2016年5月6日 更新

車に置きたい防災グッズ・非常食リスト

地震や洪水など、自然災害は突然やってきます。災害にあってからあたふたしても、物資の不足などでほしいものが手に入らない可能性も否めません。備えあれば憂いなし。日頃から災害に備えておくことが大切です。今回は、そんな防災に備えて、車に置いておきたいものをご紹介します。

2,047 views

これだけは備えておきたい「水」

非常時に備えて、水だけは常備しておきましょう。その人の体重などにもよりますが、人は水を飲まないと1週間以内で死に至ると言われています。水は飲料用だけでなく、体を拭いたりお米を炊いたりと、様々な場面で活躍します。未開封の場合は1~5年保存できるため、ペットボトル入りの水をおすすめします。ジュースやお茶は水に比べて保存できる期間が短いため、注意が必要です。
gettyimages (29864)

腐りにくい!便利な非常食

水と同様にできれば非常食も備えておきたいものです。非常食と言えば、一昔前まではかんぱんが主流でしたが、現在では災害用のパンもあります。中でも、あすなろの販売している災害備蓄用パンは5年の保存がきくので、防災用の非常食にぴったりです。どうしてもかんぱんやパンは苦手だという方は、お菓子などでも良いので、すぐに食べられるものを用意しておくようにしましょう。

Amazon.co.jp: あすなろ 災害備蓄用 パンの缶詰 プチヴェール 2個入: 食品・飲料・お酒 通販

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、あすなろ 災害備蓄用 パンの缶詰 プチヴェール 2個入を 食品・飲料・お酒ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

いざというときのために乗せておきたい防寒グッズ

冬場はもちろん、春先などでも天気が悪いと朝晩冷え込みます。特に、車内は冷えやすいので、防寒グッズも常に備えておきたいものです。毛布など簡易なものはもちろん、既に持っているのであれば、寝袋などの体が底冷えしないようなグッズも置いておきましょう。
gettyimages (29866)

これで安心!シガーソケットタイプの充電器

災害時、携帯電話やスマートフォンは連絡ツールとして機能しますし、中にはLEDライトなど夜間時の災害に使える機能を備えているものもあります。しかし、電源が切れてしまっては使いものになりません。電源を確保するためにも、シガーソケットタイプの充電器を備えておくと便利です。
gettyimages (29867)

タオルや生理用品や衛生面に考慮して備えておこう

短時間の避難生活であれば表面化しないものの、避難が長期化してくると衛生面に不安を抱えるということも少なくありません。被災状況によっては、現地でなかなか衛生グッズが普及しないということもあるからです。タオルやウェットティッシュ、そして女性であれば生理用品などは置いておくとより安心でしょう。
thinkstock (29868)

近場に避難所がなくても安心な携帯トイレ

災害時は、混乱が想定されるため、公共等の施設でゆっくり用を足せないということも発生する恐れがあります。だからと言って我慢するのも良くないですし、適当に用を足してしまうというのは衛生面上あまり良くありません。いざというときのために、携帯用トイレを置いておくと便利です。袋の中に用を足すと固まり、そのままゴミとして出せるものなどが販売されているので、ぜひチェックしておきましょう。

Amazon.co.jp : 携帯トイレ 大便もOK 「万能トイレくん」 5個組 : ホーム&キッチン

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、携帯トイレ 大便もOK 「万能トイレくん」 5個組を ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

その他あったら便利な防災グッズ

その他、便利なグッズとして新聞紙やポリ袋、ツールナイフ、医薬品を備えておくとより安心です。新聞紙は防寒グッズとしても活躍しますし、火種としても使用できます。ポリ袋は汚物が出たときの処理に便利です。そして、ナイフや缶切りなど複数の機能を備えたツールナイフも、非常食などを食べる際に使用できます。ただし、あまり機能が多すぎると使いにくいので5~10徳ぐらいを目安にしましょう。また、カットバンなど簡易な医薬品のほか、日頃から医薬品を常用している方は、1週間分ぐらいを置いておくとより安心です。
gettyimages (29871)
先の熊本地震では、家が倒壊したり倒壊の危険があるということで、多くの方が車での避難生活を送っていました。車での避難生活もですが、避難をする際は車で避難するということも考えられます。家の中での準備はもちろん、車にもいざというときの準備をしておくと安心です。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク