2018年11月22日 更新

往年のスポーツカーメーカーMG!中古で買える?人気モデルを詳しく紹介!

現在は中国上海汽車傘下となっている英国の車メーカー「MG」から、9年振りとなるスポーツモデル「E-Motion」が上海モーターショーにて初公開され話題になりました。それではMGというメーカーはどんな会社でどのような車を作っていたのか、そこでメーカーとしてのMGと、伝説的なモデルを改めてご紹介することにしました。また、各モデルは中古で購入が可能なのか否かも紹介します。

1,932 views

自動車メーカーとしてのMG

 (72482)

MG(エム・ジー)は、イギリスのスポーツカーのブランドで、その由来は「モーリス・ガレージ」(Morris Garages )を略したものであるとされています。

創業時がトライアルレース向け車両の制作に始まったこともあり、サーキット/ラリー両方でのレース活動で歴史にその名を残しますが、親会社の統合、合併が繰り返され、自動車メーカーとしては不安定な時期が大半をしめていました。

世界へMGの名を広めたMGA

 (72485)

そのMGの名を一気に世界中に広めたのが1955年に発表された「MGA」です。戦後荒廃した英国や欧州に変わって、被害を受けなかった北米向けの輸出で大成功し、累計10万台を超える「MGA」の大半が米国へ、その他も世界各国へ輸出、もしくは現地生産されました。
 (72495)

流麗なデザインのオープンモデルとクーペボディをラダーフレームの上に架装した「MGA」により、世界中で一大英国スポーツカーブームが巻き起こりました。

「MGA」を現在、中古車で購入できるか否かですが、確認できる中古車情報は、11月16日現在で4件ですが、当時生産されていたMGA(生産が1955年~1962年)は内2件で、300万円前後での価格で検討は可能なようです。※1台はASK

最大の功績MGB

 (72489)

1962年の発表から1980年の製造終了迄に、「MGA」を超える52万台以上も製造・販売され、MGのみならず、2ドアオープンカーの代名詞となったのが「MGA」の後継モデル「MGB」です。

MGAから引き継がれたイメージのボディには、基本構造にソフトトップを備えたオープン型のモノコックボディに、1.8Lの直列4気筒エンジンを搭載し、4速マニュアルトランスミッションで後輪を駆動になっています。
 (72491)

ボディ全体が独自設計のスチール製モノコックに改められ、また多くの部分で改良が進み、近代的で高性能な車として開発されました。1962年の軽量な車体がもたらす軽快なハンドリング特性や、比較的高い信頼性、単純な機構による維持のし易さ等から大ヒット車となり、1980年までの19年間に渡って製造・販売されることとなったのです。

さらに、ピニンファリーナのデザインによる2ドア・ハッチバック・クーペ型のボディも設定され、「GT」という名称が与えられた。また、搭載エンジンは直列4気筒だけでなく、「MGC」という別の車種名が与えられた直列6気筒も設定され、 また、V型8気筒が搭載された「MGB GT V8」も加わりました。

「MGB」の中古車情報は、MGAと比べるとやや多く出回っています。
価格帯は、100万~300万円(ASK除く)となるため、もし購入を検討される場合は、車両の状態を細かくチェックすることをおすすめします。

RV8からMGFそしてMGTFへ

 (72497)

MG・RV8
1993年に発売されたMG・RV8は、MGBをほぼそのまま踏襲した設計でしたが、設計の古さなどから2,000台限定生産でした。

そして1995年に"MG"ブランド復活のためにローバーよって開発された。ミッドシップレイアウトの2座席オープンカーが「MGF」として開発されました。

MGFは、小ぶりなボディに、ローバー製1.8Lの直列4気筒DOHCエンジンを搭載、窒素ガスと防腐凍結防止剤入を入れた水を使うハイドラガス・サスペンションを搭載していました。
 (72499)

MG・MGF
1.8Lエンジンを積むライトウエイトなミッドシップ・スポーツカーという点で、当時のトヨタMR-Sやマツダロードスターと比較されることも多く、日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞していますが、日本への輸入台数は少なく、MGファンの間でも人気はあまりないようでした。

本国イギリスでも自動車メーカーの再編劇に巻き込まれた結果2002年に製造が終了してしまいました。
 (72501)

その後MGがMGローバーで「MG TF」にモデルチェンジされますが、経営破綻により2005年に製造中止となり、南京汽車傘下のNac MGにおいて、製造が再開されたものの、需要の低迷などから生産総数906台で製造中止となりました。

MG全体での中古車情報は下記より確認することが可能です。自動車ブランドとしての発祥は、1923年と言われる、歴史ある「MG」。

この機会に是非チェックしてみては如何でしょうか。

最後に

MG史上最も成功したMGBは現在でも、比較的手が出しやすい価格帯にある事や、パーツが豊富で入手し易い事などからヒストリックカーレースなどでのモータースポーツ活動が行われています。
 (72509)

このMGNの生産終了から30年が経過した現在、MGBはビンテージカーの域に入っていますが、単純な構造であった事や、多くの台数が存在したことから、現在でも、2ドア・オープン・スポーツカーの代表的な入門車種として知られ、整備のノウハウも専門店や愛好家の中で広まり、クラシックカーの中で維持することが比較的楽な車であることも人気の理由となっています。
 (72510)

北京モーターショー2018で公開されたMG Eモーション コンセプト
MGは「E-Motion」に続き、2018年北京モータショーで新たなXモーションを公開しています。MGBを上回る人気を得るには、手ごろな価格という大前提が必要なことから、ニューモデルの「E-Motion」にその重責を負わせるのは荷が重そうです。しかし、MGという大看板が再び表舞台に登場し、英国製(中国資本であっても)スポーツカーの神髄を垣間見られるのなら、興味が尽きないというファンも多いのではないでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

BMWのアッパーグレードセダンとしてミドルサイズセダン界に君臨し続けているBMW 5シリーズ。「駆け抜ける喜び」を追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「ミドルサイズセダンでありながらアスリート的な運動性能が魅力」のクルマです。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 5シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて5シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,906 views
ある意味最もBMWらしい!?おすすめのBMW 3シリーズ!

ある意味最もBMWらしい!?おすすめのBMW 3シリーズ!

今も昔もBMWの主力車として中核を担うBMW 3シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「常にスタンダードであり続けることを宿命付けられたクルマ」です。本記事では、BMW 1シリーズやBMW 5シリーズといったBMW車のラインナップ内でのBMW 3シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて3シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,398 views
コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

現在では、コンパクト3ナンバー(Cセグメント)で唯一「FRパッケージ」を採用するBMW 1シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、サイズ以上に大きな存在となった「乗って楽しいクルマ」です。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 1シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて1シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,076 views
高級SUV Audi「Qシリーズ」人気車種&気になる中古車価格は?

高級SUV Audi「Qシリーズ」人気車種&気になる中古車価格は?

アウディといえば日本でも有名なドイツの自動車メーカーです。そのアウディが出すSUV モデル「Qシリーズ」は気になっている方も多いのではないでしょうか。今回はQシリーズを中古車で買うにあたって知ってお得な情報を紹介していこうと思います。
goo自動車&バイク | 2,304 views
新型ジムニーついに登場!初代~先代モデル(JB23)の中古車価格はどうなった?

新型ジムニーついに登場!初代~先代モデル(JB23)の中古車価格はどうなった?

数あるスズキ車の中でもジムニーの人気は特に高いと言われています。それを証明するかのように、2018年7月のジムニー4代目モデル発売の知らせは大きな反響を呼びました。新型ジムニーが発売されてから、歴代ジムニーの中古車価格はどう変わったのでしょうか。歴代モデル毎に掲載したいと思います。
goo自動車&バイク | 3,729 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク