2016年6月27日 更新

BMW i8 新型PHVスポーツカーに「ミラーレス」「スパイダー」モデル登場

家電が中心の展示会に突如現れた2台のi8。もともと最先端技術の象徴のようなクルマをベースに、さらに未来感たっぷりな装いで登場した2台が意味するものとは?

570 views

1月に開催されたCESでコンセプトを発表

1月6日~9日に開催された「CES 2016」にて2台のコンセプトカーが発表されました。どちらもBMWのi8がベースとなっています。今回注目すべき点はこの2台を発表したCESがモーターショーではないということ。CESは「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」の略であり、過去にはDVDやビデオレコーダー、ファミコンなどが発表されてきた、家電が主役の展示会なのです。何故そんな場にBMWが? それは発表された2台のコンセプトを見れば自ずと理解できるはずです。
gettyimages (51116)

今後の自動車デザインが変わるかもしれないミラーレス化

発表された2台のうちの1台目はi8 ミラーレス。その名の通り、これまでの車には当たり前だったサイドミラーやフェンダーミラーがありせん。サイドミラーがなくなった代わりに、車体の外にはカメラが取り付けられ、それぞれが録った映像をリアルタイムでルームミラー代わりのディスプレイに出力。目視よりも広い範囲が確認できることになります。またミラーを取り付ける必要がなくなるため、より空力を追求した流麗なエクステリアなど、デザインの幅も広がっていくことでしょう。
 (51117)

コネクテッド・カーを標榜するi ビジョン・フューチャー・インタラクション

こちらのi ビジョン・フューチャー・インタラクションを名乗るi8は屋根とドアが度ぎ落された、非常にインパクトの強い2シーターオープンとなっています。つまり、昨年末に登場したi8スパイダーコンセプトがベースなのでしょう。しかし、この車の肝は外観よりも中身。インパネに装備された21インチの大きなディスプレイには「エアタッチ」というジェスチャーコントロール機能が搭載されています。この機能は手の動きや手と画面の奥行き感からディスプレイを操作するというもの。これにより一切ディスプレイに触れずにオーディオやナビを操作することができます。また、コネクテッド・カーを標榜するように、こちらのディスプレイには常にネットワーク接続から得た情報が表示されるとのことです。
 (51118)

2台の市販化はあり得るのか?

将来の車とネットワークのあり方を提案しているというBMWの発言からもi ビジョン・フューチャー・インタラクションは現時点ではコンセプトの域を出ていない、つまり市販化の予定はかなり少ないでしょう。しかしながら、ミラーレスに関しては正式発表がないものの、その可能性は高いといえます。日本でも法改正によってその機能を補うカメラがあればサイドミラーとルームミラーのない車の公道での走行が可能となったばかりです。デザインの幅が広がり、目視では生まれてしまう死角を減らせるなど、ミラーレス化の利点も多いため、これからこの手の車が増えていくことが予想できます。
 (51119)

コンセプトi8が示した自動車の今後

ミラーレス車両やネットワークとのつながりがあるクルマ。まさに私たちが想像してきた”未来のクルマ”の登場がすぐそこまで来ています。そして、この2台をCESで発表してきたBMW。あくまでコンセプトカーの2台が遠い未来へ思いを馳せる夢物語なのではなく、確立された技術によって実現できる可能性が極めて高いものだということが伝わってきます。トヨタもKDDIと新たな通信プラットフォームの確立を目指していますし、今後自動車はこの2台が示した方向性へと進化していくことでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

BMWのアッパーグレードセダンとしてミドルサイズセダン界に君臨し続けているBMW 5シリーズ。「駆け抜ける喜び」を追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「ミドルサイズセダンでありながらアスリート的な運動性能が魅力」のクルマです。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 5シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて5シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,895 views
ある意味最もBMWらしい!?おすすめのBMW 3シリーズ!

ある意味最もBMWらしい!?おすすめのBMW 3シリーズ!

今も昔もBMWの主力車として中核を担うBMW 3シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「常にスタンダードであり続けることを宿命付けられたクルマ」です。本記事では、BMW 1シリーズやBMW 5シリーズといったBMW車のラインナップ内でのBMW 3シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて3シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,375 views
コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

現在では、コンパクト3ナンバー(Cセグメント)で唯一「FRパッケージ」を採用するBMW 1シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、サイズ以上に大きな存在となった「乗って楽しいクルマ」です。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 1シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて1シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,057 views
フィアット・パンダが好きな人におすすめのレトロカー特集 「A112アバルト」他

フィアット・パンダが好きな人におすすめのレトロカー特集 「A112アバルト」他

「初代フィアット パンダ」などレトロカー独特のデザインやスタイルが好きで堪らないという、レトロカー好きにオススメしたい様々なレトロカーの中古車情報、選ぶ際の注意点等をまとめて紹介しています。
goo自動車&バイク | 2,598 views
ラグジュアリーな海外スポーツクーペおすすめ中古車4選

ラグジュアリーな海外スポーツクーペおすすめ中古車4選

実用性のあるミニバンやSUVも人気ですが、車の走りや高級感、特別感を味わえるクーペは昔から人気のボディタイプです。スポーティーな走行性だけではなく、見た目のカッコよさや美しさなどもクーペを選ぶ要素の一つです。特に海外メーカーのクーペは高級感があり惹かれる方も多いと思います。そこで気になるのは価格。新車価格では手が届かない車種も中古車を選択する事で手が届く価格になります。今回は海外メーカーの中からBMW、プジョー、アウディ、メルセデスベンツのおすすめクーペ中古車4車種をご紹介いたします。購入を検討されている方は是非参考にしてください。
goo自動車&バイク | 3,158 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク