2016年9月28日 更新

お買い得な中古車は?中古車相場値上り・値下りランキング 2016年8月

中古車情報誌Gooを出版するプロトコーポレーションですが、同社が運営するWebポータルサイト「グーネット」内でやり取りされる膨大なデータを元に、中古車相場の変動などを調査・研究を主に行う、プロト総研を立ち上げました。そのプロト総研が発表した、8月度の相場値上がり・値下がりランキングをお伝えします。

2,104 views

【値上がり率3位】トヨタ マークII

中古車の相場は、需要と供給のバランスによって決まります。新車時の販売台数が多く、中古車市場でも流通が確立しているモデルであれば、それほど高騰はしませんが、新車時にそれほど売れなかったにも関わらず、中古車市場で注目を集める場合もあります。この車は、値上がり率は、2016年4月を基準月として8月度は、9.46%の伸び率です。販売終了から10年以上を経過していますが、金額では64835円の増加を示しています。
マーク2系の5代目モデルとして2000年にデビュー。新車時は大きくイメージを変えたデザインから、それまでの100系モデルほどのヒットにはならず、2004年に販売を終了、マークXへとバトンを渡します。モデルとしては、年式も古く、相場感も安いのですが、MTで直6ツインターボ搭載のiR-V系が、相場を引き上げています。FRハイパワーカーとしてスポーツ走行の需要があり、タマ数は少ないので高値傾向は続きそうです。
 (55965)

【値上がり率2位】日産 スカイラインGT-R

2位にも意外な車がランクイン。BNR32という型式でピンとくる方も多いのではないでしょうか。R32型スカイラインGT-Rです。同じく2016年4月に対し、10.53%の増加率と、金額にして実に228,734円もの増加です。1989年から1994年の6年に渡り販売されていたスポーツクーペで、かつてより日産のレースイメージを背負ってきた由緒ある名前、スカイランGT-RをKPGC110型依頼16年ぶりに復活させたモデルでした。280PSと当時の自主規制値いっぱいの出力を誇るRB26エンジンは、設計に余裕があったため、チューニングベースとしても最適でした。500PS、600PS程度にチューニングされた車両も多く、販売終了から22年を経過したことと相まって、程度の良い車両は非常に少なくなりました。また、海外のコレクターにも人気があり、その希少性から相場は高騰し、この状況はしばらく続いてしまいそうです。
 (55974)

【値上がり率1位】ローバー MINI クーパー

1位には、なんとローバーMINIクーパーがランクイン。値上がり率は、GT-Rと僅差の10.69%、金額にして117520円と、GT-Rより金額は低いですが、もともとの相場感からすると、相当な値上がりといえそうです。後継モデルとしては、BMW傘下に入ってからのだいぶ大きくなったMINIがあり、そちらも人気を博していますが、ランクインしたのは、それ以前の本家ローバー社時代のもの。全長3051mm全幅1410mmと、現在の軽自動車の規格、全長 3400mm全幅 1480mmより一回り小さなボディに1200㏄のエンジンを搭載していたモデルです。驚くべきは車両重量で640kg程度しかありません。エンジンとトランスミッションを重ねてレイアウトする、イシゴニシスレイアウトにより、コンパクトながらも室内空間は広く、金属スプリングの代わりにゴム製のラバーコーンを採用するなど先進性の高いモデルでした。1959年に販売開始、エンジンの拡大などを経ながら2000年まで、実に41年間も製造されてきたモデルです。現在では、このような軽量かつコンパクトなボディは、衝突安全などの観点からもつくられることはないでしょうし、キビキビそしたハンドリングも味わうことは、このモデル以外では難しいため、高騰しているのだと考えられます。
 (55979)

【値下がり率3位】日産 フーガ

値下がり率3位には、日産 フーガ。KY51型の2代目フーガがランクインしました。変動率は2016年4月に対して、12.64%の減少、価格にして315959円となっています。21年式、22年式のタマ数は多く、年式相応に値段がこなれてきている様子です。4月から順調に値下がり傾向にあったフーガですが、7月から8月にかけては、やや値上がり傾向に。初代フーガと価格が近づいてきているため、下げ止まり比較的安価で高級車を手に入れることができます。ただし、人気があるために程度の良い車が減ってくると、反転して値上がりに転じる可能性もあります。もし、フーガを探されている方は、購入を急いだほうがよいのかもしれません。
 (55990)

【値下がり率2位】日産 シーマ

高級車の価格こなれ感が進んでいる印象です。日産の高級車となる2001年から2010年まで長きにわたり販売されていた、GF50型シーマがランクイン。2016年4月時点に対し、13.75%の減少、金額では、82319円となっています。こちらは、GF50型で、先々代型に当たります。2016年4月から値段低下傾向は続いており、7月から8月での推移でも率は落ちましたが、低下傾向です。燃費や税制の面からも大排気量車の人気は高くなく、最高級車で兄弟車となるプレジデントと併せて、値下がり傾向は今後も続いていきそうです。
 (56001)

【値下がり率1位】ホンダ エアウェイブ

ホンダのコンパクトワゴン、エアウェイブが値下がり率ではナンバー1となりました。変動率は、2016年4月時点に対し、14.17%、金額では73136円となりました。エアウェイブは、先代フィットをベースにし、全長を拡大したステーションワゴンです。後継モデルは、フィットシャトルとなり、名称としては1代限りとなりました。フロントシート頭上からリアシートまで広がる天窓、スカイルーフといった特徴的な装備があり、コンパクトながらも積載能力のあるワゴンとして根強い人気のあるモデルです。ホンダお得意のデュアルポンプ式の4WD搭載モデルもあり、今後冬季に向け、少し相場が上がる可能性がありますので、もし探されている方は今が買いのモデルといえそうです。
 (56008)

中古車市場は、需要と供給のバランスによってなりたっています。人気(買い手)のいないモデルには高い値付けはできません。市場価格はそのまま買取価格へも反映していきますので、もし値上がり率上位のモデルの方は、今が売り時というサインでもあります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トヨタ「ヴォクシー」中古車比較|世代別3選まとめ【ファミリーに大人気】

トヨタ「ヴォクシー」中古車比較|世代別3選まとめ【ファミリーに大人気】

トヨタの人気のミニバン「ヴォクシー」。今回はこのヴォクシーの性能や燃費、中古価格などを世代ごとにまとめてご紹介していきます。これからヴォクシー購入を検討されている方は参考にしてみてください。
goo自動車&バイク | 6,509 views
三菱「アウトランダー」の魅力 おすすめ中古車

三菱「アウトランダー」の魅力 おすすめ中古車

三菱の人気ミッドサイズSUV「アウトランダー」。今回はアウトランダーの中古価格から燃費やグレードをご紹介していきます。これからアウトランダーのご購入を検討している方は参考にしてみてください。
goo自動車&バイク | 5,158 views
ホンダ「オデッセイ」の人気の秘密 |中古車モデルと価格

ホンダ「オデッセイ」の人気の秘密 |中古車モデルと価格

1994年から発売されているホンダの「オデッセイ」。20年以上続いているホンダの人気車であるオデッセイですが、なぜこれほどまでに支持されているのでしょうか?今回はオデッセイの人気や性能、中古価格、燃費などを紹介していきます。ぜひご覧ください。
goo自動車&バイク | 12,350 views
ダイハツの人気車「キャストスポーツ」の特徴や中古価格は?

ダイハツの人気車「キャストスポーツ」の特徴や中古価格は?

「キャスト」はダイハツから販売されている軽トールワゴンで、個性の異なる3タイプから選べる点が人気です。今回はその3タイプの中でもスポーツ仕様の「キャストスポーツ」の中古価格の相場や年式ごとの特徴や燃費をまとめてみました。これからキャストスポーツの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。
goo自動車&バイク | 7,567 views
人気パジェロの中古車価格ご存知ですか?【特徴・グレードもご紹介】

人気パジェロの中古車価格ご存知ですか?【特徴・グレードもご紹介】

1990年代からSUVの火付け役とも言われた三菱の「パジェロ」。今回はパジェロの特徴、中古価格から燃費やグレードをご紹介していきます。これからパジェロをご購入を検討している方は参考にしてみてください。
goo自動車&バイク | 16,941 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク