2015年12月25日 更新

歴史を学ぼう 靖国神社周辺ガイド

政治的なニュースで取り上げられがちな「靖国神社」。政治的な問題だけではなく、靖国神社や周辺には日本の重要な資料が多く保存されている歴史を学ぶのに最適な施設なのです。春の桜、夏の祭り、秋のイチョウと美しい観光スポットの靖国神社と周辺施設で楽しく日本の歴史を体験しましょう。

954 views

戦没者の御霊が祀られている「靖国神社」

1869年(明治2年)に創建された靖国神社は、坂本龍馬や高杉晋作などの明治維新の志士や、二度の世界大戦で亡くなった東郷平八郎やひめゆり学徒隊などの魂が246万柱以上祀られています。

一月一日の午前0時から始まる「新年祭」から始まり、4月になれば「さくらまつり」「春季例大祭」、7月の「みたままつり」、10月の「秋季例大祭」、11月の「明治祭」「新嘗祭」など、多くの祭事も開催されており賑わいを見せます。

7月の「みたままつり」では、3万もの献灯が照らす美しい明かりの中で盆踊り大会や神輿、相撲大会、さまざまな奉納芸能が行われます。奥行きがある参道を通り、厳粛な雰囲気の中で格式を感じさせてくれる神社です。
gettyimages (14466)

日本の戦記と平和の大事さを学べる「遊就館」

靖国神社の本殿・拝殿に隣接している遊就館は、イタリア人御雇教師・カペレッティーの設計で明治15年に開館しました。黒船来航から始まる明治維新・西南戦争などの展示、日清日露戦争・シナ事変の展示が行われており、明治大正昭和期の日本近代化を創り・支えた武人の動向を知ることができます。

最も展示スペースを広く取られているのは、1階に展示されている「第二次世界大戦(大東亜戦争)」。世界に誇るゼロ戦こと零式艦上戦闘機展示も人気です。軍人だけではなく、看護師や軍需・軍属工場員等として国に仕えられた女性御祭神のご遺品・ご遺書も展示されています。特攻隊員のご遺品・ご遺書の他に、婚姻をされずに散った若い隊員の為に贈られた悲しくも美しい花嫁人形も展示。戦時の誇りと共に、平和の大事さ・尊さが展示されています。
 (14467)

オススメ「お土産売り場」!

観光の重要な目的の一つが、「その場所でしか買えない・買い難いお土産」の購入。靖国神社や遊就館でも、スペシャルなお土産がゲットできます!神社なので、お守りやお神札などは当然手に入れることができますが、8月15日の終戦記念日に慰霊の目的で飛ばす白い鳩のヌイグルミなど可愛らしい小物も授与品・頒布品として手に入れることが可能です。一般的な日の丸から、卓上型日の丸、扇子型日の丸、ストラップ型日の丸と国旗のバリエーションも豊富で、旭日旗バージョンやZ旗バージョンもあります。「遊就館ミュージアムショップ」では、自衛隊正式採用品と同じ非常食かつ戦闘食の「ミリメシ」が3種類も販売されており、保存性が高く味も美味しいので災害時用の保存食として複数購入しておくのがおすすめです。
土佐のミリメシ(*´∀`)缶詰を開けずにそのまま熱湯で...

土佐のミリメシ(*´∀`)缶詰を開けずにそのまま熱湯で20分茹でます。 # #株式会社アグリックス四万十#アグリックス#四万十#高知県#高知市#大津#大津乙#うるち米#米#缶詰#ミリメシ#土佐のミリメシ#四国#笑#美味しい#あさごはん #ひるごはん#よるごはん #食べ物#Japanesefood #food#yummy#delicious#lunch #diner#rice#japon#JAPAN#outdoor

【靖国神社】
〒102-8246 東京都千代田区九段北3丁目1−1
拝観時間:午前6時~午後5時(季節により閉門時間が異なります。)
駐車場:100台
公式サイト:http://www.yasukuni.or.jp/

心を結び、縁を結び、幸せを結ぶ「東京大神宮」

靖国神社の近くにあるのが、縁結びの神社として有名な東京大神宮。1872年(明治5年)開設の神宮司庁東京出張所などが起源となっており、主祭神は天照皇大神(アマテラスオオミカミ)・豊受大神(トヨウケビメ)。現在では一般的である「神前結婚式」を創設し、普及に努めた神社です。明治33年に大正天皇(当時の皇太子殿下)と貞明皇后(当時の九条節子姫)の御婚姻から始まった「神前結婚式創始の神社」。伝統と誇りを受け継いだ神職・巫女・楽人ら総勢13名が心を込めた神前結婚式を現在も行うことが可能で、東京大神宮ならではの優美な舞も必見です。年間を通してさまざまな御祈祷の受付や、祭事の開催も行われています。
 (14468)

【東京大神宮】
〒102-0071 東京都千代田区 富士見2丁目4
拝観時間:6:00~21:00(お守りの授与8:00~19:00)
公式サイト:http://www.tokyodaijingu.or.jp/

意外と知られていない観光スポット「皇居」

皇居前広場や桜田門、二重橋等があり都会の中心部分にありながら自然豊かな皇居外苑や、ソメイヨシノなど約280本の桜と共に歴史が楽しめる皇居東御苑は誰でも自由に散策ができ、外国人にも人気の観光スポットですが、予約すれば皇居の内部も観光が可能です。皇居ホームページからのオンライン予約や電話、FAX、窓口での事前申し込みを行う事で、普段は入れない皇居内部にも入れます。皇居は宮内庁管轄なので、宮内庁職員の方が案内してくれます。待合室である「窓明館(そうめいかん)」から始まり、国会議事堂のモデルとなった「元・枢密院(すうみついん)庁舎」、加藤清正が建設されたと言われている「富士見櫓(ふじみやぐら)」、国賓の招待といった行事等で使用される「宮殿(きゅうでん)」など、歴史的な重要建築物を次々と観光することができる贅沢なツアー内容です。
 (14469)

【皇居】
〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1
公開時間:3月1日~4月14日 午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
4月15日~8月末日 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
9月1日~10月末日 午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
11月1日~2月末日 午前9時~午後4時(入園は午後3時30分まで)
公式サイト:http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html
堅苦しく考えることなく、観光地として楽しめる靖国神社や周辺のスポット。都会の中にありながら、豊かな自然と歴史が残されている場所なので、心穏やかに周ることができます。桜の咲き誇る春の季節が特に人気で、東京の開花情報の基本となる標準木が境内にあります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

国立劇場周辺のドライブスポット・駐車場

国立劇場周辺のドライブスポット・駐車場

国立劇場は東京都千代田区にある劇場です。日本の伝統芸能などを上演する他、伝統芸能の後継者の育成や調査研究も行っています。今回はそんな国立劇場周辺のおすすめドライブスポットをご紹介します。
goo自動車&バイク | 654 views
春に行きたい東京都内のイベント5つ

春に行きたい東京都内のイベント5つ

季節問わず、都内では様々なイベントが行われています。都内を動き回るには、車よりも電車など公共の交通手段の方が楽ですが、車でもアクセスしやすいイベントを中心に4月に行われるイベントをピックアップしました。
goo自動車&バイク | 1,607 views
夜桜ドライブもできる関東お花見スポット5選

夜桜ドライブもできる関東お花見スポット5選

寒い日が続きましたが、春はもうすぐそこ。ついに東京でも3月21日に開花宣言があり、満開の桜は来週が見頃と言われています。満開の一足先に車で回れるお花見スポットをご紹介します。
goo自動車&バイク | 10,816 views
【桜の名所】東京のお花見ドライブスポット4選

【桜の名所】東京のお花見ドライブスポット4選

大勢の花見客でにぎわう上野公園など、東京には桜も多く、名所と言われる場所だけでなく、地元の人の憩いの花見場所などもたくさんあります。お花見時期に訪れたい桜の名所を紹介します。
goo自動車&バイク | 1,954 views
東京駅から武道館まで 皇居付近を楽しめるドライブコース

東京駅から武道館まで 皇居付近を楽しめるドライブコース

日本のすべての鉄道の母なる駅と言っても過言ではない東京駅と、“ライブの殿堂”武道館周辺にフォーカスしたおすすめのドライブルートをご紹介いたします。普段はなかなかドライブをしない方、武道館にライブに行かれる方などは、皇居周辺ドライブを楽しんでみませんか。
goo自動車&バイク | 1,825 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク