の反則金が課せられるので要注意です。

もしライトが切れていることに気づいたら、早めに交換しましょう。また、ヘッドライトの球切れはすぐに気づきますが、バックライトやブレーキランプは、運転席にいるとなかなか気づかないものです。ガソリンスタンドもセルフが増えているので、第三者から指摘される機会も減っています。壁際に車を寄せて点灯状態を確認したり、家族や友人に見てもらったりしましょう。追突事故防止のためにも、点検は欠かせません。

ヘッドライトの交換、メーカー保証対象期間かどうかをチェック!

thinkstock (66773)
いざ球切れとなった時はなるべく早く交換する必要がありますが、費用がどれくらいかかるのかも気になるところです。車を購入した際の整備などのプランにもよりますが、ディーラー補償の対象期間内であれば、無料で交換してくれます。また、中古車であっても、買ってすぐなら整備不良の可能性があると考えられ無料で交換してくれることもあるので、まずは販売店に問い合わせてみましょう。
交換する際の費用は、純正バルブ(電球)が500円~1000円位。これに作業工賃がプラスされた金額が、交換にかかる費用となります。バルブ交換の作業工賃は、車の種類、年式などによって違いますが、大体500円~3500円程度と考えておけばよいでしょう。ディーラーに依頼すると作業工賃は若干高いようですが、自分の車に関する情報が多いので安心感があります。ただし、負担はなるべく少ないほうがよいという人は、ガソリンスタンド、カー用品店などで交換を依頼するほうがよいでしょう。

保証期間が切れていたけどディーラーに行くのは面倒。そんな時はどうする?

「メーカーやディーラーの補償期間が過ぎてしまった」「ディーラーに車を持って行くのが面倒」。そんな時は自分で交換することをおすすめします。一般的なヘッドライトのバルブは自分で交換することが可能ですし、自分で行えば作業工賃の節約になります。交換の方法は次の通りですので参考にしてください。ただし、HIDライトは高圧電流を伴うので、配線をしっかり行わないとショートし、車にダメージを与えるリスクもあります。できれば自分で行わず、専門店で取り付けてもらったほうが安心です。
thinkstock (66774)
1、ボンネットを開け、電球が切れているヘッドライトの裏のコネクターロックのツメを押しながら、コネクターを引き抜きます。
2、水や埃が入らないように気をつけながら、バルブについているゴムのカバーを外します。
3、バルブを固定しているクリップをバルブケースから引き起こし、バルブを取り出します。
4、バルブを交換した後、取り外す時と逆の手順でバルブを取り付けます。
5、最後にヘッドライトがきちんと点灯しているかどうかを確認します。
この工程を見て自分でできる自信がない人は、最寄りのガソリンスタンドやカー用品店などでお願いするとよいでしょう。作業工賃は、前述した通り大体500円~3500円程度で、ディーラーで交換してもらうより安いです。また、バルブ(電球)を持ち込み、交換だけ依頼する場合はどうでしょうか。持ち込みの場合、相場では工賃の1.5倍となります。ハロゲン球なら、エリアにもよりますが500円からなので、その1.5倍くらいになります。HIDの場合は、バンパー外しがなければ5000円の1.5倍くらいの料金となります。持ち込みの場合、ネットで割安で購入したほうが交換費用や工賃は安くなる可能性もありますが、送料や割増工賃があるので、一概にどちらが得とは言えません。ネット購入だと壊れても保障が利かないので、その点も併せて検討しましょう。

まとめ

国産車に採用されているヘッドライトの球は、かなり長期間使用できるように製造されているので、車検や定期点検でチェックしてもらえば大丈夫です。走行中に明るさが気になった時などに、ちょっと車を停車し目視で点灯状態を確認してみるとよいでしょう。普段より暗かったり、切れていたりしたら、すぐに交換するようにしてください。また、まめに洗車して手入れしておくことも大切です。現在、ほとんどの車で採用されている樹脂製のヘッドライトは、紫外線やキズなどで劣化しやすいので、黄ばみの原因にもなります。黄ばみをきれいに取るだけで明るさもグッと違ってきますので、ぜひやってみてください。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

維持費も安い?5ナンバーサイズのおすすめ中古車 7選!

維持費も安い?5ナンバーサイズのおすすめ中古車 7選!

コンパクトで走行や駐車がしやすい、燃費がいいなどの理由から日本では広く普及している5ナンバー。「5ナンバーだけでも種類が多すぎてどう選べばいいのか分からない…」という人も多いと思います。そこで今回は、5ナンバーと3ナンバーの違いから、おすすめの5ナンバー車種の中古車情報をボディタイプ別にご紹介します。
goo自動車&バイク | 4,293 views
独身男性にチェックして欲しいおすすめ車種5選&中古車情報【20代編】

独身男性にチェックして欲しいおすすめ車種5選&中古車情報【20代編】

18歳で運転免許を取得してはや数年。運転にも慣れて、そろそろ欲しかったあの車に乗り換えようかと考える。結婚はまだしていなくて、自分の趣味でクルマを選べる。多くの人に取って、20代はそんな時期ではないでしょうか?今回は20代独身男性に是非ともチェックして欲しいおすすめ車種をご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 4,356 views
20代女性編集員がチョイス!中古でもチェックすべきかっこいい車3選!

20代女性編集員がチョイス!中古でもチェックすべきかっこいい車3選!

女性自身が欲しい車種を考える場合、経済性や安全性、かわいいデザイン等をクルマに求めてしまいがちですが、今回は、女性が見てもかっこいい!と思えるクルマを女性編集員(20代)に選んでもらい掲載をしています。5年、10年たってもそのカッコよさが色あせない、中古であってもチェックすべき名車種を紹介いたします。
goo自動車&バイク | 2,568 views
ファミリーにおすすめしたい!一台ですべてを賄える中古車3選!

ファミリーにおすすめしたい!一台ですべてを賄える中古車3選!

2017年7月に発売されたMINI クロスオーバー は「これ一台ですべて賄えるMINI」だそうです。3ドアのMINIですべての要求に答えるのは無理がありますが、MINI クロスオーバーなら、MINIらしさを堪能でき、実用性もあります。それでは、MINI以外で「一台ですべてを賄えるクルマ」とはどのようなクルマになるのでしょうか?
goo自動車&バイク | 4,701 views
雪道も山道も!アウトドア派が乗るべき、おすすめ車種5選!

雪道も山道も!アウトドア派が乗るべき、おすすめ車種5選!

オシャレな外装や広々とした室内空間をアピールする車が増えていますが、車の本来の魅力であるスピード感やパワフルさが光る車にも改めてスポットライトが当たっています。そんな車たちはアウトドアにぴったり!山道走行や雪道もOKな車を紹介します。
goo自動車&バイク | 4,954 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク