2017年7月16日 更新

スバルのアイサイト搭載車まとめ 事故・誤作動の危険性は?

各社がこぞって開発を進めている自動ブレーキやアシスト機能。中でもスバルのアイサイトは訴訟大国アメリカでも認められた折り紙つきの機能です。アイサイトの説明とともに、アイサイト搭載車の中でもお勧めの車種も紹介します。日産、ホンダ、トヨタのアシスト機能との比較の参考にして下さい。

9,370 views

訴訟大国アメリカも認めたアイサイト、その実力は?

thinkstock (64166)
運転に自信のある人もない人も、安全な車に乗りたいと思うのは当然のことです。どんなに慎重に運転していても、他車からぶつけられたり、もらい事故に遭ったり、ほんのちょっとした油断から障害物にぶつけてしまったり。また、十分注意していても、思わぬ死角にはまり、歩行者や自転車と接触してしまうこともあります。自分だけは大丈夫と思いたいところですが、いつ、どんなときに、うっかりがあるとも限りません。でも、そうしたトラブルを未然に防ぐことができる機能を持った車があります。それがスバルのアイサイト搭載車です。アイサイトについては、すでによく知っているという人も多いと思いますが、どれくらい優れたシステムなのか、基本的な性能を紹介しましょう。
アイサイトとは、ステレオカメラで常に前方を監視し、必要に応じて、自動ブレーキ等の制御を行う、スバル独自の運転支援システムです。このシステムには、次の5つの機能があります。

ぶつからない

危険を予測し、衝突を回避。または被害を軽減する技術です。

ついていく

車間距離を制御し、渋滞時やロングクルージングを快適にします。

はみ出さない

ステアリング操作をアシストし、安全運転を支援します。

飛び出さない

駐車スペースから出庫する際等の、誤操作による急発進を防ぎます。

注意してくれる

車両のふらつきや車線逸脱等を知らせて、安全運転をサポートします。
さらに、アイサイトの高い認識能力を支える、ステレオカメラの性能も大幅に進化を遂げ、運転支援機能はさらにレベルアップ。左右2つのカメラで立体的に環境を把握し、車だけではなく、歩行者や自転車等も識別して、対象との距離・形状、移動速度まで正確に認識することができます。

正常に動作しない場合も 任せすぎはNG

スバル社の公式ホームページによると、以下のような場合は運転支援機能が正常に動作しない、つまり誤作動を起こしたり、結果事故につながったりする可能性があります。
・先行車との速度差が30km/hより大きい場合
・人が車などが急に飛び出してきた場合
・雨や雪などで、視界や路面の状態が悪い場合
・対象物が身長1m以下の子供などだった場合
こうして挙げてみると、運転を丸投げしてしまうのはかなりリスクがあることが分かります。とはいえ、2016年、富士重工・群馬製作所の技術者が「交通事故総合分析センター」の2010~2014年度の事故データを分析した結果「アイサイト搭載のスバル車は、追突事故の割合が6分の1以下に低下した」という結果も出ています。あくまで運転の責任を負うのは運転者だ、ということを肝に銘じた上で、具体的にどんな機能があるのか見ていきましょう。

主な機能 | スバル アイサイト | SUBARU

主な機能 | スバル アイサイト | SUBARU
スバルのアイサイトは、すべての性能をさらに進化させた運転支援システムです。ステレオカメラにより実現した5つの機能。さらに、ver.3では、基本性能の向上と、新機能の追加によって、様々な運転領域をサポートします。

他社メーカーとの違いは高性能のステレオカメラ

国内外の他社メーカーでも、歩行者や先行車を検知するためのセンサーとして、レーダーかレーダーとカメラの組合せを採用していますが、ステレオカメラ単体で全ての制御を可能にしているのはスバルのアイサイトだけです。この分野の先駆者として長年培ってきたステレオカメラの高い認識性能は、他社の追随を許さないアドバンテージと言えるでしょう。例えば、訴訟大国と言われているアメリカの現地ディーラーは、当初、ユーザーへのアイサイトの提案にはあまり積極的ではなかったといいます。それは、万が一アイサイトが正常に機能せず事故が起きた場合、訴訟の対象になるというリスクがあったからです。しかし、日本でのアイサイト搭載車の売れ行きや性能の高さを見て、本格的に提案に踏み切るディーラーが増えたのだとか。訴訟の多いアメリカでも認められたアイサイト。その実力は確かなものがあります。

人気のアイサイト搭載車5車種

アイサイトの実力を知るにつけ、ぜひ乗りたい!と思った人も多いのではないでしょうか。そこで、今人気のあるアイサイト搭載車を紹介しますので、車選びの参考にして下さい。

インプレッサ

2.0i-L Eyesight、XV 2.0i-L Eyysight、XV HYBRID 2.0i-L Eyesight等。走り、燃費、安全性とトータルバランスに優れた車です。アイサイトは、カメラのカラー化を果たした「Ver.3」へアップグレードされ、自動ブレーキ性能、クルーズコントロールの制御もさらに強化されています。
 (64206)

エクシーガクロスオーバー7

これまでに培ってきたワゴン作りのノウハウを活かし、7人まで乗れる高い居住性、開放感ある室内空間を実現した、ツーリングタイプのミニバンです。全車にデュアルエアバッグを標準装備。ピラートリム内に衝撃吸収構造を採用する他、後面衝突による頸部損傷を軽減する、むち打ち軽減シート等も採用されています。
 (64208)

フォレスター

SUVならではの厚みを意識した力強いボディと、居住性の高さを感じさせるスタイリングが特徴。ラゲッジルームの使い勝手を高めるため、新開発のパワーリアゲートを「2.0i-S アイサイト」に標準装備しています。
 (64210)

レヴォーグ

「安心で愉しい車づくり」のノウハウと最新技術を投入した、新型スポーツツアラーです。新世代へ進化した、スバル独自の運転支援システム「Eyesight(Ver.3)」を初めて搭載。操舵支援機能「アクティブレーンキープ」をはじめ、AT誤後進抑制、ブレーキランプ認識制御等の新機能の性能向上により、最先端の予防安全技術を提供しています。
 (64212)

レガシィアウトバック

スバルを代表するSUV、アウトバック。安全装備は、カラー認識も実現した、先進安全機能を大幅に進化させたEyesightを搭載。プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロール等の性能がさらに向上しています。
 (64214)

まとめ

ついうっかり急接近したり、見落としたりで、あわや衝突という場面は誰にでも訪れる可能性があります。そんなもしもの時にも、自動でブレーキをかけてくれるのが「プリクラッシュブレーキ」です。対象物との速度差が、30km/h以内(Ver.2)、50km/h以内(Ver.3)であれば、衝突を回避してくれるのは、いざというときに本当に心強い味方になってくれます。とはいえ、優れもののアイサイトも、あくまでも補助機能、運転支援の機能。まずはドライバー自身が、日頃から安全運転を心がけることが大切です。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ぶつからない・事故を起こさない車7選 各社性能を比較

ぶつからない・事故を起こさない車7選 各社性能を比較

ぶつからない車や事故を起こさない車は、果たして存在するのでしょうか。最近話題の自動ブレーキやアシスト機能について、人気のトヨタ車からスバル車まで、メーカーごとにイチ押しの車種をご紹介します。
goo自動車&バイク | 31,471 views
スバリスト歓喜!スバルの最新車種まとめ

スバリスト歓喜!スバルの最新車種まとめ

スバリスト”と呼ばれる熱烈なファンを持つ自動車メーカー、スバルから、今年リリースした最新モデルのおすすめを3車種ご紹介します。これから購入を考えている方は必見です!
goo自動車&バイク | 1,306 views
頑丈な車ランキング 衝突しても安全な車はこれだ!

頑丈な車ランキング 衝突しても安全な車はこれだ!

車を買うなら頑丈な車を選びたいですよね。やっぱり国産? それとも外車?自動車事故対策機構の自動車アセスメントのデータを元に、衝突安全性能の高い「頑丈な車」をご紹介します。
goo自動車&バイク | 91,047 views
ホンダの自動ブレーキ搭載車3選 ホンダセンシングの安全度評価は?

ホンダの自動ブレーキ搭載車3選 ホンダセンシングの安全度評価は?

カーナビゲーションシステムをいち早く導入し、ロボット関連や福祉関連の事業にも参入するなど、自社の技術を世の中に還元することを強く意識しているホンダ。ホンダの自動ブレーキシステムやブレーキアシスト機能について、おすすめのホンダ車種と併せてご紹介します。
goo自動車&バイク | 7,491 views
日産の自動ブレーキ搭載車3選 エマージェンシーブレーキの安全性は?

日産の自動ブレーキ搭載車3選 エマージェンシーブレーキの安全性は?

あらゆる方向からぶつからない車を目指した日産の「エマージェンシーブレーキ」とはどんな機能? 今回は日産の自動ブレーキシステムとおすすめ車種について解説します。
goo自動車&バイク | 3,388 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク