2019年5月28日 更新

プリウスの2019年モデルを徹底解剖【今が買い時!?中古価格も紹介】

プリウスは、2018年12月にマイナーチェンジをしました。2019年モデルはまさに最新モデルとなるのです。マイナーチェンジを果たしたプリウスは、先代と比較をするとどのような違いがあるのでしょうか?マイナーチェンジの変更点や、改良点を徹底解説します!

8,919 views

プリウスのマイナーチェンジで何が変わった?

プリウスの2019年モデルを徹底解剖
2018年12月にビックマイナーチェンジ実施したプリウス、2019年モデルとも言える現行モデルでは、どのような変更がされているのでしょうか?

エクステリア、インテリア、パワートレインの項目別に見てみましょう。

エクステリアの変更点

旧型のエクステリアは、社長自らかっこ悪いとコメントしたことのあるものでした。
賛否両論があるエクステリアですが、先進的な雰囲気の基本的なデザインは維持しつつ、フロントとリアのデザインを変更しました。

フロントまわりはフロントライトが横長のタイプとなり、リアについても下方に伸びたテールランプをオーソドックスな形状へ変更し、全般的に落ち着いたイメージとなりました。

インテリアの変更点

インテリアに関しては、形状の大きな変更はないものの、ブラック加飾が特徴となっています。
インパネやフロントコンソールトレイなどがブラックになったことで、見た目も上質感が出ています。

コンソールトレイのワイヤレス充電のスペースも広くなっており、大きなスマートフォンでも問題なく充電できるよう配慮。
T-Connectナビゲーションシステムがオプションで用意されました。

パワートレインは継続された

パワートレインの変更はありません。
1.8リッターエンジンとフロントモーターによって最大39.0Km/Lの燃費を誇ります。

4代目モデルが発売された時には、JC08モードの燃費が40.8Km/Lでしたが、実燃費の面では大きな変更がないと言えるでしょう。

安全装備のセーフティセンスは標準装備

プリウスの2019年モデルを徹底解剖
トヨタの安全装備のセーフティセンスが、全車標準となっています。

昼間の歩行者も検知することができる、ミリ波レーダーと単眼カメラによる、プリクラッシュセーフティが搭載。
さらには、車線の逸脱を防ぐ働きのレーンディパーチャーアラートや一定速度で走行できるレーダークルーズコントロールがあります。

オプション設定では、駐車場でバックをする時に接近してくる車両を検知してくれるリアクロストラフィックアラートなども用意されています。

安全装備の充実で、万が一の事故を防止したり、被害を軽減したりすることが可能です。

LINEでマイカーを登録できる

トヨタはコネクテッドサービスの充実に力を入れています。

プリウスでもLINEにマイカーアカウントとして、友達登録しておくと、LINEを通じてドライブをエスコートしてくれます。
実際にLINEで目的地を送信すると、トヨタスマートセンターがナビのルートなどを教えてくれる機能です。

ナビに直接入力することなく、LINEで送信するだけで、ナビや時間の設定もできるのは便利です。
また車に関する情報を取り出したいときも、LINEで送信するだけです。

T-Connectとつながっているので、様々な機能で愛車を見守ることができます。

マイナーチェンジ後の燃費は変化あり?

プリウスの2019年モデルを徹底解剖
パワーユニットが変わっていないので、実燃費の変化も少ないと予想されます。
実際に実燃費を測定してみた方の情報でも、29Km/Lほどの燃費となっているので、先代モデルとの違いはほとんどないと言えるでしょう。

燃費の面では、ほとんど変わりがないのですが、乗り心地の面では改良が見られます。
ブレーキのフィーリングの面では、口コミでも不評が多かった先代から、新型では自然なフィーリングへと変化しています。

郊外での走行では、30Km/Lを超えるほどの燃費になるので、ハイブリッドカーとしての存在感があるでしょう。カタログ燃費だけでなく、実燃費でも燃費が良いので、ハイブリッドシステムの恩恵を受けることができます。

プリウスの価格

プリウスの2019年モデルを徹底解剖
新型プリウスの価格を見てみましょう。

・E:2,518,560円
・S:2,565,000円
・Sツーリングセレクション:2,732,400円
・A:2,842,560円
・Aツーリングセレクション:3,006,720円
・Aプレミアム:3,175,200円
・Aプレミアムツーリングセレクション:3,284,280円

グレード構成では、全く変化がないのですが、装備がアップグレードされているので、7万円から9万円の価格上昇があります。
実際に装備される機能を考えると、妥当な値上げになるでしょう。

ツーリングセレクション系のグレードには、2トーンのカラーリングになっており、スポーティな印象を与えます。
エコカーというイメージだけでなく、プレミアムな車としてのイメージを与えるグレードです。

燃費の良いハイブリッドカーの魅力がアップ

プリウスの2019年モデルを徹底解剖
燃費の良いプリウスは、マイナーチェンジをすることで、安全装備の充実やボディカラーの追加などがされています。
より安全に運転できる装備の追加は、誰にとっても良い変更点でしょう。
インテリアやエクステリアの大きな変更はありませんので、これまでのスタイルを継続しています。

今までもハイブリッドカーの主なモデルとして人気がありましたが、先代の賛否両論があったエクステリアが、今回のモデルチェンジでどう評価されるのか楽しみです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プリウスPHVがフルモデルチェンジ EV走行距離が従来型比2倍に

プリウスPHVがフルモデルチェンジ EV走行距離が従来型比2倍に

トヨタは、プリウスPHVをフルモデルチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて2月15日に発売しました。
goo自動車&バイク編集部 | 5,486 views
車の部品まで美少女キャラ化?トヨタの美少女キャラ戦略とは

車の部品まで美少女キャラ化?トヨタの美少女キャラ戦略とは

近年ではプリウスやアクアなどをはじめ、これまでさまざまなヒット車種を販売してきたトヨタが、ここにきて新たな戦略を展開しています。その戦略とは、美少女キャラ戦略。一体どのような内容で、どのような戦略なのでしょうか。
goo自動車&バイク | 2,891 views
なぜプリウス・アクアがこんなに売れる?売れる理由を分析

なぜプリウス・アクアがこんなに売れる?売れる理由を分析

日本で人気のハイブリッド車。中でも、プリウスやアクアの販売台数は群を抜いているといえます。なぜプリウスやアクアがこんなにも売れるのでしょうか。その理由を分析してみました。
goo自動車&バイク | 12,239 views
自動車保険の相場は?人気車種・条件で保険料をチェック

自動車保険の相場は?人気車種・条件で保険料をチェック

自動車費用の中で一番かかるといわれているのが自動車保険です。では、保険料は車種や条件でどのくらい変わるのでしょうか? インターネットの自動車保険料見積もりサービスを利用して、2015年12月月間販売台数トップのプリウス(トヨタ)と軽自動車トップのタント(ダイハツ)について保険料を比較してみました。
goo自動車&バイク | 2,313 views
新型プリウスはここがすごい 4代目が「爆売れ」する理由

新型プリウスはここがすごい 4代目が「爆売れ」する理由

世界で最初の量産ハイブリッドカーであるプリウス。2015年にモデルチェンジした最新型が、今高い注目を集めています。新型プリウスの何がすごいのか、「爆売れ」する理由をまとめました。
goo自動車&バイク | 148,088 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク