2016年5月29日 更新

テスラ「モデルX」のファルコンウィングがかっこいい

テスラ モデルXを皆様はご存知でしょうか? タイトルにもあるとおり、その特徴といえばファルコンウィング。テスラは本国アメリカで大人気です。そんな話題沸騰中であるテスラのファルコンウィングを持つ新型SUV、いったいどのような車なのでしょうか? 今回はテスラ モデルXの魅力に迫っていきたいと思います。

1,556 views

2015年秋に発表されたテスラ製SUV モデルX

gettyimages (41769)
2015年秋に発表されていたテスラ初のSUV「テスラ モデルX」ですが、2016年4月12日にテスラモーターズはテスラ モデルXの発表時とは打って変わって70kWhのバッテリー搭載である「70D」から75kWhのバッテリー採用アップグレードモデル「75D」を設定すると発表しました。その他にも、「90D」「P90D」というグレードが用意されており、数字の部分はkWhを表してますので、バッテリーの容量の大きなものも用意されており、テスラ モデルXはラグジュアリーカーとしても、EV車としても上質なSUVに仕上がっています。

まるでスーパーカー! ファルコンウィング

gettyimages (41775)
今回テスラ モデルXに採用されたファルコンウィング。ハヤブサというかっこいい鳥をモチーフに名づけられていますが、よく耳にするところですと「ガルウィング」ですね。このファルコンウイングと同じデザインで有名な車ですと、デロリアンを思い浮かべます。今街中を走っていてもかなりのスーパーカーです。その他にも、ベンツSL系やパガーニ・ウアイラなど、このような特殊開閉をするドアは決まってスポーツカーに多く、テスラ モデルXもそのひとつです。テスラ モデルXのような新型SUVでファルコンウィングなんて、手に入れてみたくなりませんか?

見た目だけじゃないファルコンウィングの利点

gettyimages (41773)
ファルコンウィングはただかっこいいだけではありません。実は日本にまだ多く残っている古く狭い道でも、大都会の狭い駐車場でも安心です。上にドアが持ち上がるため、ドアをぶつけて傷を付けてしまったり、狭い駐車場でも風で隣の車にぶつかり傷を付けてしまうこともありません。さらに双方のドアに超音波センサーを搭載しており、ドアを開けられるスペースを計算できるのです。ファルコンウィングはかっこいいだけじゃなく、非常に実用性に優れたものであることがわかりますね。

走行性能もやっぱりすごい

gettyimages (41781)
気になる走行性能ですが、AWD(全輪駆動)のデュアルモーターで、最高グレード「P90D」で0-60mphで3.8秒。ルーディクラス・モードでは3.2秒まで短縮されます。ルーディクラス・モードではエンジン最高出力659psのコルベットクーペ(Z06)の3.0秒に近づきます。国産車で有名どころと比較するとランサーエボリューションX(5秒前後)よりも通常モードのP90Dのほうが0-60mphが短く、EV車でSUVなのにもかかわらず、本当にスポーツとしても、常用としても非常に面白い車です。

気になる発売時期と価格は?

 (41780)

テスラモーターズジャパン公式ホームページによると、現時点での予約分の納車予定は2017年前半以降となっております。以前新型の国産の人気車種を購入した際、納車は2ヶ月ほどでしたのでテスラ モデルXの人気を感じます。気になる価格ですが、エントリーグレード「70D」で「75D」の価格はエントリーグレードと比較すると、3000ドル(約33万円)価格が高くなっています。日本での販売価格ですが、13万2,000─14万4,000ドル(約1,580万円〜1,730万円)とされています。将来的には低価格のテスラ モデルXを発売予定とのことです。やはり1000万越えのラグジュアリーカーはなかなか難しいですが、低価格の発売はとても楽しみです。EV車業界に今後もどのような新風を巻き起こしてくれるのでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テスラ「モデルS」と飛行機がガチ競争!速いのはどっち?

テスラ「モデルS」と飛行機がガチ競争!速いのはどっち?

ここ最近、急激に知名度を上げてきたテスラ モデルS。電気自動車でありながら時速100キロまでわずか2.6秒と異次元の加速でテレビや雑誌でテスラ モデルSが多く取り上げられるようになりました。さて、そんなテスラ モデルSと異種格闘技戦として最高速度805キロのジェット機を競争させるどうなるでしょうか?
goo自動車&バイク | 551 views
スマホでリモート駐車が可能!テスラ モデルSの新機能・サモン

スマホでリモート駐車が可能!テスラ モデルSの新機能・サモン

スマホを使ったリモート駐車の機能を発表したテスラ。搭載されるモデルSは、2012年に発売されたモデルSです。リモート駐車の魅力と今後の展開とは?詳しく内容を確認してみましょう。
goo自動車&バイク | 342 views
テスラ「モデル3」に予約が殺到 人気の理由は?

テスラ「モデル3」に予約が殺到 人気の理由は?

価格も装いも高級車のイメージが強いテスラに廉価モデル「モデル3」が発表されました。予約が殺到している「モデル3」の魅力に迫ります。
goo自動車&バイク | 1,160 views
テスラCEO イーロン・マスクってどんな人?

テスラCEO イーロン・マスクってどんな人?

世界で今、最も注目されている電気自動車メーカーといっても過言でないテスラモーターズ。その経営者として絶大な実績と手腕を誇るイーロン・マスクの人物像と、テスラが目指す自動車社会のビジョンを見ていきましょう。
goo自動車&バイク | 1,123 views
テスラ モデルS試乗「テスラ乗ったらクルマ観変わった」【取材】

テスラ モデルS試乗「テスラ乗ったらクルマ観変わった」【取材】

「goo」を運営するNTTレゾナントでは、社内勉強会「レゾナント大学」を毎月開催しています。この勉強会の一環として、4月6日、テスラショールームの営業後の店舗でNTTグループ向けに試乗会を開いていただくことになりました。自動車&バイク担当としてはまたとないチャンス! ちゃっかり便乗して取材に行ってまいりました。
goo自動車&バイク編集部 | 13,743 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク