中古車を売りたい!ディーラーを通した方がいい3つの理由

中古車を売りたい場合、主な売却先としてディーラーか中古車販売業者があります。中古車販売業者も一つの選択肢ですが、ディーラーで売却するのもお勧めです。ここではディーラーに売却する3つのメリットをご紹介します。今後車を売却する際の参考にして欲しいと思います。

手続きが簡単に済む

ディーラーに依頼する大きなメリットは、手続きが簡単に済むということです。車は自分が所有していることを登録しているため、手放す際にはその手続きが必要です。特に女性の方は複雑な手続きが苦手という方もいるため、ディーラーに依頼するとスムーズに手続きをしてもらうことができます。
gettyimages (16726)

 

年数の経った車でも下取り額を付けてくれる

ディーラーの場合、扱っている車種に詳しいため、ある程度年数の経った車でも細かな部分までチェックして値段をつけてくれます。古い車種でも細かなパーツを部品取りして利用できる場合もあり、その場合は比較的値段を付けてもらえることも多いです。これに対して中古車販売業者はメンテナンス費用を省くため、ある程度状態の良いものを買取りする傾向にあります。年数が経っていて他の業者では買取が難しい場合は、ディーラーに依頼すると良いでしょう。
gettyimages (16729)

 

新車を購入検討の方は、新車の値引きが交渉しやすい

ディーラーで今の車を売却して新車の購入を考えている方は、新車の値引きも交渉しやすくなります。営業マンの方も下取りと新車購入をトータルで考えて提案してくれるので、より新車の値引きがしやすくなります。最初に新車の購入も検討しているので、お願いしますと伝えると良いでしょう。
gettyimages (16730)

 

ディーラーは安心感もポイント

以上3つのポイントがディーラーで車を売るメリットです。これに加えて、ディーラーは安心感があるのも大きなポイントです。手続きを手間が少なくなるように行なってくれるほか、車に関して困ったことがあれば相談することでさまざまな要望を聞いてくれるので、車に詳しくない方には特にとても利用しやすいと言えます。
gettyimages (16731)

 

スタッフと信頼関係を築けていると、よりグッド

売却や下取りをディーラーに依頼する場合、営業マンとの信頼関係が築けているとより交渉もしやすくなります。今所有している車もディーラーで新車で購入している場合は、営業マンが定期的に連絡をくれている場合も多いと思います。ある程度の関係を築けていると、より売却の査定も力を入れてくれやすくなります。
gettyimages (16732)

 

以上、車の売却をディーラーで行なう方が良い3つの理由をご紹介してきました。中古車販売業者も合わせて考えている方は、ディーラーの特徴と比較して検討して欲しいと思います。ぜひ良い売却をしてもらってくださいね。
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ