2016年12月5日 更新

周りのドライバーがイライラ…運転が下手な人の特徴6つ

世の中には、車の運転が上手な人と下手な人がいますね。下手な人は運転が下手なだけでなく、事故を引き起こしてしまうことも…。運転が下手な人には共通する特徴があるようです。ここでは、運転が下手な人の特徴をまとめてみました。

10,728 views
ハンドルさばきには個性が見えるもの。運転の下手な人は渋滞の長い列を作る原因になったり、はたまた事故を起こしてしまうこともあります。もしこの特徴に3つ以上当てはまるようなら、あなたも周りから「この人運転下手だな〜」と思われている可能性が。自分のドライビングテクニックがセーフかチェックしていきましょう!

急停車・急発進をする

gettyimages (56769)
急停車・急発進は、運転が下手な人の特徴のひとつです。思い立ったまま後続車のことを考えず急に停車したり、急に発進したり。周りのドライバーもイライラし、同乗者がいる場合もイライラ・ハラハラするでしょう。急停車や急発進は車の燃費のためにもよくありません。予告ブレーキなどをしてゆっくり停車したり、いきなり加速をしないように心がけることが大切です。

ウインカーを出すタイミングが悪い

thinkstock (56765)
ウインカーを早く出しすぎたり、曲がる直前で出したりと、運転が下手な人はウインカーを出すタイミングが悪いことがあります。ウインカーは、曲がる場所の30m手前、車線変更をする3秒前を基本に出しましょう。ウインカーを出したものの、タイミングをとれず車線変更がとれないなんてことがないように、車線変更を行う車線の車の流れを確認してウインカーを出すように心がけましょう。

法定速度より遅く走る

thinkstock (56766)
法定速度よりスピードを出さなければ交通違反にはならないと考え、ゆっくりゆっくり法定速度よりもずいぶん遅く走る運転下手さんもいますね。違反にはなりませんが、あまりゆっくり走ると他の車に迷惑がかかり、渋滞を引き起こす原因にもなりかねません。周りのことも考え、できるだけ法定速度に近いスピードで走行するようにしましょう。

ブレーキが多い

thinkstock (56767)
運転が下手な人は、対向車がくると「ぶつかってしまうのではないか。」と思い、対向車がくるたびにブレーキを踏んでしまいがちです。注意をするのは悪いことではありませんが、ブレーキを踏むたびに後続車に迷惑がかかる場合もあり、事故に繋がる危険もあります。同乗者がいる場合にも、ブレーキの度に車が揺れるので、車に酔いやすく乗り心地が悪く感じることも考えられますね。もちろん、ブレーキが必要なときはありますが、基本的にはブレーキはあまり踏まないほうがなめらかな運転ができますよ。

バック駐車の際、何度も切りかえす

thinkstock (56768)
バック駐車に自信がなく、駐車をするときに必要以上に切りかえすのも、運転が下手な人の特徴です。運転が下手な人は、運転席と反対側のミラーを見ることが苦手な傾向があり、そのため助手席側の距離がはかりにくくバックの際にに何度も切りかえすこともあります。運転席側のミラーでだけでなく、バックミラーや助手席側のミラーもしっかりみてバックの練習をするようにしましょう。

車にやたら傷がついている

thinkstock (56770)
マイカーがあちこち傷だらけだと、日頃どんな運転をしているのか想像できてしまいますね。目測を誤って擦ってしまったり、バックの際にぶつけたりしていませんか? こんなことを繰り返していると車はいつの間にか傷だらけになり、運転が下手だという看板を背負って走っているようなものです。普段から注意して、運転のパートナーである車を大切に扱っていきましょう。
いかがでしたでしょうか?自分の運転も気付かないうちに、ついつい運転が下手な人の特徴に当てはまっているかもしれません。周りに迷惑をかけないよう、上手な運転を心がけたいものですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私はこれで克服した!運転の恐怖からの脱却方法

私はこれで克服した!運転の恐怖からの脱却方法

免許を取ってから何年も運転していなかったけれど、就職や育児などに車が必要になったので運転しければいけない、そんな状況になってしまった際、運転するのは怖いですよね。今回はそんな運転に対する恐怖症を克服する方法をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,468 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク